直前インタビュー!5月13日(日)新日本キックボクシング協会治政館ジム主催『WINNERS2018 2nd』東京・後楽園ホール大会!

 5月13日(日)東京・後楽園ホールで開催される新日本キックボクシング協会治政館ジム主催『WINNERS2018 2nd』メイインクラス選手の直前インタビューが届いた。

◇ダブルメインイベント2 日泰国際戦59㎏契約3分5R
石原將伍(日本フェザー級チャンピオン/ビクトリー)vs ケンスワン・サシプラパー(元BBTVスーパーバンタム級4位/タイ)

※ケンスワン・サシプラパー(元BBTVスーパーバンタム級4位/タイ)タイ国サシプラパージム所属 20歳 75戦50勝25敗 昨年までBBTVスーパーバンタム級4位にランクインしていた実力者。

☆石原將伍(日本フェザー級チャンピオン/ビクトリー)直前インタビュー「ケンスワンが出てくる3R以降が勝負のクライマックスになる」
──チャンピオンになってから何か大きく変わったことはありますか?
石原(地元の)埼玉県毛呂山町の町長が声をかけてくれるようになりました。町長は「応援するから」という感じで、祝勝会に顔を出してくれたり試合にも来てくれます。知らない人からも「新聞に載っていたよ」と声をかけられたりするようになりました。

──このまま、どんどんネームバリューが高まるといいですね。
石原 チャンピオンになれば、結果だけではなく、内容も見られる。逆にそういう気持ちを持っていないといけないという思いもあります。

──今回は初めて″格闘技の聖地″後楽園ホールでの大トリです。
石原 そうなんですよ。個人的には興行の流れとか関係なしに自分からガッとやっちゃう方が好きなんですけどね(苦笑)。できればフラットな気持ちでリングに上がりたい。

──対戦相手であるケンスワンの印象は?
石原 サシプラパージム所属の選手は右ミドルキックが強いといわれている。向こうも元BBTVのランカーとしてのプライドがあるでしょう。最後は自分のパンチと向こうの蹴りの勝負になると思う。蹴られても、最後は倒せばいい。ムエタイとキックが闘ったらどっちが強いのか。タイ人が出てくる3R以降が勝負のクライマックスになると思います。相手の強いところをださせたうえで、最後に自分の右ストレートで倒せたら最高ですね。
(スポーツライター 布施鋼治)

◇ダブルメインイベント1 日本ウェルター級王座決定戦3分5R
政斗(日本ウェルター級1位/治政館)vs リカルド・ブラボ(伊原道場アルゼンチン支部)

☆政 斗(日本ウェルター級1位/治政館)直前インタビュー
――今回、日本ウェルター級王座決定戦が決まりました。
政斗 王座を返上した渡辺(健司)選手に敗れているので(2016年4月17日に政斗が判定負け)借りを返してベルトを巻きたかったのですが、今回こういう形になったので気持ちを切り替えて試合に臨みたいと思います。

――2度目のタイトル挑戦となります。
政斗 最初のチャレンジで獲れると思ったのですが、そうは甘くはなかったですね。そこからずっと自分の中で必ずベルトを獲らないと気が済まないという気持ちになっていました。その後の試合も大事に一戦一戦勝っていきタイトルマッチにつなぎたいなと。今回落としたら先はないという気持ちがあります。

――対戦相手のリカルド・ブラボ選手についてはどのような印象がありますか?
政斗 何試合か見させていただきました。勢いがあってパンチが伸びてくるところがあるので、そういうところを注意したいと思いつつ、自分の粘り強さで勝ちたいと思います。経験値は僕の方がありますが、下から上がってきた勢いは凄いと思うのでそこはあなどらないでしっかりと試合巧者のところを見せないといけないですね。

――試合に向けてはどういうところを強化していますか?
政斗 治政館の本部で先輩の武田幸三さんに走り込み、筋トレなどを見てもらっているので、リングでは今までとは違う自分を見せたいと思います。武田さんからは普段から怖くて厳しいことを言っていただけるのですが、逆にそれは優しさだと考えています。

