全カード発表!判定あり、タイムなしラウェイ大会ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ(WLC)『WLC-4 “BARE-KNUCKLE KING”』

 来月2月17日ミャンマーの首都ネピドー・ウンナ・テイディ・スタジアムで開催される判定あり、タイムなしのラウェイ大会ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ(WLC)2018年第1回目大会(通算第4回め)『WLC-4 “BARE-KNUCKLE KING”』全カードが発表された。

 メインは第3回大会(2017年11月4日『WLC-3 “LEGENDARY CHAMPIONS”』)でマイケル・バダトゥ(オーストラリア)に判定勝利してWLC世界王者となったトゥトゥの防衛戦にセミファイナルは昨年12月19日『カレン・ニューイヤー・フェスティバル』にて通常のラウェイルールで引き分けた両者が判定有のWLCルールでの再戦となる。
 また第4試合と第5試合ではWLCミャンマーライト級(60-63.5㎏)タイトル4人トーナメントの初戦となっており、WLCではチャンピオンを世界(World)とミャンマー(National)に分けて、今回トゥトゥのラウェイ世界ミドル級王座防衛戦があるように、国際式ボクシングのようなチャンピオン制度を新設しようとしているようである。

※チャンピオン制度の確立していないラウェイでチャンピオンは、大きな大会の勝利者賞としてベルトが贈与されており、国際式ボクシングのような防衛戦はない。(ラウェイ王者ではなく〇〇大会王者という扱い)現在まで日本人選手のベルト贈呈試合勝者は4選手
・田村彰敏(2004年7月10日第1回緬日対抗戦)ミャンマーvs.日本ラウェイ対抗戦勝者(チャンピオン)
・MOMOKO ※高橋奈七永(2016年12月11日『第3回 AIR KBZ ゴールデンフラッグ・ラウェイファイト』)2016年AIR KBZチャンピオン
・浜本“キャット”雄大(2017年6月16日『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』)MTBF&ILFJ認定“FRONTIER”チャンピオン
・金子大輝(2017年12月10日『4th AIR KBZ AUNG LAN CHAMPIONSHIP』)2017年AIR KBZチャンピオン

判定有、タイムなしのラウェイ大会ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ(WLC)2018年第1回大会2・17『BARE-KNUCKLE KING』!!



前回大会ハイライト
(C)WLC
■『WLC-4 “BARE-KNUCKLE KING”』
日時:2018年年2月17日 17:30開始
会場:ミャンマー・ネピドー・ウンナ・テイディ・スタジアム
※当日mStream、Skynet Sportsでライブ放送

WLC HP http://www.worldlethwei.com/
◇発表対戦カード
<メインイベント第7試合 WLC世界ミドル級タイトル戦(71-75㎏) ミャンマー vs.ウクライナ 3分5R>
トゥトゥ(ミャンマー/27歳・173㎝・36勝0敗13分/WLC世界ミドル級王者)
 vs.
ヴェジル・ソーキン(ウクライナ/19歳・22勝5敗)

<セミファイナル第6試合 63.5-67㎏ WLC 3分5R>
タ・ペイニョ(ミャンマー/28歳・166㎝・42勝3敗15分/2015ゴールデンベルト63.5kg王者)
 vs.
ソー・バ・ウー(ミャンマー/28歳・173㎝・18勝5敗20分)

昨年2017年12月19日の対戦は引分

<第5試合 WLC ライト級(60-63.5㎏)ミャンマー4人トーナメント② 3分5R>
バ・トゥ・マウン(ミャンマー)
 vs.
チョウ・ジン・リッ(ミャンマー)

<第4試合 WLC ライト級(60-63.5㎏)ミャンマー4人トーナメント① 3分5R>
ソー・ダー・ウェイ(ミャンマー/2017Air KBZ王者)
 vs.
パッキャウ・リン・ナイン(ミャンマー)


昨年2017年12月10日『4th AIR KBZ AUNG LAN CHAMPIONSHIP』で勝者となったソー・ダー・ウェイは9日後の12月19日ベテランのキャー・ポークに敗退している

トゥン・トゥン・ミン復帰戦欠場!~1・14『THE FIRST FIGHT』ミャンマー・ヤンゴン大会!


パッキャウ・リン・ナインは昨年のILFJ日本大会参戦、今月1月14日トゥン・トゥン・ミン復帰戦で2月のILFJ日本大会参戦のトゥン・ルイン・モーと対戦予定だったが大会が中止となってしまった。

<第3試合 WLC 女子54-57㎏ 3分3R>
シュー・シン・ミン(ミャンマー/19歳・161㎝・2勝2敗6分)
 vs.
エー・ヤヌット(カンボジア/17歳・161㎝・10勝5敗3分)

シュー・シン・ミン最新試合は昨年2017年12月30日ミャンマー・マンダレー・ピンウールウィンの大会で日本大会参戦経験あるスー・ライ・ウーと引分

エー・ヤヌット紹介ビデオ

<第2試合 WLC 57-60㎏ 3分5R>
チット・マウン・マウン(ミャンマー/20歳・166㎝・19勝1敗10分)
 vs.
シッ・ツゥ(ミャンマー/23歳・168㎝・11勝5敗15分)

<第1試合 WLC 60-63.5㎏ 3分5R>
トウェイ・シッ・マウン(ミャンマー)
 vs.
レッツィー・モー(ミャンマー)

・第1回大会2017年3月3日『The Great Beginning』

判定ありのラウェイ大会!ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ1『The Great Beginning』ミャンマー選手は国際戦全勝!


・第2回大会2017年6月10日『Ancient Warriors』

判定あり、タイムなしのラウェイ大会『ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ(WLC)2』メイン3試合は判定決着!!


・第3回大会2017年11月4日『LEGENDARY CHAMPIONS』

メインはベルト贈呈戦!判定有、タイムなしラウェイ!WLC(ワールド・ラウェイ・チャンピオンシップ)第3回大会~!11・4『WLC-3 “LEGENDARY CHAMPIONS”』

▼12・19-21 3日連日開催!『ラウェイ・チャレンジ・ファイト カレン・ニューイヤー・フェスティバル』
’18年01月04-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ

▼12・10『4th AIR KBZ AUNG LAN CHAMPIONSHIP』ヤンゴン大会
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タッグ力道山新日本キックKnockOutラウェイPan

▼11・15『ラウェイ グランプリ ジャパン 2017』後楽園ホール
’17年11月23日号新日決算全日ゼウスWWS存続ゼロワンPURE-JガッツPanラウェイ暴行

▼11・2『FIGHT FOR HOME』タウングー大会
’17年11月09日号大仁田引退マスカラス藤波辰爾長州力新日崔領二PURE-J前田五郎

▼9・28『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』後楽園ホール大会
’17年10月05日号UFC日本DDT買収ゲームショー潜入雫有希ポーゴ伊勢崎暗黒ラウェイ

▼6・16『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』TDCホール大会詳細版
’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光

▼4.18ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~GRIT~2017後楽園ホールラウェイinジャパン 3
’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島

▼2・16ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~LEGACY~2017後楽園ホール
’17年02月23日号チャボ寝屋川wweTV泉田純KnockOut青木真也ラウェイBellator

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斎藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC

▼紅 闘志也 メインの現vs.元ラウェイ外国人王者対決は引分!3階級でベルト戴冠! 『第2回ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ』
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍3