UFCディナ・ホワイト社長 完売御礼日本大会大成功を約束!

120223ufc-1.jpg
 2月23日、『UFC144』に向けて都内ホテルにて記者会見が行われた。この会見にはなんとディナ・ホワイトUFC社長が登場。大勢集まった報道陣を前にメインに参戦する6選手を従えて質問に答えた。
 日本が総合格闘技発祥の地であり、日本が大好きで大切な場所と語るディナ・ホワイト社長。チケットはもう2万枚は売れていて、最終的には2万2千人の超満員になるとして、興行的にはすでに成功していると語った。次に日本再上陸するかは、日本大会当日の選手の頑張り次第とした。
 特にメインは、決着がつくまで止まらないノンストップ・ファイトになると豪語した。
120223ufc-2.jpg
 また連敗が続いている日本選手達が今回、敗れればリリースの可能性があるという質問も飛んだが、ディナ・ホワイト社長は、全ては試合が終わらないと今は何とも言えないとした。
120223ufc-3.jpg
 会見終了後もディナ・ホワイト社長は囲み取材を1時間も行い(別の場所で日本選手達の囲み取材もあったらしい)、今は夜3時半に寝て7時に起きるというハード・スケジュールだが、今は充実しているので寝るのが惜しいと自らのタフネスなエピソードから、アジア市場では『ジ・アルティメット・ファイター』がインド、フィリピン、その後、日本でも行う計画があるという世界戦略まで色々と語ってくれた。現在、ブラジルで行われている『ジ・アルティメット・ファイター』(※コーチはビクトー・ベウフォートとヴァンダレイ・シウバ)が大成功しており、世界各国で同じ様に成功させたい様だ。
『UFC 144 Edgar vs Henderson』
日時:2012年2月26日(日)10時00分開始
場所:埼玉スーパーアリーナ
チケット販売所:http://eplus.jp/ufc/(パソコン&携帯)ファミリーマート各店
<UFCライト級タイトルマッチ 5分5R>
フランク・エドガー vs. ベンソン・ヘンダーソン
<第11試合 ライトヘビー級 5分3R>
ランペイジ・ジャクソン vs. ライアン・ベイダー
<第10試合 ヘビー級 5分3R>
マーク・ハント vs. シーク・コンゴ
<第9試合 ウェルター級 5分3R>
ジェイク・シールズ vs. 秋山 成勲 
<第8試合 ミドル級 5分3R>
岡見 勇信 vs. ティム・ボーシュ
<第7試合 フェザー級 5分3R>
日沖 発 vs. バート・パラゼウスキー
<第6試合 ライト級 5分3R>
アンソニー・ペティス vs. ジョー・ローゾン
<第5試合 ライト級 5分3R>
五味 隆典 vs. 光岡映二
<第4試合 バンタム級 5分3R>
山本”KID”徳郁 vs. ヴァウアン・リー
<第3試合 ミドル級 5分3R>
福田 力 vs. スティーブ・キャントウェル
<第2試合 バンタム級 5分3R>
水垣 偉弥 vs. クリス・カリアーゾ
<第1試合 フェザー級 5分3R>
田村 一聖 vs. ヂャン・ティエカン
『UFC144』日本大会は別冊ミルホンネットで特集予定です。また、この記者会見詳細はUFC上陸直前特集として別冊ミルホンネット 格闘技2012年の現実 K-1身売り米国PRIDE消滅番組DEEP NJKF UFC上陸前に収録されました。
週刊マット界舞台裏12月22日号 vol.119 UFC140大成功 アリスター条件付ライセンス
週刊マット界舞台裏12月29日号 vol.120 UFC141大晦日ホーガン名誉棄損女サイボーグ
マット界舞台裏1月5日号Archive厳選集4神戸アクセル聖夜 vol.121Fメイウェザー有罪
マット界舞台裏1月12日元気ですか vol.122 UFC141アリスター激勝Bレスナー引退
マット界舞台裏1月19日UFC142迫る Cジェリコ不可思議 WWE殿堂発表 Jハーディ無念
マット界舞台裏1月26日UFC142大成功 WWE地上波 超人&象徴欧州参戦 バンナMMA契約
マット界舞台裏2月2日UFC中規模大会充実 WWECMパンク×臨時GM ミノワ米進出失敗
マット界舞台裏2月9日UFC143直前 UFConFOX視聴率大成功 Hホーガン メタリカ加入秘話
マット界舞台裏2月16日 UFC143コンディット王者ディアスを下す 皇帝サンボ優勝
マット界舞台裏2月23日 『UFC on FUEL TV 1』地元JエレンバーガーDサンチェス下す