15年03月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬

 実況アナは「ノア最大の危機!」を叫んでいたが、プロレス文法上のことであり、実際の資金難、本物の危機的状況は昨年末に訪れていた。本誌3月12日号に明記したように、3・15ノア有明コロシアム大会は鈴木軍の猛威が顕著になり、GHC管轄のベルトが総流出。思い起こせば舞台裏がやばかった全日本プロレスでも、ベルト全部流出と一致団結の展開があったことを想起させている。いずれにせよ、キャプテン・ノアの采配によるシリーズのクライマックスは、新日の覇権主義の頂点として歴史に語り継がれることになる。一貫して内実と袖を報道してきた本誌がさらなる核心に迫る。
 さらには、広島大会を受けての新日本プロレスの年間計画を紐解いた。

 今年11月のラストマッチに向けて引退ロードを歩み始めた天龍源一郎。この引退興行(両国国技館が有力)に全日プロや新日プロの選手が祝儀的に参加するのはほぼ確実だが、事情通によると、かつて天龍と仲が良かったレスラー2人が招へいリストから外されているという。一体、誰なのか? また招へいされない理由は?

 井上譲二のザ・プロファイル~46年に及ぶ藤波辰爾のプロレス人生で彼が最も輝いたのはWWFジュニア・ヘビー級王者として日米マットを席捲した1970年代終盤だった。今回、当時の功績が認められてWWE殿堂入りを果たしたわけだが、それをプッシュしたのはビンス・マクマホンJr代表と言われている。何よりも軽量級の選手でもニューヨーク・マットでブレークできることを証明したところが凄い!

 現地時間3月17日に収録されたWWE「スマックダウン」において、藤波辰爾のWWE殿堂入りが発表された。但し、実際の放送では、他の受賞者にはナイスなビデオ・トリビュートが編集されて流されるのに、藤波のは画像が出るだけのお粗末な扱いで、期待したファンは大憤慨!
 若いスタッフが昔の映像を探せなかったのだと推定されるが、リック・フレアーによる殿堂入りのスピーチに期待したい。次のRAWではケビン・ナッシュも追加される噂があるが、どうなるのだろうか? 本誌の先行スクープは確実なのだ。
 さらに、1980年から35年寝かされたラリー・ズビスコのタブーをも公開。昭和プロレスマニアは仰天するに違いない

 3月15日広島サンプラザホールで開催された「NEW JAPAN CUP 2015優勝決定戦」は、飯伏幸太の劇的な初出場・初優勝で締めくくられた。この日2試合目となった後藤と飯伏の決勝カード。想像を上回る内容の濃さに、満員の館内は大満足のひと時となった。
 動員力は引き続き好調を維持しながらも、その変わらぬ陣容に停滞感が感じられる新日本にとって、名前で客を呼べるスターの、待望の誕生となった。

 3月11日は、日本人にとって、忘れてはならない日、あの日から、早4年の月日が経過して、5年目に突入した。この特別な日を「東日本大震災を東京でも風化させない」を旗印に、今年もFight of The Ring~東日本大震災復興支援大会が行われた。メインは東北ゆかりの宮本和志、佐々木貴と館長がトリオを組み、対戦チームは1年前と全く同じ矢口壹琅、リッキー・フジ、ダークレンジャー組の悪のトリオと対戦。ベビーフェースvs.ヒールの分かりやすい対決、最後は正義の勝利は、復興支援にピッタリの内容であった。
 注目のニンジャ・リー対決は2号がマスクを脱ぐ意外な展開に・・・今回は、正体不明、謎のマスクマンが多いのも特徴の一つ。第3試合にブラック・タイガー辺りが出場してくれれば、全試合にマスクマン登場というオチがつくというのは余談だが、ワクワクさせる仕掛けが随所に盛り込まれた興行であった。

 3月13日、新宿Faceにて二夜連続のWRESTLE-1とZERO-1の対抗戦『KASSEN2』が終結。当日の大会開始時に行われた綱引きによって決められたカード、トリはWRESTLE-1のカズ・ハヤシがZERO1の日高郁人を下し『KASSEN3』大勝負をアピールした。安西伸一記者が痒いところに手の届くレポートを入稿!

