日泰国際戦6×6対抗戦は日本側の1勝3敗2分と負け越し、木暮智引退~11・24新日本キック協会

131124NJKfinale.jpg
蘇我英樹が敗れ、フォンルアン・シッブンミーがフィナーレの記念撮影に収まった
 今回が3回めとなる「東日本大震災復興チャリティーイベント KICK InsistⅢ ~日泰国際戦6vs6」対抗戦は、新日本フェザー級の新鋭ランカー・石原將伍がKO勝ちした以外は、元NKBキック、APKFキックチャンピオンの栄基、新日本ランカーの拳士浪が判定負け。
 タイと日本を股にかけて活躍するユウスケ・エクシンディコンジム(大田原友亮)、新日本フェザー級ランカー・TATSUROが引分け。 トリの大将、東洋スーパーフェザー級チャンピオン・蘇我英樹もタイ・現役ルンピニーランカーの前にダウンも奪われ判定負け、日本側の1勝3敗2分と負け越した。
 タイ側の底力を示される結果になってしまったが、今の乱立する日本キック団体でここまでの一級戦を含むタイ選手と対抗戦が行える、新日本キック協会の「打倒ムエタイ!」路線に期待したい。
 また主催新日本キック加盟のビクトリージムの元新日本バンタム級チャンピオン・木暮智の引退エキシビションマッチも、現役時代のライバル元新日本フライ&バンタム級チャンピオン・深津飛成と2分2Rで行われた。エキシだが8オンスグローブに、2R目はレガースも外して実戦さながらに行われ、引退式を締めくくった。
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
■ 東日本大震災復興チャリティーイベント
 KICK InsistⅢ ~日泰国際戦6vs6マッチ~
日時:11月24日(日)
会場 ディファ有明 
<メインイベント(第15試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 60kg契約>
●蘇我英樹(市原/東洋スーパーフェザー級王者)
 判定0-3 ※蘇我に2R膝からの蹴りでダウン1、4Rカットによるドクターチェック有
○フォンルアン・シッブンミー(タイ/元オムノーイスタジアムバンタム級王者、ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級10位)
<セミファイナル(第14試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 54.5kg契約>
△ユウスケ・エクシンディコンジム(=大田原友亮/B-FAMILY NEO/UKF日本フライ級王者)
 引分0-1
△カメンノーイ・ゲッソンリット(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライトフライ級10位)
131124NJKkogure.jpg
木暮引退式でビクトリージムOBを含む集合写真
<木暮 智 ~引退記念エキシビションマッチ2分2R&引退式~>
木暮 智(ビクトリー/元新日本バンタム級王者)
vs.
深津飛成(伊原道場/元新日本フライ級&バンタム級王者)
※8オンスグローブ、2Rはレガースも外す
<セミファイナル(第13試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 58kg契約>
●拳士浪(治政館/新日本フェザー級3位)
 判定0-2
◯アピデット・ゲッソンリット(タイ)
<セミファイナル(第12試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 59kg契約>
△TATSURO(ビクトリージム/新日本フェザー級5位)
 引分0-0
△ジラ・バンチャメーク(タイ/元国際式ルンピニー1位、ラジャダムナンスタジアム2位)
<セミファイナル(第11試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 58kg契約>
◯石原將伍(ビクトリージム/新日本フェザー級7位)
 2RKO 2分20秒 ※パンチ連打によるダウンでレフェリーストップ
●サイファーレック・コーケオセン(タイ)
<セミファイナル(第10試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 日本ウェルター級 3分3R>
●栄基(MTOONG/元NKBウェルター級王者/MTOONG)
 判定0-3
◯ガンスワン・サシプラパー(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパー級ライト級王者)
※ロッキー壮大(治政館)が欠場のため
<第9試合 ミドル級 3分3R>
◯柴田春樹(ビクトリー/新日本ヘビー級1位)
 判定3-0
●青木克眞(トーエル/新日本ミドル級8位)
<第8試合 バンタム級 3分3R>
●吉田健一郎(トーエル)※逸可が欠場のため
 判定0-2
○古岡大八(藤本/新日本バンタム級4位)
<第7試合 日本フライ級 3分3R>
○麗也(治政館/新日本フライ級2位)
 判定2-0
●悠斗(町田金子/NJKFフライ級3位)
<第6試合 ライト級 3分3R>
○大河原誠也(ビクトリー/新日本フェザー級10位)
 判定2-0
●継之助(武州館)
<第5試合 ウェルター級 3分3R>
△HIROKAZU(誠真)
 引分1-1
△KEN山十(峯心会)
<第4試合 ライト級 3分2R>
○永澤サムエル聖光(ビクトリー)
 1RKO 1分10 ※パンチ
●高平大需(藤本)
<第3試合 54.5kg契約 3分2R>〉
○瀧澤博人(ビクトリー)
 1RKO 2分57秒 ※3ダウンレフェリーストップ
●内山友太(MKSキックボクシング)
<第2試合 フェザー級 3分2R>
●櫓木淳平(ビクトリー)
 判定0-2
○末光雄亮(トーエル)
<第1試合 55.0kg契約 3分2R>
○石川直樹(治政館)
 判定 ※飯野に1Rダウン有
●飯野智也(山田)
大会の全容と詳細は、マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPWに収録されました。
☆併せて読むとよくわかる
別冊ミルホンネット新女王RENA年間最高UFC139 新日本キック日泰対抗戦MAキック聖域
マット界舞台裏’12年01月12日対抗戦暗礁 新日禁断猪木今年元気ですか真樹先生死去
マット界舞台裏2月16日号新日売却徹底検証 秋山長州因縁大日本 真樹先生を偲ぶ会
マット界舞台裏2月23日号選手稼ぎ新日値段岡田SMASH解散ダミアン・アラモス戸井克成
マット界舞台裏3月8日号木谷暴走蝶野解任REINA武藤限界東京マラソンMAキック梅野タイ
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊ミルホンネットDREAM18イノキボンバイエ小川藤田GLORY4江幡睦’12WNC天龍Project
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長