新日本キックボクシング協会『MAGNUM 43』後楽園ホール大会!メインクラス直前インタビュー!

新日本キック3・12後楽園大会に出場するメインクラスの直前インタビューが届いた。


スペシャルメインイベント 日泰国際戦56㎏契約3分5R 江幡塁(WKBA世界スーパーバンタム級王者/伊原道場本部)vs.ニランノーイ・ペップームムエタイ(元タイ クラビー県アーウナーンスタジアム王者/タイ)
江幡塁選手直前インタビュー

1.2017年の初戦となるMAGNUM43後楽園大会が目前となりましたが、昨年10月大会(vsセーンピチット)からの試合となりますが現在の調子はいかがですか?
→(以下、江幡選手)はい。10月の勝利を終えたあと、リングでラジャのベルトに挑戦するチャンスが欲しいとアピールもしたので、今年はそのつもりで身体の調節をしています。

2.その昨年10月大会から今回の試合まで約5ヶ月間練習する期間がありましたが、江幡選手自身はどんな点を意識して練習してきましたか。ファンの方々に今回の試合で是非ここを見てほしいなどありましたら。
→26歳になり、パワーがつき、身体つきもだいぶ変わってきました。パワーとスピードの両立を図りトレーニングしていて、よりパワーアップしたアグレッシブルな試合を観せることができると思います。

3.今大会もメインイベントに出場しニランノーイ・ペップームムエタイ(元クラビー県・アーウナーンスタジアムチャンピオン/タイ)との対戦となりましたが、対戦相手の情報などはありますか。どんな特徴の選手がわかりましたら教えて下さい。
→首相撲が得意の選手で、前にプレッシャーをかけながら戦うムエタイファイターと聞いています。しっかり対応して破ります。

4.江幡選手には今年も協会を牽引する戦いが期待されていますが、御自身は2017年はどんな戦いをしていきたいと考えていますか。2017年の具体的な目標など聞かせて下さい。
→今年は勝負の年。不可能と言われているこの、階級でラジャのベルトを獲ります。


日本ミドル級タイトルマッチ 斗吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)vs今野顕彰(同級1位/市原)
斗吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)インタビュー

1. 新日本キックボクシング協会 MAGNUM43後楽園大会が目前となりました。今回は日本ミドル級タイトルマッチ(防衛戦)となりますが現在の調子はいかがですか?
→(以下、斗吾選手)今まで通り何も変わらず、順調に体調を整えています。

2.日本ミドル級タイトルマッチの防衛戦、挑戦者は同級1位 今野 明(市原)選手となりました。今野選手とは2015年9月20日に行われた日本ミドル級王座決定戦(斗吾選手が3RKOにて王座獲得)以来となります。負けられない一戦となりましたが。
→今野選手は僕に負けてから全ての試合をKOで勝っているので全く油断はしていません。

3.前回の対戦で王座獲得を逃した今野選手、そして市原ジム陣営が並々ならぬ決意で挑んで来ると思われますがいかがですか。対戦相手となる今野選手の印象なども聞かせて下さい。
→パンチとヒジが上手いと思います。
僕も10年かけて獲ったベルトなので死ぬ物狂いで守ります。
このベルトは僕のベルトです。誰にも渡しません。

4.タイトルマッチは毎回独特の雰囲気になり盛り上がりますが、今回の防衛戦はどんな試合展開になると予想していますか。また、防衛戦に向けて特別に取り組んできた事などはありますか。
→とにかく自分を磨いてきました。以上です。

5.では最後に日本ミドル級王座防衛戦に向けて意気込みをお願いします。
→皆さんいつも応援して頂きありがとうございます!
このベルトは僕のベルト、伊原道場のベルトなので誰にも渡しません。応援よろしくお願い致します。

今野顕彰(同級1位/市原)インタビュー
1. 今野選手、いよいよ日本ミドル級タイトルマッチが目前となりました。現在の調子はいかがですか。
→(以下、今野選手)現在の調子は良好です。
現在は、まだまだ練習強度を高くしている最中ですが、試合当日には最高の状態でリングに上がれるように調整していきます。

