直前インタビュー!10月21日(日)新日本キックボクシング協会『MAGUNUM 48』後楽園ホール大会

 10月21日(日)東京・後楽園ホールで開催される新日本キックボクシング協会『MAGUNUM 48』メインクラス出場選手の直前インタビューが届いた。

★第12試合スペシャルダブルメインイベント 日泰国際戦契約56Kg3分5R
江幡 塁(WKBA世界スーパーバンタム級王者/伊原道場本部)vs.テープブリー・オー.デットポン (アマ・ムエタイ世界チャンピオン・元ルンピニースタジアム・フライ級2位/泰国)

江幡 塁(伊原道場本部)直前インタビュー

――試合が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか。
(以下、江幡)「4カ月ぶりの試合なのですが、凄くいい調子で仕上がっています。試合間隔が空いた理由は特にないのですが、たまたま興行の兼ね合いで試合がなかっただけです」

――最近の練習で強化していることは何でしょう。
「1つの1つの攻撃に磨きをかけているのはもちろんですが、基本に忠実にやることを心がけています」

――前戦となった6月のKNOCK OUTでは小笠原瑛作選手と大激闘の末に3RでKO勝ちでした。
「相手も団体の看板を背負っての試合だったのでお互いに気合いの入った戦いを見せられたと思います。皆さんに凄く注目された試合でしたし、物凄く反響がありましたね。なかなか実現することのなかったカードでああいう結果に終わって、ファン、新日本キック関係者の皆さんが凄く喜んでくれました。綺麗な技で倒すのが僕の得意なKOパターンなので次も同じようなKOを見せたいと思います」

――今回の相手、元ルンピニースタジアム認定フライ級2位テープブリー・オー.デットポンについてはどのくらい情報を掴んでますか?
「試合映像が届いていたのでしっかり対策を立てて練習しています。ガンガンローを蹴ってきてパンチャータイプだったので、今回も小笠原戦のような激しい打ち合い
になると思います」

――何か見せたい技はありますか?
「一発で倒すのではなく、コンビネーションを強化していて必ず仕留められるようなパターンをトレーニングしているところです」

――今度の試合をクリアーしたら次に見据えているのはやはりラジャダムナンスタジアム王座?
「そうですね。僕たちが目指しているムエタイのベルトに向けて頑張っていきたいと思います。元ルンピニーのランカーが相手なので次をクリアーすることで大きな一歩になると思います」

――会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「進化した姿を見せられるように頑張りますので応援よろしくお願いします」

★第11試合 70kg契約 3分5R
T-98(REBELS-MUAYTHAIスーパーウェルター級王者・元ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者/クロスポイント吉祥寺) vs.喜多村 誠(前日本ミドル級王者/伊原道場新潟支部)

T-98(クロスポイント吉祥寺)直前インタビュー
――試合が近づいてますが、コンディションはいかがですか。
「ケガもなくバッチリ仕上がってます」

――試合に向けて練習で強化していることはありますか?
「倒すことを意識して練習するようにしています。8月の中国でのクンルンファイトでの試合以降、2カ月間試合がなかったので全体的にレベルアップしようと、基本を徹底しましたし、パンチを特化して練習してきました」

――対戦相手の喜多村誠選手についてはどのような印象がありますか?
「ずっと同じ階級でやっていた選手ですね。前に出てくるタイプなので噛み合うと思います。僕が一方的に殴って蹴って終わる試合になると思います」

――“レベルスvs新日本キック”と見ているファンもいると思いますが、団体の看板を背負って戦う意識はありますか?
「僕はそんなに意識していないのですが、周りがそういうふうに思って注目してくれているので歴史のある新日本キックの選手よりも僕の方が強いと証明するチャンスだと思います」

――喜多村戦の後には、すでに11月のパンクラスでの試合も決まってますね。
「1カ月も感覚があるので僕にとっては連戦の感じではなく、普通通りですね」

――喜多村戦をクリアーしたら、次に見据えている目標はありますか?
「クンルンファイトのようにヒジなしのルールでも継続してやっていきたいですが、タイでルンピニーのタイトルを狙いたいですね。海外での試合だと倒さないと勝てません。どちらのルールに出ても勝てるように、今やっている練習を頑張っていきたいと思います」


喜多村誠(伊原道場新潟支部)直前インタビュー
――試合が近づいてますが、コンディションはいかがですか。
「順調に進んでいて、あとは体重調整のみになります」

――試合に向けてどういうところを強化されてますか?
「新潟支部に来て6年になりますが、今回は本部に2度お伺いして、ワンツー、立ち方、バランスなど基本的なことを重点的にしてやって伊原(信一)会長にも見ていただきました。T-98戦に向けた特別なことはしていません」

――対戦相手のT-98選手についてはどのような印象がありますか?
「やはり頑丈ですよね。前にガンガン来るので噛み合う試合が出来ると思いうので試合が楽しみです」

――喜多村選手も頑丈なイメージがあります。
「そうですね。正直負けるつもりはありません。向こうもKOすると言っているので、こちらも負けずにKOで倒せるようにします」

――喜多村選手が15年5月に挑戦したラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王座をT-98選手はその後、保持していました。そこは意識していますか?
「そうですね。名前でいうと全然向こうの方が上なので、今回僕が勝てばKNOCK OUTなどにもつながる試合になると思います。僕は新日本キックのベルトだけでなく、色んなところのベルトが欲しいです。今回勝つことで次につなげることが出来ると思います。ちなみにKNOCK OUTではT-98選手とやりたいと思っていたところでした。ヒジありのルールでしたら有名な選手であれば誰とでもやりたいです」

――今回の一戦を“新日本キックvsレベルス”団体対抗戦という形で見るファンはいます。ご自身は意識しますか?
「はい、します。最近は団体対抗戦で新日本キックの選手が負けてきているので、ここでしっかり新日本キックの強さを証明できるように臨みたいと思います。今回は久しぶりにモチベーションが上がる相手なので気合いが入ってます」

――ここ数戦はタイ人との試合が多い中、やはり日本人対決は燃えますか?
「正直、タイ人だとみんな強いのかどうかわかりません。T-98選手は日本でもトップレベルの選手なので、今回は新潟から応援に来てくれる方も多いです」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「必ずKO決着で自分が勝ちますので応援よろしくお願いします」

★第10試合 62.5㎏契約3分3R
勝次(日本ライト級王者/藤本ジム)vs.オートー・オー.デットポン(元ブリラム県バンタム級トーナメント準優勝者/泰国)

勝次(藤本)直前インタビュー
――前回の試合前と同様、タイ修行に行かれていたそうですね。
(以下、勝次選手)「10月5日から15日までの10日間、14年前から行っているペッティンディージムに行ってきました。ちょうど6日にタイでONE FCの大会が開催され、ペッティンディージムのペッタム選手、ペットモラコット選手の2選手、そして以前にペッティンディージムで練習していたノンオー選手も出ていたので観に行きました。色んな興行を観てきましたが、凄くド派手な興行で刺激を受けました」

――ご自身も参戦したいと思いました?
「今僕が見ているのは今回の10月の試合です。次に12月9日の毎年恒例となっている藤本ジム主催興行に出ることになると思います。そこで勝てば来年3月ぐらいにWKBA世界タイトルマッチが内定しているので、今はそこに向けてしっかりと勝っていくだけです。WKBAの世界チャンピオンになって他団体に出てWKBAの強さを証明していきたいですね」

――9月のプットパートノーイ・ルークソーンムアン戦では2Rに飛びヒザで見事なKO勝ちでした。
「過去のキャリアの中でも一番の仕上がりだったので、またああいう形で仕上がれば誰が相手でも勝てるという気持ちはありました。今回もタイで修行して何も問題なく仕上がっています」

――タイではどういうところを強化してきたのでしょう。
「走り込みをしてしっかり蹴り込んできました。ムエタイは日本のキックボクシングと比べて攻防が凄く早いんです。蹴ったらすぐに蹴り返しますし、必ず蹴り返します。自分の攻撃で始まって自分の攻撃で終わるというふうに、みんな基本に忠実なんです。基本に忠実じゃないと生き残れない世界なので、その基本に戻ってしっかりやってきました」

――今回の相手オートー・オー.デットポン選手の情報はどのくらい入手されてますか?
「映像は手に入ってないのでどんな選手なのか全くわかりませんが、どういう相手とやってもいいようにあえて強いタイ人の集まっているペッティンディージムで修行を積んでいます。ペッティンディージムの選手よりは強くはないと思うので問題ないと思います」

