直前インタビュー!!~4・15(日)新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』後楽園ホール大会!

 4月15日(日)東京・後楽園ホールで開催される新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』出場選手の直前インタビューが届いた。

第12試合 日韓国際戦56kg契約 3分5R 江幡 塁 ( WKBA世界スーパーバンタム級王者/ 伊原道場本部) vs. ユン・ドクジェ( MAX FC 57kg級王者/韓国)
☆江幡 塁(伊原道場本部)直前インタビュー
――試合が近づいてきました。
「昨年12月以来の試合(宮元啓介戦)になるので、試合間隔が空いた分、調子良く仕上がっています。前戦では日本人対決をやらせていただき刺激のある1年になりました。自分の中で新たに成長できるような学んだ部分がたくさんあったので、今回それをしっかり練り上げてきました」

――練習ではどういうところを強化してきたのでしょう。
「今まではタイ人を相手に倒すパターンを練習してきました が、それ以外にも何パターンか作ってきたので倒せる幅が広げられたかなと思います」

――前戦となった宮元啓介戦は、2012年5月に志朗選手とやって以来の日本対決でした。タイ人選手との連戦が続く中で、日本人選手と対戦するとやりづらいという選手もいますが、どうでした?
「そうですね。ですが、そこまでやりにくいとは感じずに、ああこういうもんなんだなと。タイ人と比べて単調な攻撃が多く、タイ人だとカウンターでヒジを合わせてきますが、日本人はアグレッシブな選手が多いです。もっと自分からアグレッシブな攻めを見せても良かったかなと思います」

――宮元選手の三日月蹴りで下がる場面がありました。
「初めてのパターンだったのでいい勉強になりました。 道場には空手の選手もいるのでスパーリングで受けてもいたのですが、やはり試合となると違うものですね。あと、KNOCK OUTのリングは新日本のリングと比べて小さかったので不慣れな部分もありましたが、5Rフルに戦うことでリングに慣れました。今度はもっと面白い試合が出来ると思います。僕たちはムエタイの500年の歴史がある中でベルトを獲って革命を起こそうというモチベーションでやっています。そういう目標を持ちながら日本人のトップクラス選手を倒すことで力を証明できたので夢に向けてつながっている試合にもなっていると思います」

――今回の相手、韓国のユン・ドクジェ選手についてはどのような印象がありますか。
「映像を見たところ、出入りの速いスピードある選手だなと。結構気持ちの強い選手だったので、観ているお客さんに楽しんでもらえる試合になると思います」

――ドクジ ェ選手は過去に加藤竜二さん(引退)とドロー、貴・センチャイジム選手に勝っています。
「そういう選手と比較される試合になりそうですね。タイ人とは違うパターンで来ると思うので、色んな技を試してみたいと思います。長身の選手なので、またハイキックで倒せたら気持ちいいでしょうね」

――兄の睦選手は最近パンチを磨きをかけてますが、塁選手は蹴りなんですね。
「そうですね。パンチもいいのですが、蹴りの方が綺麗に倒せるかなと」

――今年初戦をクリアーして、どういう1年にしたいですか?
「今年はタイ人以外に、日本人と対戦する機会も増えてくると思うので、普段見たことがない人にもキックボクシングの魅力を伝えられるような試合を1年を通して やっていきたいと思います。もうじきタイのベルトにも近づけるような試合も組まれると思うので、夢を現実に出来る1年にもしたいと思います」

――最後にファンにメッセージをお願いします。
「対戦相手は気持ちが強いので盛り上げる試合になることは間違いないです。しっかりKOしてメインを締めたいと思います」
(新日本キックボクシング協会広報部)


第11試合 日韓国際戦56kg契約3分5R 重森 陽太(前日本フェザー級王者 / 伊原道場稲城支部) vs. ウ・スンボム( KMMAF韓国60kg級王者/ 韓国 )
☆重森陽太(伊原道場稲城支部)直前インタビュー
「タイの空気を日本で作りたい」

──3月に大学を卒業し4月から社会人キックボクサーになりました。その心境は?
重森 まだまだ『日本設計工業』に入社をしてから日が浅いので、不安な気持ちがありますが、キックボクサーとしては安心しました。現役を続けられなくなる理由はケガや年齢だけではありません。高校生の頃、意外と金銭面も理由の1つとなっていることに気づきました。就職して社会人キックボクサーとなったことで仕事も頑張らなければいけない。矛盾するようですが、社会人になったことで思い切りキックボクシングと向き合うことができます。今まで私を支えてくれた多くの人と、私を受け入れてくださった日本設計工業の皆様に良い影響をキックボクシングを通じて与えられたらいいと思っています。