2. 斗吾(日本ミドル級王者/伊原道場本部)選手とは2015年9月20日に行われた日本ミドル級王座決定戦(斗吾選手が3RKOにて王座獲得)以来の再戦となります。今野選手としては遂にリベンジのチャンス到来ですがタイトルマッチが決まった時の心境はいかがでしたか。
→そうですね。 1年半前にやってからこの日の為に生活の全てを向けて来ました。途中現在5連勝5koでこの試合に臨める事になったのですが、途中いつまで経ってもタイトルマッチを組んで貰えなかったのでモヤモヤした時期もありましたが、思い返せば、その時に貰った時間で得るものはたくさんありましたし、心身共に最高の状態まで持って行く状態が出来ました。試合が決まった瞬間に自分の感覚では勝つ事はわかっている状態だったので、今度のタイトルマッチはすでに自分の中では次の通過点のような状況になっています。

3. 王者 斗吾選手も防衛戦ということもあり相当な仕上がり具合で今野選手の挑戦を受けて立つと思われますが、今野選手はこのタイトルマッチに向けて今までと違う取り組み(練習)まどはありましたか。
→今回の試合に対しての取り組みはいつもと変わりません。しかし、1年半前に斗吾選手とやってから様々な新しい取り組みを始めました。テクニック的な取り組み、競技的な取り組みもそうですが、1番は「自分自身としっかりと向き合う」という事を始めて、自分の内面的な事をコントロールするというか、意識出来るようにしました。その結果は試合の結果に出ていると思っています。全ての環境が整った状態であると思います。

4.タイトルマッチは毎回独特の雰囲気になり盛り上がりますが、今回のタイトルマッチも序盤から相当な打ち合いが予想されますが今野選手はどんな試合展開になると予想していますか。
→そうですね。お互いの気持ちがぶつかるので熱い展開になるのは間違いはないと思っています。今回はその試合展開が勝負の鍵になると思うので内緒です 笑 しかし、斗吾選手もKOの多い選手。自分もKOが多いです。準備としてはKOになっても判定になっても自分が勝つ事になると思います。むしろ展開事態は見る方も楽しみにしていて貰いたいです。

5. では最後に日本ミドル級王座防衛戦に向けて意気込みをお願いします。
→自分にとっても3度目の日本王座挑戦。そして今年で34歳ですが、前回の試合から脱サラしての挑戦。我が家は妻も元プロキックボクサーで他団体ですがj-girlのフェザー級1位まで行きましたが、日本王座に何回か挑戦しましたが手が届かずに怪我をして引退しました。今回、今野家にベルトを持ち帰る事が自分の使命だと思っています。全ての思いをかけてベルトを取りに行きます。


日本フェザー級タイトルマッチ 重森陽太(日本フェザー級王者/伊原道場稲城支部)vs 瀬戸口勝也(同級4位/横須賀太賀)
重森陽太(日本フェザー級王者/伊原道場稲城支部)
1.新日本キックボクシング協会事務局 MAGNUM43 3・12後楽園大会では日本フェザー級タイトルマッチ(防衛戦)となりますが現在の調子はいかがですか?
→(以下、重森陽太選手)減量も練習も今回はかなり早くから準備をして来ましたので早く試合がしたいという気持ちです。調子も良く最高の動きができると思います。

2.そして今回対戦するのは同級4位の瀬戸口勝也(横須賀太賀)選手となりました。対戦が決まった時の心境はいかがでしたか。
→最初は契約体重でという話で来ていたのですが瀬戸口さん以外のフェザー級のトップクラスの選手とはある程度もう試合をしているのでタイトルマッチでやろうと提案しました。いつかやると思っていました。

3.では、対戦相手となる瀬戸口選手の印象は。パンチの瀬戸口選手との試合はどんな試合展開になると予想していますか。
→やはり何と言ってもパンチですね。パンチが重く硬いという印象です。ただ印象よりも受けたらずっとキツイパンチだろうなと予想しています。5ラウンド上手く立ち回れば楽に勝てると思いますがそんな試合面白くないのでしっかり倒しに行きます。

4.そして防衛を達成した後の重森選手の今後の野望など聞かせて下さい。
→昨年は二回ラジャダムナンスタジアムで試合をさせていただきました。結果を残すことが出来ませんでしたが今年こそしっかりと結果を残したいです。具体的にはランカーにタイの試合で入れるように考えています。ラジャダムナンスタジアムでのベルトを目指す事もですが日本人との試合もして行きたいです。自分の立ち位置を再確認するためにも日本人との試合は大切なものだと考えております。せっかく今はたくさんの団体があるので他団体のチャンピオンとの絡みもたくさん欲しいです。そしてこれからは自分が協会を引っ張っていけるような選手になりたいです。

