ミルコがベラトール参戦!アカデミー賞とマット界格言「プロレスは社会を映す鏡」、そして社会情勢

▼[無料公開]ミルコがベラトール参戦!アカデミー賞とマット界格言「プロレスは社会を映す鏡」、そして社会情勢
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・ヒルビリー・ジムがWWE殿堂入り、ロンダ・ラウジーRAW毎週登場に
・ミルコ・クロコップがベラトールと契約!5・25『Bellator 200』ロイ・ネルソン戦
・アカデミー賞発表!辻一弘、中島春雄、『シェイプ・オブ・ウォーター』
・『グレイテスト・ショーマン』♪This Is Me圧巻!サーカスと大巨人アンドレ想起
・2017年アカデミー賞『ラ・ラ・ランド』『ムーンライト』『メッセージ』
・トランプ政権下のハリウッド:メキシコ国境の壁、黒人と女性の地位向上


―― 最新ニュースとしては、ヒルビリー・ジムがWWE殿堂入りです。

オフレコ ロンダ・ラウジーは、少なくとも『レッスルマニア』まで毎週RAWに出るという発表もあった。

―― ミルコ・クロコップがベラトールと契約。早速、現地時間5月25日にロンドンで開催される『Bellator 200』で、日本にも馴染みのロイ・ネルソンと対戦します。

オフレコ 20011年10月29日のUFCカードの再戦やね。ネルソンが3RにKO勝ちしている。

―― ネルソンは2月16日の『Bellator 194』でマット・ミトリオンに負けて、ヘビー級トーナメントから姿を消したばかりだけど、試合内容は良かった。

▼マット・ミトリオンがロイ・ネルソンに辛勝も会場ブーイング嵐!Bellator 194+ホゼ・トーレス王座防衛Titan FC 48

マット・ミトリオンがロイ・ネルソンに辛勝も会場ブーイング嵐!Bellator 194+ホゼ・トーレス王座防衛Titan FC 48

オフレコ ベラトールは、競技至上主義じゃないから客が望むカードを提供するんだと。ミルコは大仁田厚と並ぶウソ引退の帝王になった。まだまだ稼ぎまくります、と。

―― アカデミー賞の中継がありました。特殊メイクの辻一弘さんとゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル役)の受賞はロックでしたけど、追悼コーナーで中島春雄って、最初誰だろうと。初代ゴジラを演じたスーツアクターの草分け。へぇ~でした。

オフレコ メキシコ人のギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞だったからね。怪獣大好きの日本ヲタク。この作品でも南米から来た半魚人と発話障害の女性のファンタジーだから喜ぶべきだろうけど。

―― オスカーのスピーチが大物プロデューサーのセクハラ騒動の発端ですから、今の世相を反映してどう司会のジミー・キンメルがまとめるのか注目の第90回でしたけど、すでに他で散々やり玉に上がったからスマートにまとめてました。本稿の対談的にはプロレス格闘技との関連ということになると思うんですが、『グレイテスト・ショーマン』の♪This Is Meをキアラ・セトルが唄う場面は、近年のオスカーでのパフォーマンスでは圧巻だったんじゃないですかねぇ。

オフレコ RAWにも出てきた親プロレス広言のヒュー・ジャックマンとかは居なくて、キアラを除けば映画のキャストではなく、イスラム教の女、東洋人、子供とか、明らかに様々な国=多様性を代表したバックを従えての熱唱やった。

―― これが今年のアカデミー賞のテーマでもありました。

オフレコ 映画は、サーカスの元祖P.T.バーナムのエンタメ人生を題材にしており、「お前のやってることはフェイクだ!」と蔑まれるんだけど、大巨人、小人、ヒゲ女、全身刺青男など奇人たちを集結させてサーカスというものを興行化していくお話をミュージカルにした作品。当然、プロレス者はこれは映画館で封切を見に行かないといけないとなり、「隠れることはない、謝ることはない。見られても怖くなんかない」と唄う♪This Is Meの大合唱には、HBOがドキュメンタリー作品にしたアンドレ・ザ・ジャイアント物語のテーマにしたらイイのにと思った。

▼登美丘高校ダンス部×『グレイテスト・ショーマン』|This Is Me~これが私~

―― 深みはあんまりない作品ですけど、エンタメ映画としては帰り際に皆が「面白かった」と話していた作品ではあります。

オフレコ 個人的には映画の最初、子供時代に唄われる♪A Million Dreamsが凄く耳に残ったんだけど、映画『ラ・ラ・ランド』の音楽チームだね。作品としては、ライザ・ミネリとロバート・デ・ニーロ主演でマーティン・スコセッシが監督したものの、興行的には当たらなかった『ニューヨーク・ニューヨーク』(1977)が凄く好きだったから、そのオマージュ作である『ラ・ラ・ランド』の深さの余韻には、まるで及ばないと思うけど・・・。

―― 『ラ・ラ・ランド』ですか。今年も最後に出てきたウォーレン・ビューティとフェイ・ダナウェイが、作品賞としていったんアナウンスするんだけど、実際は『ムーンライト』だったという。