 旧UWFでデビューし、新日本、新生UWF、UWFインター、WAR、キングダム、ハッスルなど、様々な大会に出場してきた安生洋二の引退大会がおこなわれた。
 ハッスルを最後にこの5年間、ほとんどセミリタイア状態だった安生。いっときは欧州のキックボクシング団体GLORYの、日本での受け入れ先となった会社の一員となったこともあったが、現在は都内世田谷区用賀の焼き鳥店「市屋苑」で、無遅刻無欠勤で焼き鳥を焼き続けている。
 炭火で焼くため火加減が難しく、まるでリングの上で格闘しているのと同じようだと、安生は言っていた。さて、感動と涙の引退興行は期待に違わぬ大爆発の大会となった。この模様を緊急入稿する。

 3月15日、ディファ有明にて『PANCRASE 265』が開催。メインイベントでワールドスラムトーナメント・ライト級決勝戦が行われ、北岡悟がテイクダウンでポイントを稼ぎ、五味隆典の弟子アキラを全く寄せ付けずに判定3-0で圧勝した。以下、全試合を豊富なグラフで網羅する。

 同日の後楽園ホールでは、新日本キックボクシング協会・伊原道場主催の『MAGNUM 37』が開催された。WKBA世界バンタム級王者・江幡睦がムエタイの最高峰ラジャダムナンスタジアム認定タイトルへ3度目の挑戦を行った。王者のフォンペート・チューワッタナとは4度目の対戦で現在、睦が2勝1敗と勝ち越しているが肝心のラジャダムナンタイトル戦では惜敗、睦が勝利した2回は日本式の判定で今回はタイから招聘したレフェリー、ジャッジで裁かれ、お互い手の内を知った者同士の大一番はフォンペートの持つラジャダムナンタイトルと睦の持つWKBA世界バンタム級王座も賭けられるダブルタイトルマッチとなった。この大会をレポートした。


▼ノア有明コロシアム奥底検証!
 飯伏幸太プッシュ~新日プロの年間計画を斬る
 by タダシ☆タナカ


▼天龍が引退興行の招へいリストから外したレスラーは…
 by 井上 譲二

<WWE殿堂特集>

(c)WWE, Inc. All rights reserved.
▼井上譲二のザ・プロファイル⑤藤波WWE殿堂入り
 本音を言えば、あのままWWFに定着したかった!


 photo:Mike Lano
▼Bサンマルチノに続きラリー・ズビスコがWWE殿堂入り!
 WCW月曜生TV戦争の実況担当でも名声 裏エピソードを特別公開
 元祖ドラゴン藤波辰爾WWE殿堂入り!
 by タダシ☆タナカ


▼3・15新日本広島NJC決勝は、飯伏幸太路線が大当たりの大熱狂!
 Photo & Text by 森 浩樹
・決勝の大役、飯伏幸太と後藤洋央紀、役割を果たし切る大熱戦!
・飯伏oush地方でも大成功!最高の"旬感"を実感、飯伏の華と質
・激しすぎた準決勝 内藤哲也との激闘を制したのは飯伏幸太!
・後藤と真壁刀義ヘビー級の激突は"後藤式"決着あっけない幕切れ
・遅すぎた雪辱?オカダカズチカがファレから完璧fall両国決戦へ
・棚橋弘至と桜庭和志、注目の初激突も見せ場は少なく終わる
・タイガーマスクのタイトル前哨戦、地元後押しライガーに凱歌
・面白タッグ柴田勝頼&本間朋晃タマトンガ&コーディホールを潰す
・小島聡永田裕志ヤングライオン小松洋平田中翔の融合-勢いで決着


▼3・11ファイト・オブ・ザ・リング東日本大震災復興支援大会
 Photo & Text by斉藤雅治Fb.ワールド・レスリング・アライアンス
・館長が大流血も正義の勝利!闘い終わってノーサイド震災復興支援
・ニンジャ・リー対決~2号マスクに決別!正体は加藤茂郎~
・長瀬館長ヒール軍に捕まり集中砲火を浴びる!
・2号流血でニンジャ・リーがルールに守られ首の皮つながる
・王者の貫録!ウィンガーが千葉智紹の挑戦退けタイトル防衛!
・チャレンジマッチ佐藤貞治が男の生きざま見せ玉砕!×高岩竜一
・ファイト・オブ・ザ・リングもう一つの闘い矢野&飛田ワイルド軍
・ファイト・オブ・ザ・リング初登場?ワイルド・セブン×安倍健治
・恒例ミニライブも大会盛り上げ華を添える~
・鈴木ゆき率いるコロコロチェリードリームス夏目亜季&福山真美


▼3・13KASSEN2~合戦 ZERO1vsW-1全面対抗戦~新宿Face2日目
 Photo & Text by 安西伸一
・W-1カズ・ハヤシ、Z1日高郁人に勝利で大会締める
・佐藤耕平パイルドライバー黒潮"イケメン"二郎、相手が悪すぎた
・毒霧浴びた船木誠勝が胴締めスリーパーでデーモン植田を攻略
・鈴木秀樹「弱すぎ!」と失神単科のKAI罵倒~4・1後楽園決戦へ
・大谷晋二郎が稲葉大樹病院送りも未来は明るいと信じられる輝き