――今回タイトルを獲得してから見据えているものはありますか?
政斗 どんどん実力のある選手とやらせてもらってKNOCK OUTで新日本のチャンピオンの強さを見せ付けたいですね。僕はやられてもやり返す水落洋祐選手のような戦い方が好きなので、KNOCK OUTのリングで水落選手や山口兄弟とも拳を交えられたらなと。まずはベルトですね。今お世話になっている武田さんが元々巻いていたベルトなので、僕が治政館に持って帰りたいです。

☆リカルド・ブラボ(日本ウェルター級3位/伊原道場アルゼンチン支部)直前インタビュー
――プロ7戦目で今回、日本ウェルター級王座決定戦が決まりました。
リカルド 自分は王者になるために練習してきました。王者になることは伊原道場アルゼンチン支部の方々、家族のためになるのでチャンスをモノにしたいと思います。

――どうしてキックボクシングを始めたのですか?
リカルド アルゼンチンにいた時に兄がキックをやっているのを見て自分も15歳のときにやり始めました。キックには、礼儀など人生で学ぶべきもの全てが詰まっていると思ったのでそれを学びたいと思ったんです。

――今までのスポーツ経験にはどういうものがありましたか?
リカルド 地元キルメス(アルゼンチン・ブエノスアイレス州の都市)でサッカーをずっとやっていて、日本でいうJリーグのようなプロクラブの下部組織に所属していました。サッカーをやっていた時に病気まではいかないのですが、病院で長く療養している時期があり、復帰しても以前とは違う身体の衰えを感じ周りのメンバーに付いていけなくなった時にキックに出会いました。ちなみにアルゼンチンではアマチュアで21戦18勝(14KO)1敗2分の戦績でした。

――なぜ日本に来たのでしょう?
リカルド 伊原(信一)会長、伊原道場アルゼンチン支部のディエゴ・ゴンザレス支部長が日本に来る機会を与えてくれました。新日本キックでチャンピオンになりたいですし、伊原会長のような素晴らしい人間になりたいと思って人生の全てを懸けて1年前に日本に来ました。将来、アルゼンチン支部でいい指導者になるためにもなると思います。

――対戦する政斗選手にはどういう印象がありますか?
リカルド 一番大切なことは相手の戦い方に合わせるのではなく、毎日やってきたことを試合に出すことが大切なので特に気にしたことはありません。

――キックを続けていく上で目標はありますか?
リカルド 新日本、ラジャダムナンスタジアム、WKBAのチャンピオンになって、会長や支部長のように多くの選手たちに人生で大切なものを伝えられるような選手になりたいと思います。

◇セミファイナル 日本ライト級ランキング戦3分3R 永澤サムエル聖光(日本ライト級1位/ビクトリー)vs. 内田雅之(日本ライト級2位・元日本フェザー級王者/藤本)

○永澤サムエル聖光(ビクトリー)直前インタビュー「ここで落としたら、何の意味もない。」

──ご結婚、おめでとうございます。
永澤 ありがとうございます。ちょうど石原(將伍)がチャンピオンになった日(2017年10月22日)に入籍しました。妻の千尋は武蔵丘短期大学の1年後輩なんです。たまたまビクトリージム熊谷支部の会員になって試合の応援に来た時に知り合いました。11月22日には長女のミエルも産まれました。ミカエルという闘いの天使がいるんですけど、それだと男の名前になってしまうので一文字だけとりました。僕はクリスチャンなので、天使の名前をつけようかと思ったんですよ。
──今夜は内田雅之選手とのランキング戦を迎えます。
永澤 ここで落としたら何も意味がない。いい内容でしっかりと勝ちたい。
──内田選手の印象は?
永澤 フェザー級でチャンピオンになっているベテランなので、テクニックはあると思います。でも、ライト級では僕の方がキャリアはある。だから内田選手には階級の違いをしっかり見せたい。
──ビクトリージムで同門の石原將伍選手が一歩先にチャンピオンになりました。大きな刺激になっている?
永澤 僕は2度目の挑戦で獲れなかったけど、石原は獲った。僕の方が4歳年上なので、「自分は何をやっているんだろう」という思いはありますね。仲間ですけど、そこは意識しています。

