直前インタビュー!!7月8日(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 47』 後楽園大会!

 7月8日(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 47』 後楽園大会に出場するメインクラス選手の直前インタビューが届いた。

◇スペシャルメインイベント第13試合 日泰国際戦54kg契約3分5R
江幡 睦 (WKBA世界バンタム級王者 / 伊原道場本部)vs ペットヤソー・ダープランサーラカム( MAXムエタイ55kg級王者/ 泰国 )

江幡 睦(伊原道場本部)直前インタビュー
・まずはラジャのランキング入りを狙う
――試合が近づいてきました。
「調子もよく、減量もうまく行ってます。練習ではバランス、基本の技を重視しながら倒す技にこだわって練習しています」

――5月31日にはタイ・ラジャダムナンスタジアムで試合をしてドローという結果でした。
「相手のサントス選手はいい選手でしたし、自分なりにムエタイの戦い方が出来ていたのかなと。判定ではドローでしたが、自分の課題をしっかりクリアーできた戦いは出来ました。ただ、タイで勝つにはどうしたらいいのか、自分の課題が見つかった試 合でもありました」

江幡睦が5R引分となった5月31日タイ・ラジャダムナンスタジアムの試合 vs.サントス(タイ)

――具体的に課題とはどういうところでしょう。
「細かいことですが、ムエタイのポイントの取り方ですね。僕のスタイルの倒すことも必要ですし、そのための間合いも確認できたことなど、大きな課題をタイから持って帰ることが出来ました」

――映像を見たところ、相手の首相撲で削られてしまう場面がありました。
「そうですね。首相撲対策はしてましたが、それでも長い時間組まれてしまった感じはしています」

――今回の相手はどういう印象がありますか?
「どんどん前に出てくるタイプであり、首相撲もヒザも強い選手なので、5月の課題を克服するためにいい相手だと思います」

――MAXムエタイの選手はアグレッシブな選手が 多いだけに、激しい試合が期待できますね。
「そうですね。僕もしっかり前に出て倒す試合をしたいと思います」

――6月8日のKNOCK OUTでは、弟の塁選手が小笠原瑛作選手にKO勝ちした試合は名勝負となりました。やはり刺激になりましたか?
「凄くいい試合で僕自身にも刺激になりました。KNOCK OUTで塁が試合をしたことで、今まで知らなかった人たちに僕ら江幡兄弟の名前を知ってもらえたと思います。またお客さんが観に来てくれて、僕らがいい試合をすればキックボクシングのことを知ってもらえるのかなと思います」

――目標としては、変わらずラジャダムナンのタイトルは狙っていきますか?
「まずはラジャダムナンのランキング入りすることを目標にしています。まだ発表できないこともありますが、タイ遠征なども計画しつつランキング入りを狙っています」

――最後にファンにメッセージをお願いします。
「熱い試合をして後楽園ホールを盛り上げるのでよろしくお願いします」

また江幡睦の試合翌週7月15日(日)深夜1時30分(25:30)には、テレビ朝日「GET SPORTS」で双子の弟・江幡塁(伊原道場本部/新日本キックボクシング協会)に密着取材した ドキュメンタリー企画を放送。

【放送内容】
6月8日、キックボクシング「KNOCK OUT」のリングで実現した“スーパー・バンタム級日本最強決定戦” 江幡塁vs小笠原瑛作。
両雄の初対決は カード発表直後から大きな話題となったが、格闘技の聖地・後楽園 ホールで行われた試合は、観客が熱狂し、スタンディングオベーションまで巻き起こる、壮絶な戦いとなった。
番組では、兄・睦との最強ツインズとして名を馳せる、WKBA世界スーパーバンタム級王者 江幡塁に密着取材。
団体の看板を背負った27歳のエースは、どのような戦略を立てて決戦に臨んだのか。
師匠から叩き込まれた 日本キックボクシング伝統の「技」と「精神」など、
激闘の裏側にあった 知られざるエピソードも紹介する。
・番組名: テレビ朝日 「GET SPORTS」
・企画タイトル: キックボクサー江幡塁 ~日本最強を証明する戦い~
・放送日時: 7月15日(日) 深夜1時30分~3時00分 ※一部地域を除く
番組ホームページ: http://www.tv-asahi.co.jp/getsports/

◇第11試合ダブルメインイベント日泰国際戦62kg契約3分3R
勝次(日本ライト級王者/藤本)vs ペットシラー・ポー.パタラ( MAXムエタイ60kg級王者/ 泰国 )