5.では最後に日本フェザー級王座防衛戦に向けて意気込みをお願いします。
→瀬戸口選手は重い一撃があるとてもいい選手だと思います。そして気持ちが強く面白い試合をする選手だと考えております。その瀬戸口選手に引けを取らないくらいにパワーとテクニックで試合を盛り上げたいです。お互いにKOを狙っていることですので熱い試合になること間違いなしです。応援宜しくお願い致します。

挑戦者 瀬戸口勝也(同級4位/横須賀太賀)
1.新日本キックボクシング協会 MAGNUM43 3・12後楽園大会では遂に日本フェザー級タイトルマッチとなりましたが挑戦が決まった時の心境は。
→(以下、瀬戸口勝也選手)率直に嬉しかったです。また、重森選手は以前から対戦したい選手だったので、大変光栄に思っております。

2.そして今回対戦するのは日本フェザー級王者 重森陽太(伊原道場稲城支部)選手となりましたが、重森選手の印象は。
→攻撃のキレが凄いなと思っております。あとは物凄くクレバーな選手だと思っております。

3.今回はパンチの瀬戸口選手が長いリーチを活かした戦いを見せる王者 重森選手にどんな戦いを見せるのか注目なのですが、今回の試合に向けて特別な対策や練習などはされましたか。言える範囲でいいので教えて下さい。
→毎回、相手に合わせて特別な練習は行いません。皆さんお分りだと思いますが、私はそんなに器用な選手ではないので。いつも通りやらせてもらいます。

4.瀬戸口選手と言えばパワフルなパンチのイメージがあるのですが、そのパワフルなパンチへのこだわりやファンの方々へ試合ではここを是非、注目して欲しいなどありますか。
→以前、蹴りを蹴ったら「蹴りはいらない!」と野次られた事があるので、ご期待に添えるために「絶対に倒す!!」という念を込めて打ちにいってます。当たれば倒れるという自信を持ってやってるので、今回も、もちろん倒しに行きますよ!

5.では最後に日本フェザー級タイトルマッチに向けての意気込みをお願いします。
→観に来て頂いた皆様に「新日本キックボクシング協会最高!!」と思って頂けるような試合をしたいと思っております。王者、重森選手は素晴らしい選手ですが、当日は確実に仕留めようと思っております。どうか、当日は会場で、スリリングな試合展開をお楽しみ下さい。


緑川創(元日本ウェルター級王者/藤本)vs.タナチャイ・ソー.ラックチャート (元ルンピニースタジアム・ライト級7位、元ラジャダムナンスタジアム・ライト級9位/泰国)
1.2017年初戦となる3・12後楽園大会が近づいてきましたが、調子はいかがですか。→(以下、緑川選手)かなり順調です!
動きも良いですし、後は試合まで気を抜かずに集中することです!!

2.緑川選手、遂にTwitterデビューをしたようですね(笑)。ファンの方々は緑川選手から情報発信されるのは嬉しいですよね。小鉄ネタに負けないようにキックネタもお願いします(笑)緑川選手は選手から発信するSNSについてはどうお考えですか。
→普段や練習とかはやってないお客さんは見れませんからね。少しでも楽しんでもらえるようにプライベートや練習風景をあげるのは良いことだと思います。小鉄は溺愛してるのでしょうがないです。笑 実は最近少しブログをおこたってしまってます。笑 それも含めて全部ちゃんと発信したいです!

3. その緑川選手のTwitterでも動画がアップされていましたが、今回3・12後楽園大会で対戦するタナチャイ・ソー.ラックチャート(元ルンピニースタジアム認定ライト級7位、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級9位/タイ)との対戦となりましたが。タナチャイ選手の動画ではキックの連打の後、首狩りポーズもしてましたが。
→絶対にぶちのめします!!煽ってくれてありがとうって感じです!

4. 2017年の初戦を前に、緑川選手の2017年の具体的な目標(野望)などを聞かせて下さい。
→タイのチャンピオンはもちろんのこと、外にも色々と出て試合したいですね!!