○内田雅之(藤本)直前インタビュー「自分の闘いをすれば、必ず勝てる」
――試合が近づいてきました。
内田「コンディションは最高にいいですね。試合のイメージもしっかり出来ていてバッチリです。練習では、自分の戦い方を固めていくようなスパーリングを多めにしてしています」

――キャリアが50戦近くある中でそこに重点を置いているのはなぜですか?
内田「今自分に必要なものは何か?を考えた時に、辿り着いたのが自分の戦い方を見つめ直すことでした。以前からどういうふうに戦えば自分にとっていい動きが出来るのかを志向錯誤しながら今までやってきました。毎回 思い描いているものは変わってきていて、それに対して自分は何をしないといけないのかを考えてスパーリング、練習に取り組んでいます。以前よりは倒しにいくイメージの戦い方にはなっていると思います」

――対戦相手の永澤サムエル聖光選手についてはどのような印象がありますか。
内田「前回1月の自分の試合の後に試合(vsヨーペットJSK)をしていて、その試合を見たところ相手の戦い方に合わせてくるような印象があるので、自分はどう出るかを考えながら練習してきました」

――永澤選手と過去に対戦している、ジムの後輩の勝次選手からアドバイスは?
内田「勝次とマススパーをして対策を練っているので準備は万端です。永澤選手は勝次の顔面を骨折させたというエピソード を持っていますが、打ち合いの中でのものなので、それは自分は特に意識していません。自分の戦いをすれば必ず勝てるという自信があるので怖さもありません」

――勝次選手は判定勝ちしていますが、試合内容や結果を意識してますか?
内田「最終的にKO勝ちできるような戦い方を心掛けています」

――フェザー級からライト級に階級を上げて3戦目になります。
内田「フェザー級にいたときに出来ない動きがライト級では出来ます。リングに上がったときに力がみなぎって活き活きする感じがします。身体の重さは感じないですし、凄く動けます。何で今までフェザー級にこだわっていたんだろうという後悔が出始めました。自分の中では節制すれば絶対にフェザー級でもやっていける自信 があったのですが、筋肉量が増えて年齢も重ねていくと、それに合った階級に変えていかないといけないのかなと思いますね。今の状態ではライト級がベストです」

――今回ランキング戦ということですが、ライト級1位の永澤選手に勝てば次はライト級王者の勝次選手とタイトルを懸けて同門対決もあるのでしょうか。
内田「周りの人も同門対決のことを言ってくるのですが、それはないと思います。新日本のライト級のベルトも大事ですが、自分にとっては通過点。世界タイトルやラジャダムナンといったタイトル挑戦や他団体の強い選手との対戦を見ています。目の前の一戦一戦を勝ち抜いていけば先は見えてくると思います」

――最後にファンにメッセージをお願いします。
内田「前戦 よりはいい動きが出来ると思うので試合を楽しみにしていて下さい」

■ 新日本キックボクシング協会『WINNERS2018 2nd』 
日時:2018年5月13日(日)16:45開場 17:00開始
会場:後楽園ホール
主催:治政館
認定:新日本キックボクシング協会
後援:東京スポーツ/NPO法人 国際キックボクシング文化振興協会
チケット
SRS¥20,000 RS¥15,000 S¥10,000 A¥7,000 B¥5,000 立見¥4,000(当日のみ販売)
問い合わせ:治政館ジム 048-953-1880

<第13試合ダブルメインイベント 日泰国際戦59㎏契約3分5R>
石原將伍(日本フェザー級チャンピオン/ビクトリー)
 vs.
ケンスワン・サシプラパー(元BBTVスーパーバンタム級4位/タイ 20歳 75戦50勝25敗)

<第12試合ダブルメインイベント 日本ウェルター級王座決定戦3分5R ※王者渡辺健司選手の王座返上により>
戦となりました。
政 斗(日本ウェルター級1位/治政館)
 vs.
リカルド・ブラボ(日本ウェルター級3位/伊原道場アルゼンチン支部)

<第11試合セミファイナル 日本ライト級ランキング戦3分3R>
永澤サムエル聖光(日本ライト級1位/ビクトリー)
 vs.
内田雅之(日本ライト級2位・元日本フェザー級王者/藤本)

<第10試合59㎏契約 3分3R>
新 人(WBCムエタイ日本統一フェザー級チャンピオン/NJKF・E.S.G)※35戦22勝12敗1分(5KO)
 vs.
皆川裕哉(日本フェザー級4位/藤本)

<第9試合日本ミドル級 3分3R>
今野顕彰(日本ミドル級1位/市原)
 vs.
齋藤智宏(覇王初代スーパーウェルター級王者/Ys.kキックボクシング)

<第8試合日本フライ級ランキング戦 3分3R>
幸 太(日本フライ級2位/ビクトリー)
 vs.
空 龍(日本フライ級5位/伊原道場新潟支部)

<第7試合日韓国際戦 55㎏契約 3分3R>
馬渡亮太(日本バンタム級2位/治政館)
 vs.
チェ・ジェヨン(韓国)

<第6試合 日本バンタム級ランキング戦3分3R>
阿部泰彦(日本バンタム級3位/JMN)
 vs.
田中亮平(日本バンタム級6位/市原)

<第5試合日本フライ級 3分3R>
細田昇吾(日本フライ級3位/ビクトリー)
 vs.
山野英慶(日本フライ級/市原)

<第4試合63㎏契約 3分3R>
興之介(日本ライト級/治政館)
 vs.
内田将仁(日本ライト級/Ys.kキックボクシング)

<第3試合 日韓国際戦58.5㎏契約3分2R>
瀬川 琉(日本フェザー級/伊原道場稲城支部)
 vs.
イ・サンウ(韓国フェザー級/韓国)

<第2試合日本ウェルター級 3分2R>
モトヤスック(日本ウェルター級/治政館)
 vs.
秋山勇太(日本ウェルター級/INNOVATION・真弘館)

<第1試合日本ライト級 3分2R>
又吉淳哉(日本ライト級/市原)
 vs.
安川侑己(日本ライト級/志村道場)

△4・15新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』
’18年04月26日号人間発電所 大巨人 NY帝王 新日武道館 森井洋介 江幡塁 中島安里紗

2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック
週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック
2017
▼新日本キックボクシング新春第一弾1・8『WINNERS 2017 1st』

17年01月19日号オメガ棚橋田上DSWマクレガーMハントUFC提訴新日キック志朗


▼日本タイトル2試合は王者・重森、斗吾が防衛!新日本キックボクシング協会3・12『MAGNUM43』

【easypay電子書籍】’17年03月23日号テレ朝総選挙新日尼崎パンクラス新日キック巌流島ファイプロ


▼4・16新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 21』後楽園ホール大会!

【easypay電子書籍】’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島


▼5・14新日本キック『WINNERS2017 2nd』日本タイトル王座交代!
href=”https://miruhon.net/69025″>週刊ファイト5月25日新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC
▼7・2新日本キックボクシング協会『MAGNUM 44』後楽園ホール

【easypay電子書籍】’17年07年13日号WWE両国新日USA全日新木場漫画ギャビIGFパンクラス新日キック


▼8・27 新日本キックボクシング協会『WINNERS2017 3rd』
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・17新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 22』後楽園ホール大会!
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼10・22(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 45』後楽園ホール大会
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死
▼11・19(日)新日本キックボクシング協会ディファ有明最終大会『KICK Insist7~Thank you.Our sanctuary Differ Ariake~』
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼12・10(日)新日本キックボクシング協会2017年内最終興行『SOUL IN THE RING 15』後楽園大会!
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タ
2018
△1・7(日)新日本キックボクシング協会2018年新春第一弾大会『WINNER2018 1st』
’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1
△3・11新日本キックボクシング協会『MAGNUM 46』後楽園ホール
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