▼3・19安生洋二引退!24年ぶり船木&鈴木と刺激的再会のお仕事
 Photo & Text by安西伸一 with 今泉克巳
・3本勝負の引退試合男の散り際~船木に2回、鈴木にドドメの全敗
・ミノワマン&金原弘光-藤原喜明&松井大二郎ヒールホールド決着
・上山龍紀と中村大介による「Uインターとは何か?」
・中野巽耀「俺一人が残ったけどまだやれる!」岡田考しゃちほこ
・佐野巧真&長井満也-金村キンタロー&黒田哲広、入江秀忠MAX宮沢
・ハッスル!オマージュ島田軍曹Anjo司令長官HGRGオープニング


▼3・15PANCRACE 265 ディファ有明ワールドスラムトーナメント
 北岡悟 五味隆典門下のアキラを寄せ付けず判定3-0で優勝
 Photo & Text by 永井鋭次 & 編集部(構成)
・北岡悟 テイクダウンを奪いアキラを制圧!圧倒的な勝利!
 「テレビ東京、帰って来たぜ!俺がパンクラスです」
・UFCから復帰の徳留一樹が児山佳宏に1RKO勝利!
・近藤有己改め、有己空、ALLIANCE 鈴木圭吾に1R KO負け!
・アンディ・メイン57秒ハルク大城に三角締めで1R一本!
・砂辺光久1Rやや苦戦するも2Rパウンド連打で小塚誠司TKO!
 WINボーナスを獲得!パンクラス愛を賭け、伊藤崇文に挑戦状!
・荻窪祐輔左目腫らすも2-1判定でタクミの弟子・獅庵と激闘征す
・18秒決着!カナダ提携レニー・ウィーラー馬場勇気にKO勝利
・「25歳でチャンピオンに」稲垣組山崎悠輝、太田駿平に1R腕十字
・和術慧舟會TLIVEのCORO判定 2-1 GUTSMAN道場の山内慎人
・超ベテラン43歳伊藤崇文、北海道の41歳竹内幸司に判定勝利
・バキバキ腹筋リンゼイ・ガーバットが圧勝!堀詩織は何もできず
・男色雑誌の表紙候補TJララミー1R小畑公史をTKOでTV収録
・北岡悟 「僕がトップだ!代表しているのは僕だ!」
・パンクラス地上波放送ナビゲーター船木誠勝就任+高谷裕之参戦


▼江幡睦 ラジャ王座戴冠ならず!
 3.15新日本キックボクシング協会『MAGNUM37』
 Photo & Text by 紅闘志也
・ムエタイの底力を発揮!フォンペート、江幡睦を下す!
・勝次 KOで初戴冠!新日本ライト級王座決定戦
・喜多村は決め手を欠くも攻勢点で勝利!
・元王者の重森は階級アップ第一戦で現王者に完勝!
・元王者石井達也や難敵ガンスワンを崩せず!
・長崎から参戦した安河内は真っ向勝負で玉砕!

▼タブー満載企画【海外情報局284】
 WWE トリプルH悪策略失敗!ROH六本木バイス衝撃デビュー
・RAWスティング&Rオートン共闘!オーソリティ絶体絶命
・TNA無残Rスパッド髪切りイーサン・カーターⅢ極悪
・Sジョー復帰2連勝!ROH「THE CONQUEST TOUR '15」
・AJスタイルズ、FWEヘビー級王座奪取『FWE XIX』
・テキサスUFC落胆Dアンジョスと波蘭女子新王者誕生
・Aモライシュ王座防衛!3・12『ONE FC 25』
・RミステリオAAAに帰還!『レイ・デ・レイジェス2015』
・武林風とコラボした対抗戦は一進一退!3・14 K-T MMA 3
・Fケマイヨ 新王者!『Le Duel des Maitres Ⅱ』
・Dポーツラック母国凱旋勝利『FFC 7 : Sarajevo』

★一緒にカートに入れて合わせて読めばさらに楽しめる!
マット界舞台裏鷹の爪大賞2014~新日 WWE UFC独走の反動と試練

3/12巌流島旗揚げ世Ⅳ虎惡斗奈落新日ノアDEEP豊登肖像ZERO1

3/5Wスターダム世Ⅳ虎惡斗ノアX東京マラソンIGF猪木72歳ロンダ

2/26Wルスカ追悼オランダ格闘技界DDT飯伏幸太UFC-WWE天龍

2/19天龍引退巌流島カード新日AJ戴冠大阪Gloryラウェイ

2/12全日馬場17回忌新日ノア有明榊原信行パンクラスPhoenix

鬼の全144ページ特大号販売告知
許可なくの無断転載は厳禁であり引用可能なのはサイト宣伝文までが原則です。情報商材で知り得たいかなる記述も転用は堅くお断りします。公式Facebookシェア奨励のみならず宣伝文を超えて紹介したい場合は事前にご相談下さい。表紙画像等を送付させていただきます。

15年03月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬

商品コード wkbutaiura089

価格 440 円

ウィッシュリストに追加する »