──新入社員としてどんな仕事を任されている?
重森 まだ研修中で仕事という仕事は出来ていませんのでなんとも言えませんが、学生に向けて会社の説明や企業説明会等に少しずつ参加をして行って欲しいとのお話があります。私は大学4年生の春に多くの説明会に足を運びました。その多くの説明会の中でく知らなかった業種の会社を説明会で惹かれて選考に進みました。学生の皆さんに新しい選択肢を与えられるようにわかりやすく、興味を持ってもらえるような説明をしたいと思います。

──御社の顔として頑張ってください。練習スケジュールの変化もある?
重森 会社に応援をしてもらっているので大きな変化はありません。むしろキックボクシングを多くの人達の支えがあってこそできているという事を実感することができ、練習に身が入っています。

──半年ぶりにホームリングで闘う心境は?重森 半年前のホームリングでは納得のいく試合をすることが出来なかったので(10月22日、VS森下翔陸)、今回の試合には気持ちが入っています。久しぶりに帰って来るような感じがしてホッとします。試合をしに戻るのですが(笑)。

──今年の初戦となったKNOCKOUTでの宮越慶二郎戦は引き分けに終わりました。
重森 完全に勝ったと思っていたのですが、宮越選手に1人、ドロー1人、僕に1人という判定でしたので良かったところはよくわからないです。手数もヒット数も甘く見たとしても僕の方が上だと思うのですが…。次からは多少無理しても倒しに行こうと思います。宮越戦では実際にはポイントが付いていないのに、自分でポイントが付いていると思っていたところがありました。そのため自分が勝手に優位だと思って動いてしまった。求められていることはやはりKO勝ちですので、この試合をポジティブに捉えて倒す技や倒す流れを身に付けるよう練習メニューを少し変えました。宮越戦の引き分けは、僕が見ていて面白く、対面して恐ろしい選手になるための引き分けだったと思います。

──ポジティブですね。今回対戦するウ・スンボムの印象は?
重森 名前を検索したら駿太選手と試合をしたことしか出てきていないのでわからないです。5ラウンドあるし、しっかり攻略はできると思います。

──どんな勝ち方を望む?
重森 ゴングが鳴るまで相手の情報がないままなので、少しずつ攻略していく流れを楽しんでいただきたい。最近武器が少しずつ増えてきましたので、どんな勝ち方と言われると迷いますね(笑)。ザックリで良ければKO勝ちです。

──自分のどんな部分を見てほしい?
重森 倒せる選手と言ったけど、倒せる選手=ファイターという概念をなくすような選手になりたい。前も出れるし、下がりながら試合の展開もできる、そして崩しやキャッチなどキックボクシングならではの魅力を僕がファンの皆様に伝えたいと思っています。やはり盛り上がる試合は殴り合いですが、ムエタイで盛り上がる試合は蹴り合いです。タイの空気を僕は日本で作ります。盛り上がる蹴りを期待してください。是非僕が蹴る時は声を出して盛り上がってください! そのためにフルラウンド蹴り続けます。

──社会人キックボクサーとしての今後は?重森 社会人キックボクサーではなく、社会人とキックボクサーです(笑)。会社にいる時はキックボクサーという目で見られないで社会人。キックボクシングしている時に「あのサラリーマン、動けるな」というのではなくキックボクサー。仕事をしている時は社会人として一人前になれるように精進しようと思っています。目標としてはキックボクサーだと思われないようしっかりとした仕事をしたいです。またキックボクサーとしてはキックボクシング一本だと思われるようなパフォーマンスをしたいですしそうなるべきだと思っています。どちらもしっかりと結果を残したいです。

──年内に闘いたい相手は?
重森 協会内ではライト級に上げたのでタイトルマッチがしたい。ライト級タイトルマッチでもうれしいですが、新日本キックボクシング協会にはWKBA世界タイトルがあります。そのベルトでも十分面白くなると思いますし、WKBAの価値が高まる一戦になると思います。KNOCKOUTでは森井選手と闘いたい。まだ出場は決まっていませんが、10月からアジアトーナメントが始まります。そこで森井選手に勝って優勝するのが一番良いですね。
(インタビュー 布施鋼治)


第10試合 70kg契約 3分5R 緑川 創 ( 前日本ウェルター級王者 / 藤本ジム ) vs. アニバル・シアンシアルー( スダメリカーナムエタイ2014王者/伊原道場アルゼンチン支部)
☆緑川 創(前日本ウェルター級王者/藤本)直前インタビュー
これから最高の自分を作っていくだけ
──4勝2敗で終わった2017年を振り返っていただくとどんな感じ?
緑川 大事な試合で2つ負けてるので最悪の年でしたが、そのおかげで自分に足りないところがわかって、今それを中心に練習してました!!

──今回は4か月ぶりの試合。インターバル中には、どんなことを重点的に練習してきましたか?
緑川 30歳を過ぎたこともあるので、体作りと動きのチェックですね。その中でもいろいろ考えて練習してました。

──アニバル選手についての印象は?
緑川 なんもわからない(苦笑)。試合映像も見ていないのでなんともいえない。パワーや技術面では負けないと思いますが、南米人特有のパワーだけには気をつけたいと思います。

──どんな試合をイメージする?
緑川 どんな形であれ、一方的に倒しに行きます。お客さんには僕の動きや心意気を見てもらいたい。

──決戦先日にKNOCKOUTで組まれている宮越宗一郎VST-98の行方は気になる?
緑川(T-98に勝っているけど)宮越選手には負けてますからね。ここから最高の自分を作っていくだけです。

──国内の70㎏級戦線で自分が最も優れていると思う点は?
緑川 去年は久しぶりに倒れましたが、そもそも僕は頑丈ですかね。KO負けは一度もないし。パンチ技術やスピードなら負けない。

──海外の70㎏ファイターで闘ってみたい相手は?
緑川 誰といわれるとわからないけど、タイのトップはもちろん、クンルンファイトとかに出ている選手ともやりたいですね。自分がどれだけ強いかがわかると思う。

──最後に今年の目標を教えてください。
緑川 全勝全KO! その中でラジャダムナンスタジアムの王座挑戦もできたらやりたいですね。
(聞き手・布施鋼治)


第9試合スペシャルエキシビジョンマッチ  勝次(日本ライト級王者/藤本)EX  HIROYUKI(日本バンタム級王者/藤本)・皆川裕哉(日本フェザー級4位/藤本)
☆勝次(藤本)インタビュー
KNOCKOUTが開催するアジアトーナメントの一回戦で森井に雪辱したい。

──天下分け目の一戦となった森井洋介戦は残念な結果に終わってしまいました。その後どのように気持ちを切り換えました?
勝次 気持ちの切り替えですか…。その日は負ける事を考えてなかったので、全ての予定が狂いましたね。本来はベルトを持ってそのまま(両国国技館から後楽園ホールでやっていた)協会の興行に行くつもりでしたが、正直悔しいという実感もなく『自分は何やってたんだ?』と自問自答をずっと繰り返してました。それから負けたんだって実感して、だんだんと悔しい気持ちが込み上げて来た。動画を見て負因、要因を考えながら、悔しい日々を過ごしてきました。『絶対にリベンジしてやる』って気持ちで自分で自分を研究して練習してるだけです。気持ちの切り替えなんて綺麗事はないです。今でも悔しいだけです。

──失礼しました。ケガやダメージはなかったんですか?
勝次 トーナメント始まってからケガやダメージは蓄積される一方でしたよ。トーナメントが終わってから完全に治しゆっくりしたいと思いました。

──それはそうと、今回はなぜ実戦ではなくエキシビションマッチなのですか?
勝次 今回のエキシビションは伊原代表からの提案でした。トーナメント終わって年明けに伊原代表が気に掛けてくれて話す機会を設けてもらったというか誘ってくださったんです。そこで今後の再起に関して話し合いました。ケガとダメージを取り除いてから少しづつ復帰する提案をいただけまして、試合感覚が鈍らない程度に調整してやっていこうと伊原代表から激と喝を注入されました。

──いい話ですねぇ。その結果、キックでは珍しい1VS2のハンディキャップマッチになったことについては?
勝次 エキシビションの相手は同門の2人とすることになりましたが、馴れ合いなんかはせず目黒の伝統に従い″いかなる時も倒す気迫で!″で行きたいと思います。これを忘れずにやりたい。相手となる2人が気を抜けない状況にしたかった。

──今回のエキシビションを通じて何を伝えたい?
勝次 僕はまだまだ発展途上でこれからももっともっと強くなるってことをアピールしたいですね。「勝次はKNOCK OUTのトーナメントがピークだった」なんて思わせない、これからもどんどん練習して強くなって行くので今後は今までと変わらず、いやもっと応援して貰える様にアピールしたいですね。

──実戦での復帰はいつになりそう?
勝次 本格復帰は7月8日、後楽園ホールで開催の新日本キックボクシング協会のリングになります。年頭に伊原代表が考えてくれたプランに沿って完全復活をしたいと思ってます。伊原代表には「強い相手を呼んで来るからな」と言ってもらえたので、これからを賭ける一戦るなると信じて臨みます。

──最後に今後の目標を教えてください。
勝次 まずは伊原代表に声をかけてもらえたように世界に通用する自分である事を応援してくれる方々に解って貰いたいです。そしてリベンジですね。KNOCK OUTプロデューサーの小野寺(力)さんから声がかかればいつでもKNOCK OUTのリングに上がる準備、そして森井選手との再戦をアピール出来る試合をする準備は虎視眈々と狙ってます。KNOCK OUTライト級アジアトーナメントが開催される話も耳にしてますのでその1回戦で森井選手と組まれても良いと思ってます。1回戦で森井選手を倒して僕が優勝する。そんな事も考えてます。そうやって勝ち進んで行けば応援してもら貰えてる方々に満足して貰えることにもつながるので、今年の目標としては是が非でも叶えたい現実であります。(スポーツライター 布施鋼治)


第8試合セミファイナル 73.5kg契約 3分3R
斗 吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)vs 任 朝恵(元TENKAICHIキックミドル級王者)
☆斗 吾(伊原道場本部)直前インタビュー
72㎏にこだわりたい。

――試合が近づいています。調子はいかがですか。
(斗吾)「いつも通りいい感じで仕上がっています。練習では(伊原信一)会長から厳しく見ていただいて、常に自分と向き合って気持ちを強くしていくように言われています」

――前戦の3月大会を振り返っていただきたいのですが、昨年12月に引き分けた齋藤智宏選手と対戦し、2R1分1秒TKO勝ちと短期決着でした。
(斗吾)「3Rみっちりいくのかと思いましたが、倒すことに必死でした。12月の試合が終わってからずっと齋藤選手のことばかり頭にあって眠れないぐらいでしたね 。それが試合結果につながったんだと思います。今まで50戦近く試合をやってますが、ここまで相手のことばかり考えた試合はありません。前回の引き分けが物凄く悔しく、このままでは終われないと思ったので会長にまた同じ相手で試合を組んでいただいて感謝しています。ああいう結果で自分自身にすっきりしましたし、自信を持つこともできました」

――今回の相手、任朝恵選手についてはどのような印象を持っていますか?
(斗吾)「沖縄を主戦場にしている選手なのでなかなか情報が入らなかったのですが、パンチも蹴りも両方できる選手なので、凄く面白い試合になると思います」

――以前には、ミドル級の他団体のチャンピオンと対戦していきたいと言われれていました。
(斗吾)「他団 体の元チャンピオンということでモチベーションは上がっています。70㎏級が盛り上がっていますが、自分がミドル級=72㎏級ももっと面白いというのを見せていきたいですね」

――70㎏級に階級を落とすと選手層も厚くなると思うのですが、斗吾選手は72㎏級にこだわりがあるのでしょうか。
(斗吾)「こだわります! 70㎏だと減量がきついですし、自分のベストは72㎏なんです。次の試合をクリアーしたら、ベルトをもう一本狙いたいですね。あと変わらず、他団体のミドル級の選手とどんどんやっていきたいです」

――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
(斗吾)「いつも熱い応援ありがとうございます。4月の試合でも倒せるように、斗吾らしい試合を出来るように皆さん の応援よろしくお願いします。毎試合そうですが、試合に懸ける想いを見て下さい」

(新日本キックボクシング協会広報部)

■新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 23』
日時 2018年4月15日(日)開場16:45 開始17:00
開場 東京・後楽園ホール      
主催 伊原道場
認定 新日本キックボクシング協会
後援 東京スポーツ
★チケット★
SRS席¥20,000 RS指定¥15,000 S指定¥10,000 A指定¥7,000 B指定¥5,000 立見¥4,000
問い合せ:(株)伊原プロモーション TEL:03-3780-1338

<第12試合 日韓国際戦56kg契約 3分5R>
江幡 塁 ( WKBA世界スーパーバンタム級王者/ 伊原道場本部)
 vs.
ユン・ドクジェ( MAX FC 57kg級王者/韓国)

<第11試合 日韓国際戦56kg契約3分5R>
重森 陽太(前日本フェザー級王者 / 伊原道場稲城支部)
 vs.
ウ・スンボム( KMMAF韓国60kg級王者/ 韓国 )

<第10試合 70kg契約 3分5R>
緑川 創 ( 前日本ウェルター級王者 / 藤本ジム )
 vs.
アニバル・シアンシアルー( スダメリカーナムエタイ2014王者/伊原道場アルゼンチン支部)

<第9試合 スペシャルエキシビションマッチ>
勝次 ( 日本ライト級王者 /藤本ジム ) EX  HIROYUKI ( 日本バンタム級王者/ 藤本ジム ) 皆川 裕也 ( 日本フェザー級4位/ 藤本ジム )

<第8試合 73.5kg契約 3分3R>
斗吾 ( 日本ミドル級王者/伊原道場本部)
 vs.
任 朝恵 ( 元TENKAICHIキックミドル級王者/ワイルドシーサー沖縄)

<第7試合 59kg契約 3分3R>
葵 拳士郎 (INNOVATION日本スーパーフェザー級王者 / マイウェイジム)
 vs.
髙橋 亨汰 ( 日本フェザー級1位/伊原道場本部)

<第6試合 ミドル級 3分3R>
Tomo( TENKAICHIキックミドル級王者 /天下一道場沖縄)
 vs.
本田 聖典 ( 日本ミドル級2位/伊原道場新潟支部)

<第5試合 ライト級 3分3R>
ジョニー・オリベイラ ( 日本ライト級5位/トーエルジム)
 vs.
千久 ( 日本ライト級13位 /伊原道場本部)

<第4試合 ライト級 3分3R>
渡邉 涼介 (日本ライト級6位/ 伊原道場新潟支部)
 vs.
大月 慎也((日本ライト級7位/ 治政館ジム)

<第3試合 日本ウエルター級 3分3R>
涼介 (J-NETWORKウェルター級10位/不死鳥ジ ム )  
 vs.
ワンパンマン浦野 ( 名護ムエタイスクール) ※春樹( 日本ライト級4位/横須賀太賀ジム) より変更

<第2試合 ライト級 3分2R>
林 瑞紀 ( 日本ライト級 /治政館ジム)
 vs.
松崎 祐樹 (日本ライト級 /トーエルジム)

<第1試合 フェザー級 3分2R>
瀬川 琉( 日本フェザー級/藤本ジム )
 vs.
小田切 健吾 ( 日本フェザー級/マイウェイジム)

▼3・11新日本キックボクシング協会『MAGNUM 46』後楽園ホール
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦

2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斎藤大阪謎新日キック
週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック
2017
▼新日本キックボクシング新春第一弾1・8『WINNERS 2017 1st』

17年01月19日号オメガ棚橋田上DSWマクレガーMハントUFC提訴新日キック志朗


▼日本タイトル2試合は王者・重森、斗吾が防衛!新日本キックボクシング協会3・12『MAGNUM43』

【easypay電子書籍】’17年03月23日号テレ朝総選挙新日尼崎パンクラス新日キック巌流島ファイプロ


▼4・16新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 21』後楽園ホール大会!

【easypay電子書籍】’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島


▼5・14新日本キック『WINNERS2017 2nd』日本タイトル王座交代!
href=”https://miruhon.net/69025″>週刊ファイト5月25日新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC
▼7・2新日本キックボクシング協会『MAGNUM 44』後楽園ホール

【easypay電子書籍】’17年07年13日号WWE両国新日USA全日新木場漫画ギャビIGFパンクラス新日キック


▼8・27 新日本キックボクシング協会『WINNERS2017 3rd』
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼9・17新日本キックボクシング協会『TITANS NEOS 22』後楽園ホール大会!
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥
▼10・22(日)新日本キックボクシング協会『MAGNUM 45』後楽園ホール大会
’17年11月02日号猪木生前葬新日3K中邑真輔ヤマモ酒江端塁蹴拳町田光ポーゴ殉死
▼11・19(日)新日本キックボクシング協会ディファ有明最終大会『KICK Insist7~Thank you.Our sanctuary Differ Ariake~』
’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼12・10(日)新日本キックボクシング協会2017年内最終興行『SOUL IN THE RING 15』後楽園大会!
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タ
2018
△1・7(日)新日本キックボクシング協会2018年新春第一弾大会『WINNER2018 1st』
’18年01年18日号RIZIN巌流島1・4新日星野監督金権PURE-J新日本キックWRESTLE-1