オフレコ 『ムーンライト』ねぇ。黒人映画、フロリダの貧困地区、麻薬売人、ゲイとか題材聞いただけで、映画館まで行くことはない、洋画専門チャンネルで見ればイイと思ってた作品なんだけど、見たら事前に勝手に想像していたのとえらく違う内容という。メッセージを訴えるテーマ作ではなくて、淡々と社会の一面を切り取った。

―― 文句とか不満が見つけにくいこともあり、絶賛の嵐だったことが様々な映画賞をかっさらうことになりました。

オフレコ ただ、確かに秀作ではあるし、デジタル色彩処理の鮮やかさとかはあるんだけど、昨年度のベスト映画かと言われたら、そうかなぁと。そりゃ『ラ・ラ・ランド』の音楽の余韻が強いし、『メッセージ(原題Arrival=来訪)』なんか、繰り返し映画館に足を運んだ。二度、三度、じっくり見たいと思わせた映画を作品賞に選びたいからね。

▼泰葉x和田アキ子恫喝力~感動オカダ-オメガ60分~映画メッセージ言語と未来

[ファイトクラブ]泰葉x和田アキ子恫喝力~感動オカダ-オメガ60分~映画メッセージ言語と未来

―― 要するに、必ずしも大本命作が選ばれるのではなく、社会情勢に左右されたんじゃないですか? 2016年、賞は白人ばかりで黒人がいないと叩かれた反動で、2017年は『ムーンライト』に投票すると。今年はメキシコ人監督が作品賞で、女優賞のフランシス・マクドーマンドが女性の地位向上を訴えるスピーチがハイライトでした。『スリー・ビルボード』はまだ見てないので総括する立場にないですけど、社会情勢を味方につけると投票に有利というのは否定できません。

オフレコ ハリウッドはトランプ政権への過剰反応が大きいね。怪獣ヲタクが喜んだというのはあるけど、「メキシコの壁」が今回もアチコチで出てきた。メキシコの文化と家族の大切さを説く『リメンバー・ミー』が長編アニメーション賞。ギレルモ・デル・トロ監督が作品賞、監督賞の両方を制したというのは、社会情勢抜きには分析できない。

―― 2017年のゴールデン・グローブ賞のような、マット界に直接関係するメリル・ストリープの「格闘技MMAは低俗」発言みたいなのはなかった。トランプ批判の主旨なんですけどね(笑)。

オフレコ 2018年1月は「あの豚のような怪物(ハーヴェイ・ワインスタイン)のために喜んで働いていたメリル・ストリープのような女優が、黒いドレスを着て行くらしいね。あなたの偽善を心から軽蔑する」と、例の#MeToo運動のリーダーが噛みついていた。黒のドレスは#MeToo運動のシンボルになり、TIME誌の2017 – Person of the Yearを飾った。

▼[ファイトクラブ]年末年始総括:ヒクソン醜聞-1・4記録更新-アップダウン考察-Cジェリコ
・セクハラ#MeTooゴールデン・グローブ賞ロック様と娘目立ちまくり

[ファイトクラブ]年末年始総括:ヒクソン醜聞-1・4記録更新-アップダウン考察-Cジェリコ

―― メリル・ストリープ、アカデミー賞でもまた最前列でした。ちょっとウザいですね。マット界の攻撃リストかもです。WWEからエンツォ・アモーレがレイプ疑惑で解雇されたのも、#MeTooのタイミングがありました。

▼[ファイトクラブ]現地取材!PPVより超盛大に二元中継したRAW25周年大会だが・・・
・レイプ事件エンツォ・アモーレ解雇~カード変更裏にコカインと#MeToo

[ファイトクラブ]現地取材!PPVより超盛大に二元中継したRAW25周年大会だが・・・

オフレコ 本稿は短いこともあるから全文公開にしておこう。タイミングが重要だからね(笑)。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]ロンダ・ラウジーWWE複数年契約とTV更改交渉、そして女子革命

[ファイトクラブ]ロンダ・ラウジーWWE複数年契約とTV更改交渉、そして女子革命

▼[ファイトクラブ]新日大阪オカダ-SANADA~K-1内紛~全日TV~UFCレッスルマニアWWE年商881億円

[ファイトクラブ]新日大阪オカダ-SANADA~K-1内紛~全日TV~UFCレッスルマニアWWE年商881億円

▼[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界
・『レッスルマニア』編成不安と女子革命!アレクサ・ブリス男尊女卑告発

[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界

▼古武術と小平奈緒~『チェンバー』課題4・8『レッスルマニア』~新日cup~K-1激震
・WWE最新分析満載!

[ファイトクラブ]古武術と小平奈緒~『チェンバー』課題4・8『レッスルマニア』~新日cup~K-1激震

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月22日号新日大阪KnockOut天心SEAdLINNNG狂虎WWEビジネス力道山RIZIN反則

’18年03月01日号五輪蝶野正洋達人DSWジミー鈴木ターザン山本S小林ラウェイJapan

’18年03月08日号WWEチェンバーROH新日KnockOut那須川天心年俸比較引退後入場料金