前日計量終了!新日本キックボクシング協会年内最終大会!12月8日(日)『SOUL IN THE RING CLIMAX』後楽園ホール!

 12月8日(日)東京・後楽園ホールで行われる新日本キックボクシング協会年内最終大会『SOUL IN THE RING CLIMAX』の出場全選手の前日計量が東京・代官山の伊原道場本部にて行われ、明日の試合を待つだけとなった。
※新日本キックボクシング協会は通常当日計量だが、今大会は全試合が国際戦、交流戦、前日計量で試合を行うREBELSのタイトル戦の為前日計量で行われた。
 大晦日のRIZINで那須川天心と対戦が発表された新日本キック協会双子のチャンピオン江幡塁も出場、兄・睦とエキシビションマッチを行う。

大晦日RIZIN出場の江幡塁も出場!新日本キックボクシング協会年内最終大会!12月8日(日)『SOUL IN THE RING CLIMAX』後楽園ホール大会!

■新日本キックボクシング協会『SOUL IN THE RING CLIMAX』
日時:2019年12月8日(日)開場16:45 開始17:00
主催:新日本キックボクシング協会 藤本ジム
協賛:ピレリジャパン株式会社/株式会社トーエル/ハウスサポート株式会社/株式会社シー・エス・シー/K DASH GROUP/株式会社バーニングプロダクション/株式会社ノムラ/東光ブレインズ/JMA/株式会社サンビルド/株式会社伊原プロモーション
後援:東京スポーツ/フィットネスショップ

<スペシャルメインイベント第12試合 WKBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R>
緑川 創(藤本ジム/王者)
60戦42勝(20KO)9敗7分2無効試合 東京都出身32歳
 vs.
ガムライペット・アヨタヤーファイトジム(泰国/フランス2018コンフォータブル・フォー王者) 
150戦120勝19敗1分 泰国出身27歳

 藤本会長が体調を崩すピンチにメインを任されたのは、藤本ジムのエース格となる緑川創だ。今年6月にはムエタイの本場タイのラジャダムナンスタジアムでタイトルマッチを行ない、悲願達成はできなかった。しばらく迷い落ち込むこともあったようだが、覚悟を決めて残りの現役生活を打倒ムエタイにかけるようだ。今回、WKBA世界タイトルマッチで対戦するのは、ムエタイの強豪・ガムライペット。緑川が試合や練習の映像を見て、「かなりの強豪」と警戒するほどの選手で、苦戦する可能性も出てきた。大切な大会で、しかも大事なタイトルがかかった一戦だけに、ここは絶対に負けられないところだ。直前に岡山で勝利を上げて勢いに乗っているだけに、緑川の奮闘に期待がかかる。

<第11試合 メインイベント団体対決63kg契約※ヒジ打ちなし 3分3R>
勝 次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級王者) 
44戦30勝(13KO)8敗6分 兵庫県出身32歳/2006年5月21日デビュー
 vs.
丹羽圭介(TEAMニワールド/REBELS63kg級初代王者)
27戦20勝(2KO)7敗 大阪府出身36歳

 新日本キックとREBELSの王者対決が実現した。勝次は前回の試合で、悲願となっていたWKBA世界スーパーライト級王座を獲得。今回がタイトル獲得後、初めての試合となる。対する丹羽圭介はREBELS63kg級初代王者で、Knockout8月大会では大月晴明からダウンを奪い、あらためて強さを証明することとなった。彼が繰り出す無双ビートは音楽と格闘技を融合させた独特の動き。勝次に対して絶対の自信があるようで、激闘に発展する可能性は高い。一方の勝次は、藤本会長への思いが人一倍強く、ホームで負けられないことだろう。ヒジ打ちなしの63kg契約が、どこまで勝負に影響があるのか気になるところ。あえて相手の条件に乗った印象の強い勝次の男気に、注目が集まる。

キックのレジェンド藤本勲に捧げる伊原信一が育てた風神睦・雷神塁の世紀の闘い
<第10試合 エキシビションマッチ>
江幡睦(伊原道場本部/WKBA世界バンタム級王者)
42戦36勝(27KO)4敗2分 茨城県出身28歳/2007年9月16日デビュー
 vs.
江幡塁(伊原道場本部/WKBA世界スーパーバンタム級王者 & KINGOF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者)
41戦37勝(20KO)1敗3分 茨城県出身28歳/2007年9月16日デビュー

 エキシビションながら、緊張感のある顔合わせとなった。最強ツインズの江幡睦と塁は、所属の伊原ジムでも本番さながらに熱いスパーリングをすることで有名。伊原代表が「本気になり過ぎるな」と止めるに入る時もあると言う。べつに不仲ではないが、勝負ごとになると互いに譲れなくなる性格のようだ。睦は前回の大会で王者サオトーとラジャダムナンスタジアムのベルトをかけて対戦し、KO寸前まで追い込んだ。塁はKnockoutの初代スーパーバンタム級王者となり、さらに注目を集めるようになった。トップランナー同士の魂の対決は、闘病生活を続ける藤本会長に向けた復帰のエールだけではなく、未来のチャンピオンたちへの熱いメッセージになるはずだ。

<第9試合 セミファイナル団体対決54kg契約 3分3R>
HIROYUKI(藤本ジム/日本バンタム級王者)
27戦16勝(6KO)7敗4分 神奈川県出身24歳/2012年1月15日デビュー
 vs.
MASAKING(岡山ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級1位)
7戦3勝(1KO)1敗3分 岡山県出身19歳

 藤本ジム所属の選手で一番手の出場となるHIROYUKIは、負けられない一戦が組まれた。団体対抗戦でホームリング、しかも藤本会長が体調を崩してのスクランブル起用となれば、気合いが入るのは当然のことだろう。前回はKNOCK OUTのリングで壱・センチャイジムに判定負けを喫してしまったが、そこまで大きな差はなかった。仕切り直しの今回で、真価が問われることとなる。対するMASAKINGはJ-NETWORKスーパーバンタム級1位の実力者。キャリアは少ないが、期待値の高い19歳の新鋭だ。2018年度フライ級新人王を獲得し、INNOVATIONスーパーバンタム級8位にもランクインしている。負けられないHIROYUKIと突き抜けたいMASAKINGの対決は簡単に決着がつかないことだろう。

<第8試合 1部メインイベントREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級タイトルマッチ 3分3R>
老沼隆斗(STRUGGLE/王者)
16戦12勝(5KO)3敗1分 東京都出身21歳/2015年6月7日デビュー
 vs.
濱田 巧(teamAKATSUKI)
17戦10勝(5KO)6敗1分 千葉県出身25歳/2012年4月1日

 REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級タイトルマッチが、新日本キックのリングで行なわれることとなった。当初このタイトルマッチはREBELSの12月大会で行なわれる予定だったが、パンクラス側の事情で流れた経緯があり、藤本興行のピンチを救う形で実施された経緯がある。ふたりの対戦は、今回で3回目となり、過去2戦はすべて老沼が勝っている。戦績だけを見れば、老沼に死角はないように感じるが、タイトルがかかった今回はそう簡単に行かないことだろう。とくに濱田は、前回の大﨑孔稀戦まで5連勝をする勢いがあり、以前とは別人のようになっている。加えて老沼は、泰史にKO負けを喫しての復帰戦。これらの状況を踏まえると、何かが起こっても不思議ではない。

<第7試合 団体対決58kg契約 3分3R>
瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/日本フェザー級2位)
37戦27勝(11KO)7敗3分 鹿児島県出身36歳/2003年8月1日デビュー
 vs.
NOWAY(ネクストレベル渋谷/初代MuayThaiOpenフェザー級王者)
21戦14勝(4KO)4敗3分 岡山県出身38歳/2010年11月14日

 キックマニアが喜びそうな対決となった。新日本キックを代表する瀬戸口勝也は、公務員キックボクサーとして有名なだけではなく、タフさと無尽蔵のスタミナを誇る。打ち合いになった時の一歩も引かない姿勢は、心の強さもあるのだろう。対するNOWAYは、2018年7月に開催された「MuayThaiOpen42」で翔貴をヒジ打ちでKOし、MuayThaiOpenフェザー級王座を獲得。今年7月には千羽裕樹の挑戦を受けたが、初防衛に成功した。アグレッシブに前へ出て勝負する瀬戸口と、ミドルキックで腕を潰しヒジ打ちで相手を切り裂くNOWAYの試合は、会場が盛り上がること必至の好カード。団体のプライドをかけた一戦は、まったく結末が予想できない。

<第6試合 女子国際戦46kg契約 3分3R>
ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)
5戦5勝 大阪府出身25歳/2019年2月17日デビュー
 vs.
ペットチョンプー・モー.クルンテープトンブリー(泰国) 
15戦7勝5敗3分 泰国出身23歳

 新日本キックに初参戦するぱんちゃん璃奈は、今年2月にプロデビューしたばかりの新鋭で現在まで5連勝と無敗記録を更新中。抜群のルックスだけではなく、アマチュア時代から築き上げてきた実力は本物で、試合で盛り上げる才能も持っている。今回、ぱんちゃんが対戦するタイのペットチョンプーは、ボクシングとムエタイの試合をする二刀流で、こちらも本格派。パンチ主体に闘うスタイルと見られているが、「リーチを活かした前蹴りがうまい」とぱんちゃんが警戒する蹴り技のテクニシャンの一面を持っているようだ。男子の試合の中に入るとどうしても比較されがちな女子マッチだが、彼女たちの闘いは別格。他の試合を食ってしまうほどのベストファイトになるかもしれない。

<第5試合試合中止 国際戦ヘビー級 3分3R>
楠ジャイロ(チーム・ジャイロ楠/元J-NETWORKヘビー級王者)
28戦22勝(8KO)6敗 ブラジル出身45歳
 vs.
サイード・ホセイン(イラン大誠塾/2013WKF、IKF世界王者) 
8戦6勝2敗

※選手都合により第5試合は中止となりました。

<第4試合 ライト級 3分3R>
ジョニー・オリベイラ(トーエルジム) 
56戦14勝(1KO)26敗2分 ブラジル出身42歳/2004年3月21日デビュー
 vs.
津橋雅祥(エスジム/蹴拳ムエタイ初代スーパーフェザー級王者)
29戦17勝(7KO)11敗1分 26歳

 新日本キックの鉄人と言えば、ジョニー・オリベイラのことだ。40歳を超えても定期的に大会へ参戦し続ける折れない心は、勝敗に関係なくリスペクトされるもの。パンチのラッシュから繰り出される得意のハイキックに磨きがかかっており、まともに当たれば立っていることはできないことだろう。オリベイラと対戦する津橋雅祥は2017年9月6日にREBELSのリングでピラオ・サンタナと対戦したが、1RKO負けを喫し、しばらく戦線から離れていた。今年4月にJ-NETWORKで復帰して、左ハイキックでKO勝ち。10月には大谷翔司に判定で不覚を取り、今回が出直しの一戦となる。ここから再浮上していきたい津橋と鉄人オリベイラの試合は、後半まで勝負がもつれそうだ。

<第3試合 団体対決64kg契約 3分3R>
バズーカ巧樹(菅原道場/MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級王者) 
26戦18勝(8KO)6敗2分 千葉県出身23歳
 vs.
イ・ボムギュ(韓国/2019年KTK64kg級王者)
29戦25勝(7KO)4敗 韓国出身24歳

 第3試合から、注目のバズーカ巧樹が登場する。今年2月に第10代MAキックスーパーライト級王者となったバズーカは、パンチの強打だけではなくローキックやハイキックの破壊力が抜群で、これまでK-1のリングも含めて数多くのKOを奪ってきた。今年9月には般若RASHIMOTOを判定で下し、その勢いはさらに増している。2020年はKNOCK OUT64kgGPに参戦が決定し、ますます大暴れしそうだ。対する韓国のイ・ボムギュはDEEP KICKで成尾拓輝をKOで下すなど、強烈なカウンターのヒザ蹴りを持っている。バズーカとの蹴り合いは激しくなりそうだ。日韓のキックボクサー対決は、バズーカが祝砲をあげるか、ボムギュが金星をあげるか、試合開始のゴングが待ち遠しい。

<第2試合 団体対決スーパーバンタム級契約 3分3R>
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
65戦31勝(5KO)26敗8分 沖縄県出身37歳
 vs.
MITSURU(WSRフェアテックス三ノ輪)
29戦25勝(7KO)4敗 兵庫県出身31歳

 J-NETWORKスーパーバンタム級王者の炎出丸は、Knockoutの8月大会で壱・センチャイジムに判定負けを喫し、今回が巻き返しの一戦となる。最近は、REBELSの6月大会でダイナマイト柿崎を判定で下したものの、あまり勝ち星に恵まれていない。ここで勝利を収めて、もうひと花咲かせたいところだ。じつはMITSURUとの試合は、今年6月のREBELSの大会で一度、組まれた因縁がある。この時はMITSURUがケガをしてしまい、残念ながら対戦が流れている。気持ちを立て直して臨む炎出丸と、ケガを克服してリングに向かうMITSURU。両者の思いが、リングでぶつかり合うことだろう。今後の展開も含めて、両者の試合から目が離せなくなりそうだ。

<第1試合 REBELS64kg契約 3分3R>
与座優貴(橋本道場/第6回世界ウエイト制軽量級優勝)
6戦6勝(3KO)茨城県出身21歳
稲石竜弥(team OJ/第2代Bigbang &第19代MAライト級王者、第13代APKFスーパーフェザー級王者)
40戦25勝(6KO)15敗 茨城県出身31歳

 オープニングから豪華なカードが組まれた。与座優貴は元極真カラテ世界軽量級チャンピオンの肩書きを持ち、6戦無敗の快進撃を続けている。Knockoutの8月大会ではジョニー・オリベイラを破り、REBELS.63でもテレカを圧倒した。超一流の蹴り技で、キック界でも頂上を狙う。稲石竜弥はバズーカ巧樹にこそ敗北を喫しているものの、石田勝希や高橋佑太から勝利を収めているベテランで、変則的な攻撃を持ち味にしている。9月のRISE WORLDSERIES 2019 Final Roundでは秀樹と対戦して惜しくも判定負けとなったが、激しい蹴り合いで会場を大いに沸かせたばかりだ。トップランナーたちが見せる蹴り技のテクニックを第1 試合から堪能できることに感謝して結末を見届けたい。

【2020年新日本キックボクシング協会興行予定】
2/2(日):後楽園ホール
3/8(日):後楽園ホール
4/12(日):後楽園ホール
5/17(日):後楽園ホール
7/12(日):後楽園ホール
9/27(日):後楽園ホール
10/25(日):後楽園ホール
12/13(日):後楽園ホール

2019

▼10・20 江幡睦!引分でラジャ王座奪取ならず!勝次はWKBA王座獲得!新日本キックボクシング協会『MAGNUM51』
’19年10月31日-11月07日合併号ノア全日W1 新日USA 水曜戦争絶頂 WWS 新日本キック ラウェイ台湾2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斎藤大阪謎新日キック
週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック
2017
▼新日本キックボクシング新春第一弾1・8『WINNERS 2017 1st』

17年01月19日号オメガ棚橋田上DSWマクレガーMハントUFC提訴新日キック志朗


▼日本タイトル2試合は王者・重森、斗吾が防衛!新日本キックボクシング協会3・12『MAGNUM43』

【easypay電子書籍】’17年03月23日号テレ朝総選挙新日尼崎パンクラス新日キック巌流島ファイプロ


▼4・16新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 21』後楽園ホール大会!

【easypay電子書籍】’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島


▼5・14新日本キック『WINNERS2017 2nd』日本タイトル王座交代!
href=”https://miruhon.net/69025″>週刊ファイト5月25日新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC
▼7・2新日本キックボクシング協会『MAGNUM 44』後楽園ホール

【easypay電子書籍】’17年07年13日号WWE両国新日USA全日新木場漫画ギャビIGFパンクラス新日キック


▼8・27 新日本キックボクシング協会『WINNERS2017 3rd』
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・17新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 22』後楽園ホール大会!
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼10・22(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 45』後楽園ホール大会
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死
▼11・19(日)新日本キックボクシング協会ディファ有明最終大会『KICK Insist7~Thank you.Our sanctuary Differ Ariake~』
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼12・10(日)新日本キックボクシング協会2017年内最終興行『SOUL IN THE RING 15』後楽園大会!
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タ
2018
▽1・7(日)新日本キックボクシング協会2018年新春第一弾大会『WINNER2018 1st』
’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1
▽3・11新日本キックボクシング協会『MAGNUM 46』後楽園ホール
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦
▽4・15新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』
’18年04月26日号人間発電所 大巨人 NY帝王 新日武道館 森井洋介 江幡塁 中島安里紗
▽5・13新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 2nd』
’18年05月24日号浜田文子逮捕 新日社長Lion’sGate SEAdLINNNG 新日キック ラウェイ
▽6・8『KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS』
’18年06月21日号新日大阪城 KnockOut Jewels Quintet 小川直也北原光騎引退 WWE裏
▽7・8新日本キックボクシング協会『MAGNUM 47』
’18年07月19日号新日カウパレス BレスナーUFC SEAdLINNNG 新日キック KENTA KAI横浜
▽8・4新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 3rd』後楽園ホール大会
’18年08月23日号G1 HATASHIAI カッキー パンクラスRIZIN Nexus ラウェイ新日キック
▽9・2 新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 24』後楽園ホール大会
’18年09月13日号Ray WWE大阪 TAKAYAMANIA All-In W-1横浜 J@st 新日キック SEAdLINNNG
▽10・21新日本キックボクシング協会『MAGNUM 48』 喜多村誠が元ラジャ王者T-98を肘で切り裂きTKO勝利
’18年11月01日号レインズ白血病 新日内紛 ドラディション W-1才木玲佳 新日キック
▽11・11新日本キックボクシング協会『KICK Insist 8』初の新宿FACE大会は二部構成!
’18年11月22日号レジェンド集合 WWEベッキー メイウェザー参戦 新日キック ラウェイ
▼2019年4月14日新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS 25」メインはWKBA世界戦!
’19年05月02日号平成RIZIN Cボリショイ引退 TIME100ロック 新日キック パンクラス
▼新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 26』
’19年09月12日号8・31決戦AEW新日WWE MASTERS達人 猪木元気 DeepJewels 新日キック