――勝次後援会も新しく発足したことでより気合いが入ってますか?
「モチベーションは高いですね。自分が勝てば一緒に喜んでくれるサポーターが増えたのでいい試合をして後楽園ホールに地響きを起こしたいです」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「KOで勝ったら、みんなで“1、2、3、ハッピー!”をやりましょう(笑)」

――前回の試合後もやられてましたが、あまりお客さんの反応は良くなかったですよね(笑)。
「前回初めてやったのでこれから浸透させていきます(笑)。だからKO勝ちを続けていかないといけません。そうしたら会場のお客さんは段々とハッピーを言いたくなるんです(笑)」

★第10試合 日泰国際戦73.5K契約3分3R
斗 吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)vs. ヨードプーパー・オー.デットポン(タイ)

斗 吾(伊原道場本部)直前インタビュー
――試合が近づいてますが、コンディションはいかがですか。
(以下、斗吾)「いつも通りに仕上がってます」

――前回9月の田村聖戦では2RTKO負けでしたが、あの敗因は何でしたか。
「試合映像を見ましたが、反省すべきところしかありませんでした。相手を甘く見ていたわけではありませんが、自分の甘さが出た試合でしたね。普段の私生活、練習にも甘えが出いていたのかなと。技にも磨きが足りなかったので練習ではそこを見つめ直しています。4年ぶりに負けてショックだったのですが、ダメージを抜くために一週間休んでここで落ち込んでいても次に進めないので気持ちを切り替えて頑張っています。やはり応援してくれる周りの方々が『次も必ず応援するから』と言ってくれたこともあり、このままで終われないなと。やはり強いまま終わりたいですね」

――負けを知ったことで逆に練習に身が入っていると。
「そうですね。伊原会長の指導にも熱を感じていて、その熱量に負けじと熱量で返しています」

――今の練習で強化していることは何ですか?「一番は精神的な部分ですね。元々僕は空手をやっていて当時の師範が良く、『力より技。技より心』と言われていて、伊原会長からもそういうことを教わっていると感じました」

――今回の相手ヨードプーパー・オー.デットポン選手については何か情報は入手してますか?
「タイ人トレーナーに名前を伝えればだいたいの情報を知っているのですが、今は構えとスタイルの情報しかありません」

――復活のKO勝利を見せたいですか?
「それが一番ですね。KO勝ちで自分の殻を一つ破れば、さらに強くなれるのかなと思います」

――すぐに田村選手と再戦したい気持ちもありますか?
「負けたままで終われません。明日にでも再戦したいぐらいです」

――最後にファンにメッセージをお願いします。「前回は本当に申し訳ない試合をしてしまい、応援してくれる方々には残念な想いをさせてしまいました。今回は準備万端なので、斗吾がいないと面白くないと思われる大会にしたいと思います」

■ 新日本キックボクシング協会『MAGNUM 48』 
日時 2018年10月21日(日)開場16:45 開始17:00
会場 東京・後楽園ホール
主催 伊原道場
認定 新日本キックボクシング協会
後援 東京スポーツ、フィットネスショップ
協賛 ビバレッジジャパン株式会社
問い合せ(株)伊原プロモーション TEL:03-3780-1338
チケット
SRS席¥20,000 RS指定¥15,000 S指定¥10,000 A指定¥7,000 B指定¥5,000 立見¥4,000(当日のみ)

<第12試合 日泰国際戦契約56Kg3分5R>
江幡 塁(WKBA世界スーパーバンタム級王者/伊原道場本部)
 vs.
テープブリー・オー.デットポン (アマ・ムエタイ世界チャンピオン・元ルンピニースタジアム・フライ級2位/泰国)

<第11試合 70kg契約 3分5R>
T-98(REBELS-MUAYTHAIスーパーウェルター級王者・元ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者/クロスポイント吉祥寺)
 vs.
喜多村 誠(前日本ミドル級王者/伊原道場新潟支部)

<第10試合 62.5㎏契約3分3R>
勝次(日本ライト級王者/藤本ジム)
 vs.
オートー・オー.デットポン(元ブリラム県バンタム級トーナメント準優勝者/泰国)

<第9試合 日泰国際戦 73.5kg契約 3分3R>
斗吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)
 vs.
ヨードプーパー・オー.デットポン(泰国)

<第8試合 67kg契約 3分3R>
リカルド・ブラボ(日本ウェルター級王者/伊原道場アルゼンチン支部)
 vs.
UMA(元REBELS65㎏王者 /K&K BOXING CLUB)

<第7試合 64kg契約 3分3R>
石井 達也(元日本ライト級王者/藤本ジム)
 vs.
竹市一樹(MA二刃会)

<第6試合 67kg契約3分3R>
政 斗 (日本ウェルター級1位/治政館)
 vs.
レック・エイワスポーツ (WMC スーパーウェルター 1位・初代 LOK スーパーライト級 王者・元 タイ国 北部ムエタイ ウェルター級 王者/エイワスポーツジム)

<第5試合 ライト級3分3R>
髙橋 亨汰(元日本フェザー級1位/伊原道場本部) 
 vs.
TASUKU(CRAZY WOLF)

<第4試合 日本ライト級3分3R>
ジョニーオリベイラ(日本ライト級5位/トーエルジム)
 vs.
渡邊 涼介(日本ライト級7位/伊原道場新潟支部)

<第3試合 フェザー級3分3R>
渡辺 航己(日本フェザー級6位/JMNジム)
 vs.
FUJIMON♥(亀岡キックボクシングジム)

<第2試合 70㎏契約3分2R>
大久 和輝(スーパーウェルター級/伊原道場本部)
 vs.
萩本 将次(CRAZY WOLF)

<第1試合 日本フェザー級3分2R>
平塚 一郎(日本フェザー級/トーエルジム)
 vs.
瀬川 琉(日本フェザー級/伊原道場稲城支部)

▼9・2 新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 24』後楽園ホール大会
’18年09月13日号Ray WWE大阪 TAKAYAMANIA All-In W-1横浜 J@st 新日キック SEAdLINNNG
2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斎藤大阪謎新日キック
週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック
2017
▼新日本キックボクシング新春第一弾1・8『WINNERS 2017 1st』

17年01月19日号オメガ棚橋田上DSWマクレガーMハントUFC提訴新日キック志朗


▼日本タイトル2試合は王者・重森、斗吾が防衛!新日本キックボクシング協会3・12『MAGNUM43』

【easypay電子書籍】’17年03月23日号テレ朝総選挙新日尼崎パンクラス新日キック巌流島ファイプロ


▼4・16新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 21』後楽園ホール大会!

【easypay電子書籍】’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島


▼5・14新日本キック『WINNERS2017 2nd』日本タイトル王座交代!
href=”https://miruhon.net/69025″>週刊ファイト5月25日新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC
▼7・2新日本キックボクシング協会『MAGNUM 44』後楽園ホール

【easypay電子書籍】’17年07年13日号WWE両国新日USA全日新木場漫画ギャビIGFパンクラス新日キック


▼8・27 新日本キックボクシング協会『WINNERS2017 3rd』
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・17新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 22』後楽園ホール大会!
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼10・22(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 45』後楽園ホール大会
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死
▼11・19(日)新日本キックボクシング協会ディファ有明最終大会『KICK Insist7~Thank you.Our sanctuary Differ Ariake~』
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼12・10(日)新日本キックボクシング協会2017年内最終興行『SOUL IN THE RING 15』後楽園大会!
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タ
2018
▽1・7(日)新日本キックボクシング協会2018年新春第一弾大会『WINNER2018 1st』
’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1
▽3・11新日本キックボクシング協会『MAGNUM 46』後楽園ホール
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦
▽4・15新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』
’18年04月26日号人間発電所 大巨人 NY帝王 新日武道館 森井洋介 江幡塁 中島安里紗
▽5・13新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 2nd』
’18年05月24日号浜田文子逮捕 新日社長Lion’sGate SEAdLINNNG 新日キック ラウェイ
▽6・8『KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS』
’18年06月21日号新日大阪城 KnockOut Jewels Quintet 小川直也北原光騎引退 WWE裏
▽7・8新日本キックボクシング協会『MAGNUM 47』
’18年07月19日号新日カウパレス BレスナーUFC SEAdLINNNG 新日キック KENTA KAI横浜
▽8・4新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 3rd』後楽園ホール大会
’18年08月23日号G1 HATASHIAI カッキー パンクラスRIZIN Nexus ラウェイ新日キック