5. では最後に3・12後楽園大会に向けて意気込みをお願いします。
→俺の試合に外れなし!という試合をしますので、応援よろしくお願い致します。

■ 新日本キックボクシング協会『MAGNUM43』
日時:2017年3月12日(日)16:45開場 17:00開始
会場:東京・後楽園ホール
主催:伊原道場
認定:新日本キックボクシング協会
協賛:ビレリジャパン株式会社
後援:東京スポーツ/GONKAKU/フィットネスショップ
チケット
SRS席20,000円 RS席15,000円 S席10,000円 A席7,000円 B席5,000円 立見4,000円(当日のみ)
問い合わせ先 (株)伊原プロモーション=TEL:03-3780-1338

<第11試合 スペシャルメインイベント 日泰国際戦  56㎏契約 3分5R>
江幡塁 (WKBA世界スーパーバンタム級チャンピオン/伊原道場本部)
 vs.
二ランノーイ・ペップームムエタイ (元クラビー県・アーウナーンスタジアムチャンピオン/泰国)

<第10試合 メインイベント 日本フェザー級タイトルマッチ 3分5R>
重森陽太 (日本フェザー級チャンピオン/伊原道場稲城支部)
 vs.
瀬戸口勝也 (日本フェザー級4位/横須賀太賀ジム)

<第9試合 メインイベント 日本ミドル級タイトルマッチ  3分5R>
斗吾(日本ミドル級チャンピオン/伊原道場本部)
 vs.
今野顕彰(日本ミドル級1位/市原ジム)

<8試合 セミファイナル 日泰国際戦 70kg契約 3分5R>
緑川創(前日本ウェルター級チャンピオン/藤本ジム)
 vs.
タナチャイ・ソー.ラックチャート (元ルンピニースタジアム・ライト級7位、元ラジャダムナンスタジアム・ライト級9位/泰国)

<第7試合 日泰国際戦 59kg契約 3分3R>
兼子ただし (日本フェザー級9位/伊原道場本部)
 vs.
タークバイ・ペップームムエタイ(泰国)

<第6試合 日泰国際戦 70kg契約 3分3R>
喜多村誠(前日本ミドル級チャンピオン/伊原道場新潟支部)
 vs.
ペッパノム・ペップームムエタイ(プーケット県パトンスタジアム・ウェルター級チャンピオン/泰国)

<第5試合 日本バンタム級 3分3R>
HIROYUKI(元日本フライ級チャンピオン、日本バンタム級2位/藤本ジム)
 vs.
若月勇磨 (イノベーション・バンタム級3位/マイウェイスピリッツ)

<第4試合 51.50㎏契約 3分3R>
泰史(前日本フライ級チャンピオン、日本フライ級1位/伊原道場本部)
 vs.
萩原秀斗 (WMC日本フライ級4位/エイワスポーツジム)

<第3試合 日本ミドル級 3分3R>
青木克眞 (日本ミドル級2位/トーエルジム)
 vs.
本田聖典(日本ミドル級3位/伊原道場新潟支部)

<第2試合 63.5kg契約 3分3R>
春樹(日本ライト級3位/横須賀太賀ジム)
 vs.
宮良好明 (Dreamgate65kgオープントーナメント優勝、Dreamgate65kg級チャンピオン/BRUSH)

<第1試合 日本ライト級 3分3R>
渡邉涼介 (日本ライト級5位/伊原道場新潟支部)
 vs.
大月慎也 (日本ライト級7位/治政館ジム)

☆新日本キックボクシング協会関連:併せて読むとよくわかる
2012
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
2013
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
2014
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島
2015
マット界舞台裏1月22日号ノア崩壊新日戦略REINA大特集Tブランチャード巌流島新日キック
マット界舞台裏3月26日号ノア奥底NJC広島決勝藤波WWE殿堂パンクラスKASSEN2安生洋二長瀬
マット界舞台裏5月28日号藤田x諏訪魔TNA高木ceo曙三冠ufc王者堀口巌流島道場紅大月x蘇我
週刊ファイト9月17日号DIVA華名REINA巌流島フジ坂口征二FoR長瀬館長Mマスカラス’78
週刊ファイト10月1日号榊原信行ベラトールDynamite新日岡山スターダム江幡睦ドン荒川
週刊ファイト11月5日号魔裟斗KID極限TBSノア西永失踪潮崎業界再編ホンマン新日キック
週刊ファイト11月26日号ロンダ黒星天龍引退Nボックウィンクル全日現象志田光新日キック
週刊ファイト12月24日号シング心RIZIN-IGF-UFC-WWE馬場元子曙パンクラス特大新日キック
2016
週刊ファイト1月21日号中邑事変2亜利弥’20周年W-1中国遠征-天山英雄新日キックRIZIN
蘇我英樹 完全燃焼の引退試合!!~4・10新日本キックボクシング協会『スーパーキック』
週刊ファイト5月26日号新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭り
週刊ファイト7月14日号WWE両国ノア年内Dream猪木狂虎大阪新日キック江幡塁UFC欠場
週刊ファイト9月29日号木谷キック全日王道連載2仲田龍Stardom巌流島K-1新日キック
週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック