新日本キック年内最終興行・石井宏樹引退式 メインは次世代の江幡睦がKO勝利!12.14『SOUL IN THE RING XII』

 12月14日(日)東京・後楽園ホールで新日本キックボクシング協会2014年最終興行『Soul in the Ring XII』が開催された。
 今大会では主催・藤本ジムの代表選手でラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者 防衛2度、新日本ライト級王者 防衛8度、初代TOUITU62kg級王者の協会代表選手・石井宏樹の引退式が行われた。石井は今年の2.11『NO KICK, NO LIFE 2014』大会でゲーオ・ファアテックス戦で2RKO負けを喫し、18年のプロキャリアを終えた。長南亮、宍戸大樹、HIROYAが花束を贈呈。石井は自らのキック人生について「悔いはありません。応援ありがとうございました」と礼を述べ10カウントゴングを聞いた。戦績84戦60勝(31KO)14敗10分ishii石井の引退を労う協会各ジム会長と前列むかって左より花束を贈呈した長南亮、宍戸大樹、HIROYA

■ 新日本キックボクシング協会『SOUL IN THE RING XII』
日時:2014年12月14日(日) 開場16:45 開始17:00
会場:東京・後楽園ホール
主催:藤本ジム
認定:新日本キックボクシング協会
後援:東京スポーツ/東京中日スポーツ/GONKAKU/日本タイマッサージ連盟

<ダブルメインイベント第13試合  3分5R>
○江幡 睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者)
 1RKO 1分58秒 ※ボディフック
●チャーンサックノーイ・サックルンルアン(タイ/ムエタイ地方フライ級チャンピオン)ebataメインは、WKBA世界バンタム級王者・江幡睦がタイの地方チャンピオンで国際式ボクシングのOPBF東洋太平洋王座決定戦で来日経験のあるチャーンサックノーイを圧倒し1R秒殺KOで年内最終戦を締めた。

<第12試合 ダブルメインイベント> 
日本フェザー級タイトルマッチ 3分5R>
○内田雅之(藤本ジム/新日本フェザー級王者)
 判定2-1
●瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/同級1位)
※内田が4度目の防衛に成功uchida新日本フェザー級タイトルマッチでチャンピオン・内田雅之が同級1位・瀬戸口勝也を迎えた一戦は昨年ノンタイトル戦ではダウンを奪い、勝利したもののタイトル戦では敗退。今年は上位ランカーの兼子ただし、ジョニー・オリベイラをKOしての再挑戦。試合は予想通りのクロスゲームとなったが、技の引出しの差か?内田が2-1のスプリット判定ながら4度めの防衛を果たした。

<第11試合 セミファイナル ヘビー級 3分3R>
●松本哉朗(藤本ジム/新日本ヘビー級王者)
 判定0-3 ※3R松本にダウン有
○プリンス・アリ(前HEATキックルール ヘビー級王者/志村道場・イラン)Ali vs Matsumoto新日本ヘビー級王者・松本哉朗 vs.イランムエタイ、ボクシング、空手王者でHEATヘビー級も制したプリンス・アリは、両者ヘビー級らしい豪快な打ち合いの中3R押し倒されたスリップ気味ダウンを宣告された松本が判定で敗退。

<第10試合 セミファイナル 70kg契約 3分3R>
○緑川創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)
 判定3-0
●渡辺健司(伊原道場稲城支部/新日本ウェルター級王者)midorikawa新日本ウェルター級新旧王者対決は前チャンピオンの緑川創が返上後の決定戦で王者となった渡辺健司に判定勝ち

<第9試合 セミファイナル 63.5kg契約 3分3R>
△石井達也(藤本ジム/前新日本ライト級王者)
 引分0-1
△イソラサック(タイ/元ルンピニー認定フェザー級王者)ishii vs isorasak両者譲らずドロー

<第8試合 セミファイナル 53.5㎏契約 3分3R>
○H2IROYUKI(藤本ジム/新日本フライ級王者)
 2RKO 2分47秒 ※3ダウン 古川は1Rにもダウン1
●がってん古川(治政館ジム/新日本フライ級3位)HIROYUKI今年の8月大会で新日本フライ級王座決定戦を制したHIROYUKIが王者第一戦で同級3位のがってん古川から1Rからダウンを奪い2R3ダウン奪い完勝!来年の2月敵地NJKF大会に乗り込み対戦するNJKFフライ級王者・ニモ(キングジム)との対戦に気勢をあげた。

<第7試合 73㎏契約 3分3R>
△斗吾(伊原道場/新日本ミドル級1位)
引分1-1
△サンムック・キクチジム(タイ)

<第6試合 ミドル級 3分3R>
○本田聖典(伊原道場新潟支部/新日本ミドル級4位)
 判定3-0 ※3R青木にスタンディングダウンと頬カットによるドクターチェック有
●青木克典(トーエルジム/新日本ミドル級7位)

<第5試合 63㎏契約 3分3R>
○春樹(横須賀太賀ジム/新日本ライト級4位)
判定3-0
●カズ宮澤(フリー)

<第4試合 ミドル級 3分2R>
△徳王(伊原道場)
 引分0-0
△曽根修平(武湧会)

<第3試合 58㎏契約 3分2R>
○里見柚巳(横須賀太賀ジム)
 判定3-0
●雷神浜田(野本塾)

<第2試合 フェザー級 3分2R>
○本間博行(伊原道場新潟支部)
 判定3-0
●金子大樹(ビクトリージム)

<第1試合 スーパーライト級 3分2R ※肘なし>
●中田憲四郎(藤本ジム)
 判定0-3
○斎藤亮二(松栄塾)

大会の全容と詳細はマット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島に収録されました。

☆併せて読むとよくわかる
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権 大阪興行 外人招聘+石井宏樹ムエタイ王座防衛
マット界舞台裏4月5日号新K1総会ノア黒社会+記者脅迫 WWE殿堂3・25M-147TNT1st
マット界舞台裏4月12日号ノア注意WWE祭典 パンクラスISAO戴冠池野LIVE変アングル批判
マット界舞台裏5月3日号EMCOM株高怪 7・1両国 Z1ニタ 三流選手考TITANS NEOS
マット界舞台裏5月10日号竹内宏介追悼 新日内情+WNC始動TRIBELATEノア決勝 Stardom
マット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗 ノア黒幕 新日戦略渇+3kick大会総浚い
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之
別冊ミルホンネットK-1対Glory全面戦争勃発!マドリード/ストックフォルム炎上+APKF独占
マット界舞台裏6月7日号新日論外井上提言紫雷イオWNC巡業IGF HERO Jewels大阪NJKF
マット界舞台裏6月21日号ノア三沢追悼&新宝島IGF新日TJシン秘密大仁田6.10新日キック
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
マット界舞台裏9月6日号別冊花火S-CupRENA木谷介入週プロ船木+藤波40新日本キック
マット界舞台裏9月27日号新日OB木谷密約IGFガイジン天国週刊F溝GloryK1石井防衛宍戸
マット界舞台裏12月20日号沈没ノア特集2弾秋山小橋潮崎行方金網DEEP新日キックP天功
別冊miruhonnet096DREAM18イノキボンバイエ小川藤田Glory4江幡睦’12WNC天龍Project
マット界舞台裏3月21日号全日白石暴走RoadToGlory石井宏樹陥落力道山秘1/2兵衛怒涛
マット界舞台裏5月2日号CAC初代虎基金新日全日節穴JWP中島ルチャ2Glory7新日キック
マット界舞台裏5月30日号全日不穏IGF失速BattleAid椿志保ファイヴ中井りんPan新日kick
マット界舞台裏8月1日号猪木当選IGF検証DFC独立系集結JゴンザレスRISE新日本キック
マット界舞台裏9月5日号WWE夏ブライアン全日検証大田区Hレイス新日キックリアルJ+別枠
マット界舞台裏9月26日号K1Glory戦争白石企業再生スティムボート新日江幡双子長瀬館長
マット界舞台裏10月24日号新日全日両国K1矢吹満Eブラソ強欲社長WNCxREINA長瀬館長
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
マット界舞台裏12月19日号リアルジャパン新日D広島PモラレスWWEシスコ会見新日キック
マット界舞台裏2月20日号ノアKENTA永田裕志czw15女子wsu石井宏樹Aアドニス新日広島
マット界舞台裏3月20日号猪木イワンゴメスREINA朱里木村DローデスGlory新日キックWWL
マット界舞台裏4月17日号WM30超合金戦士 IGF謎 AJスタイルズ計画 LegendミラノWKAB王座 ATブッチャー
マット界舞台裏5月1日号全日三冠混沌ピーター・メイビア橋本大地WKBA江端睦+魔界少女拳
マット界舞台裏5月29日号ROH新日NY横アリWWE北朝鮮’82猪木馬場新日キック付録CPE
マット界舞台裏7月31日号Pアーツwwe猪木ブラジルEギルバートdeep新日kickW1Z1IceRibbon
マット界舞台裏9月4日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick
マット界舞台裏11月27日号巌流島マクマホンSrドリー全日藤波丸藤REINA新日キックTopKing
マット界舞台裏12月25日号UFC集団訴訟前田日明大晦日REINA朱里戴冠新日キック大日本広島