勝次(日本ライト級王者/藤本)直前インタビュー

・新しいスタイルで、余計なものは一切もらわないで圧勝したい。
──今回試合を控え、タイ遠征に行っていたという話を聞きました。その目的は?
勝次 今回のタイ合宿はいろいろな意味合いがあります。まずは原点回帰が一番かも知れません。高校生の時からお世話になってるジムで「本当に強くなりたい」という気持ちを思い出したかった。今回の対戦相手の対策や攻略方法などを立てたいということもありましたが、昨年末の(森井戦の)リベンジのため、さらにはリベンジを果たしたさらにその先のことも考えたいと思いました。

──実際の収穫は?
勝次 今回は(ラジャ&ルンピニーの現役ランカーである)ペッダム選手が練習に付き合ってくれたので、かなりの収穫はあると思います。最近、僕は激闘型と思われがちだけど、基本的には相手に触らせないように心掛けて試合しています。

──意外な話です。
勝次 でも、昨年のKNOCK OUTのトーナメントでは日本人同士の戦いで生じた熱気というかお互いの意地のぶつかり合いというべき試合展開が多くなってしまいました(苦笑)。

──タイでは、6月27日に行われた同門の緑川創選手がラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王座決定戦を目の当たりにしたと聞きました。
勝次 残念の一言しかありません(1Rにダウンを奪われた末に判定負け)。緑川選手は同じジムで練習をしていて、日々刺激をもらっています。今回も試合に向けての厳しい練習を知ってるだけに余計に悔しいです。

──7カ月ぶりの復帰戦を迎える心境は?
勝次 昨年のKNOCK OUTのトーナメント後、自分のファイトスタイルをもう一度考え直しました。気持ちのぶつかり合いというと聞こえはいいけど、見方を変えればクールかつクレーバーに闘えていなかったということになりかねません。昨年はもちろん、今までの経験を基に余分な物は排除し、必要なものをさらに緻密に再構築させるつもりで新しいスタイルに取り組んでいます。皆さんには進化した自分をお見せ出来たらと思ってます。

──復帰戦で拳を交わすペットシラー・ポー・パタラ選手の印象は?
勝次(試合映像を見る限り)首相撲とミドルキックが強い選手だとは思いました。タイでの試合は観客がギャンブラーなので、首相撲で競り合えば盛り上がるのでしょう。でも、僕との試合の舞台は日本。首相撲の展開が多くなれば、「塩漬け」「塩試合」と言われかねない。だから、いかに首相撲をサバき、自分の打撃を当てて勝つかが課題だと思ってます。組む時はしっかりと組んで崩し、そこから自分の打撃につなげたい。余計な打撃は一切貰わないで勝ちたいですね。イメージは圧倒的な勝利です。

──昨年12月と比べ、どんな部分が向上していると思うか?
勝次 向上してる…まずは練習環境がかなり良い意味で改善されました。 実はこんな僕にも嬉しいことに後援会が出来まして練習環境が改善されました。 本当に有り難いことで感謝を表す言葉などにも困るのですが、僕は自分なりにリングでその感謝を表現出来たらと思ってます。 去年12月…あの負けからいろんなことを経験し自分でやるべきことの課題を熟考し、それを体現出来るように練習して来ました。今回の再起戦では僕の新しいスタイルと僕への可能性を感じてもらえたら、その時初めて向上しているって言えると思います。
(インタビュー  スポーツライター 布施鋼治)

◇第10試合 73.5kg契約3分3R
斗吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)vs Tomo(TENKAICHIキックミドル級王者/天下一道場)

斗吾(伊原道場本部)直前インタビュー

・他団体のミドル級王者をひとり残らずぶっ倒す!
――試合が近づいてきました。調整などはいかがでしょう。
斗吾 いつもと変わらずいい感じで仕上がっています。

――今回の相手、TENKAICHIキックミドル級王者のTomo選手は沖縄を拠点としているだけに情報は入手しづらいと思いますが、どのような印象がありますか。
斗吾 4月の大会で本田(聖典)さんと対戦している試合しか見ていませんが、パンチのうまい選手だなと思いました。

――ご自身のKO率の高いパンチと比べてどうでしょう。
斗吾 僕の方が強いというのを見せつけたいですね。

――以前から言われていた他団体の同階級のチャンピオンとの対戦です。
斗吾 あとはNKB、J-NETWORK、MA日本キックに同階級のチャンピオンがいるので片っ端からぶっ倒して僕がミドル級最強というのを証明します。4月大会の相手(任朝恵)は元TENKAICHIチャンピオンでしたが、次は現チャンピオンなので気合が入ってますし、熱い試合になると思います。

――その任戦では1RKO決着となりましたが、予想通りの結果でした?
斗吾 僕は早く倒してダメージがなく試合を終えたいですし、斗吾はやはりKOが似合うというのを見せつけたいと思ってました。応援に来てくれた方から『ラウンドガール見られなかったじゃん!』という声をいただきましたね (笑)。相手の情報がない中でどういうふうに来るのか不安でしたが、やってみればあっという間でした(笑)。今回の相手の情報は少し情報があるので研究して、チャンスがあれば倒しにいきます。

――2014年9月にTOMOYUKI選手に負けて以来、4年間負けなしの12連勝中なんですよね。斗吾 僕が新日本キックのベルトを持っていて、チャンピオンは負けちゃいけないというのが頭にあり、伊原(信一)会長からは日々の練習でそういうことを叩き込まれています。

――後輩の江幡塁選手が5月のKNOCK OUTで小笠原瑛作選手を相手に激闘を繰り広げた末にKO勝ちしました。そういうのは刺激になってますか?
斗吾 めちゃくちゃ刺激になってます。後輩の活躍は嬉しい反面、僕も出たいなと嫉妬してしまいました。

――今回の試合で一番お客さんに見てもらいたいことはありますか。
斗吾 毎回そうですが、やはり倒すところですね。フルラウンド痛めつけた後に倒したいと思います。

◇第9試合 日泰国際戦62㎏契約3分5R
重森陽太(前日本フェザー級王者/伊原道場稲城支部)vs ヨーペットJSK(元BBTVトーナメント王者/タイ)

重森陽太(伊原道場稲城支部)直前インタビュー
・ヨーペット選手に勝って梅野選手や森井選手と闘いたい

──社会人キックボクサーとなった感触は?
重森 応援してくれる人が増えたというのが一番の感想です。マイナス面はこれといってないですね。練習しやすい環境を会社に整えてもらっているし、皆さんにすごく気にかけていただいている。頑張らなきゃいけないという気持ちは学生の時と比べても増しているので、練習の質は上がったと思います。

──今回の相手がヨーペットと聞いた時は何を思いました?
重森 正直予想はしていなかったです。「ここで来るか」と。でも面白いカードを組んでもらえましたね。

──ヨーペットのどんな攻撃や動きを警戒するか。
重森 前蹴りですかね。パンチでもキックでも攻撃に対しての前蹴りの処理が的確でその上うるさい。(技術を)吸収して僕も使いたいくらいです。ヨーペット選手はフィームーだから「何が怖い」と絞ることはなかなか難しい。僕が穴を見せたらすぐにそこを突かれると思います。テクニックでも勝負するところは勝負したい。

──日本でもヨーペットは結構試合をしているけど、誰との試合が参考になった?
重森 梅野選手との試合を参考にしました。ヨーペット選手が戦った相手の中で僕のスタイルに一番近いのが梅野選手だからです。梅野選手に何が足りなかったかをコーチと一緒に動画を見て話し合いながら自分の動きに落とし込みました。

──どんな対策を立てているか?
重森 試合の流れや組み立てはいつも通りです。武器はこの試合のために1つ増やしました。

──どんな試合をイメージするか?
重森 用意した武器がうまくハマってくれたら結構アッサリと試合が終わるのではないかと思います。うまくハマらなかった場合はアドリブで押し切りたい。どちらでも何とかなると思っています。
──ちょっと気の早い話だけど、ヨーペットに勝ったらどんな相手と闘いたいか?

重森 梅野選手、森井選手と試合をしたいです。両選手共に日本人のトップに立っているため、わかりやすく自分が日本人のトップに立つために避けられないと思っています。またヨーペット選手は蘇我選手にも勝っています(2014年8月24日、WINNERS)。今回の試合で勝って、僕はWKBA世界王座の挑戦権を得られればなと思っています。

■ 新日本キックボクシング協会『MAGNUM 47』
日時 2018年7月8日(日)開場16:45 開始17:00 /計量当日10:00
会場 東京・後楽園ホール 
主催 伊原道場
認定 新日本キックボクシング協会
後援 東京スポーツ、フィットネスショップ
問い合せ(株)伊原プロモーション TEL:03-3780-1338
チケット
SRS席\20,000/RS指定\15,000/S指定¥10,000/A指定¥7,000/B指定¥5,000/立見¥4.000(当日のみ)

<第13試合 54kg契約3分5R>
江幡 睦 (WKBA世界バンタム級王者 / 伊原道場本部)
 vs.
ペットヤソー・ダープランサーラカム( MAXムエタイ55kg級王者/ 泰国 )

<第12試合 スペシャルエキシビションマッチ>
緑川 創 (前日本ウェルター級王者/藤本ジム)
vs.
リカルド・ブラボ(日本ウェルター級王者/伊原道場アルゼンチン支部)

<第11試合 62kg契約3分3R>
勝次 (日本ライト級王者 / 藤本ジム )
vs.
ペットシラー・ポー.パタラ ( MAXムエタイ60kg王者/ 泰国 )

<第10試合 73.5kg契約3分3R>
斗吾 (日本ミドル級王者/伊原道場本部)
vs.
Tomo (TENKAICHIキックミドル級王者/ 天下一道場 )

<第9試合 62kg契約3分5R>
重森 陽太 ( 前日本フェザー級王者 / 伊原道場稲城支部)
vs.
ヨーペットJSK (元BBTVトーナメント王者/泰国 )

<第8試合 70kg契約3分3R>
喜多村 誠 ( 前日本ミドル級王者/ 伊原道場新潟支部)
vs.
RYU謙 ( MAキックSウェルター級10位 /拳狼会 )

<第7試合 55kg契約3分3R>
瀧澤 博人 (前日本バンタム級王者 /ビクトリージム)
vs.
國本 真義 (元S-BATTLEバンタム級王者/ MEIBUKAI )

<第6試合 52kg契約3分3R>
泰史( 前日本フライ級王者/伊原道場本部)
vs.
ローズ達也 ( WPMF日本フライ級王者/ワイルドシーザー沖縄)

<第5試合 日本ライト級3分3R
髙橋 亨汰 ( 日本フェザー級1位 /伊原道場本部)
vs.
棚橋 賢二郎 ( NKBライト級1位/ 拳心館 )

<第4試合 日本ライト級3分3R>
瀬戸口 勝也 (日本フェザー級2位 / 横須賀太賀ジム)
vs.
ジョニー・オリベイラ ( 日本ライト級5位/トーエルジム)

<第3試合 3分3R>
金子 大樹 (日本フェザー級8位/ ビクトリージム)
vs.
小田 武司(NJKFフェザー級7位/NJKF拳之会)

<第2試合 62kg契約3分3R>
渡邉 涼介 ( 日本ライト級7位/伊原道場新潟支部)
 vs.
林 瑞紀 ( 日本ライト級/治政館ジム )

<第1試合 日本フェザー級3分2R>
平塚 一郎 ( 日本フェザー級 /トーエルジム)
vs.
瀬川 琉(日本フェザー級/ 伊原道場稲城支部)

▽6・8『KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS』

復活のワンダーバード! 怪物くんを圧倒で不可思反撃の狼煙~KNOCK OUT後楽園熱狂


▽5・13 新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 2nd』

【easypay電子書籍】’18年05月24日号浜田文子逮捕 新日社長Lion’sGate SEAdLINNNG 新日キック ラウェイ


2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斎藤大阪謎新日キック
週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック
2017
▼新日本キックボクシング新春第一弾1・8『WINNERS 2017 1st』

17年01月19日号オメガ棚橋田上DSWマクレガーMハントUFC提訴新日キック志朗


▼日本タイトル2試合は王者・重森、斗吾が防衛!新日本キックボクシング協会3・12『MAGNUM43』

【easypay電子書籍】’17年03月23日号テレ朝総選挙新日尼崎パンクラス新日キック巌流島ファイプロ


▼4・16新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 21』後楽園ホール大会!

【easypay電子書籍】’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島


▼5・14新日本キック『WINNERS2017 2nd』日本タイトル王座交代!
href=”https://miruhon.net/69025″>週刊ファイト5月25日新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC
▼7・2新日本キックボクシング協会『MAGNUM 44』後楽園ホール

【easypay電子書籍】’17年07年13日号WWE両国新日USA全日新木場漫画ギャビIGFパンクラス新日キック


▼8・27 新日本キックボクシング協会『WINNERS2017 3rd』
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・17新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 22』後楽園ホール大会!
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼10・22(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 45』後楽園ホール大会
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死
▼11・19(日)新日本キックボクシング協会ディファ有明最終大会『KICK Insist7~Thank you.Our sanctuary Differ Ariake~』
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼12・10(日)新日本キックボクシング協会2017年内最終興行『SOUL IN THE RING 15』後楽園大会!
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タ
2018
△1・7(日)新日本キックボクシング協会2018年新春第一弾大会『WINNER2018 1st』
’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1
△3・11新日本キックボクシング協会『MAGNUM 46』後楽園ホール
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦
△4・15新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』
’18年04月26日号人間発電所 大巨人 NY帝王 新日武道館 森井洋介 江幡塁 中島安里紗