戦時下アメリカ厳しさ増すレッスルマニア前”Go Home Show”逆手のRAW

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 番組冒頭はAJスタイルズとアンダーテイカーのプロモから。『レッスルマニア』で流されるボーン・ヤードマッチのロケーション収録は無事完了だったらしいが、映画のように凝った演出でやれるのか否か。また、墓場マッチだとこの御時勢に社会的に不味すぎるから変えたんだろうが、あんまり変わらない、困った名称との指摘も出ている。

 いきなりスタジオ無観客から始めず、今回は『レッスルマニア 35』のロンダ・ラウジー、ベッキー・リンチ、シャーローットのトリプルスレッド戦から。ただ、今回のRAW番組はかなり前の制作なので図らずもなんだが、ニュージャージーのメットライフ・スタジアムに82,265人(=主催者発表)を集めたロンダの入場に、ジョーン・ジェット&ブラックハーツが生演奏で♪I Love Rock’n’Rollをやったのからフル放送だったのだが、作者のアラン・メリルは日本に長らく在住していたいわゆる在日外国人タレントになるが、コロナで69歳で亡くなったとの訃報が流れたのが昨日という皮肉はどうなのか。


 そしてお約束でシェイナ・ベイズラーがベッキー・リンチを切札クラッチというところからスタジオ収録だ。


 上記でゆうに最初の1時間目を埋めたのであるが、続くスタジオからの最初のスクワッシュマッチがアリスター・ブラックからなんだが、どうやら左肩を痛めたようでと、呪われた『レッスルマニア 36』が続くのだ。但しSmackDownと同じく、画面に出てくるカードはアリスターもWM出場ということになっている。


 さらに、漏れている情報が交錯しているのか、一部でケガしたアンドラデに替わって先週のNXTでタイラー・ブリーズとやったばかりのオースチン・セオリーが入り、エンジェル・ガザ&セス・ロリンズと組んで、ストリート・プロフィッツ&ケビン・オーエンズと闘うのがスタジオでの第2試合になったのが、AOPの巨漢はもともとケガで休んでいる。この6人タッグが「レッスルマニアのカード」と伝えられたこともあったのに、その試合はRAW放送であった。まぁそもそもなにが起きても驚いてはいけないとか、当局の指導があり『レッスルマニア 36』は放送されないと唱える向きも存在するのだから、本誌的にはエンジェル・ガザはWMにも出せ!だけなんであるが・・・どうやらそのままWMもオースチン・セオリーを入れたタッグ戦のようだ。

 客のいないスタジオで、「お前は失敗ばかり」と先週詰られていたKOが延々とプロモやっていたが、セス・ロリンズとのシングル戦がWMカードということになる。

 9年の大河ドラマとなったエッジvs.ランディ・オートンは収録も大成功と伝えられており、おさらいのビデオが再び。ただ、何度聞いても、ランディが妻のべス・フェニックスに、「俺はお前よりエッジを愛しているから気にかけているんだ」というTruth Hurtsの演説はガチだなぁ。プロレスとリアル実人生の境界線が見えない、と。
 対してエッジのプロモは新規初公開。「テメエは俺のPassion情熱にJealous嫉妬してるんだ」も真に迫る。これが2時間目と3時間の時間またぎだった。


 「おい! コイツ誰やねん!」と日本語で無観客のパフォーマンス・センターでも堂々のアスカの相手はNXTのケイデン・カーター。先週のNXTでキャンディス・レラエとやっていた選手だが、ここは一般向きの番組RAWだから「お前誰やねん」になるのか。ただ、今はフロリダ在住の選手を借り出すしかないのである。実際、カリフォルニアやニューヨークはロックダウンであり、国外渡航禁止どころか国内移動も制限されているのが戦時下のアメリカなのだ。
 秒殺スクワッシュのあとは、また実況席で大阪弁のままわめくと(笑)。こちらもトリプルスレッド戦とか二転三転した女子タッグ王座なのだが、WMはカブキウォリアーズvs.アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスに落ち着いたのであった。

 昔のPPV試合放送は、昨年11月の『サバイバーシリーズ』ブロック・レスナーvs.レイ・ミステリオが流された。30分の『ワールドプロレスリング』は、飯伏幸太優勝の2015年ニュージャパンカップから、2016、2017年の柴田勝頼まで「桜の季節はニュージャパンカップ!」をやっていたが、変なダイジェスト紹介にせずちゃんと流しただけマシか。ただ、レスナーが無敵との強調はともかく、ミステリオは今回WMに出ないから負けた試合を流して良いとの判断なのだろ。

 番組構成上のトリは、ブロック・レスナーと代理人ポール・ヘイマンのプロモなんだが、収録はかなり前のものかも。笑ったのは大きなPPV大会の直前の番組はgo home showと呼ばれ、煽りだけで大したことなかったと評される宿命になるものだが、ヘイマンが「そのgo home showの番組トリは過去20年間大半がブロックなんだ!」と演説打つのは、まぁ言われてみればその通りなのであった。但し今回、予定変更がなければ、ドリュー・マッキンタイヤーが・・・とは思うのだが。

■ WWE RAW
日時:3月30日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州オーランド近郊 パフォーマンスセンター

◆アンダーテイカーが墓石前でAJスタイルズにRIP宣告

 ジ・アンダーテイカーがPPV「レッスルマニア36」のボーンヤード(墓場)戦で対戦するAJスタイルズを挑発した。アンダーテイカーは「AJスタイルズはビックマウスだな。妻を侮辱したお前には墓場で償ってもらうぞ」と妻のミッシェル・マクールに暴言を吐いたAJスタイルズを責めると、さらに「仲間のルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンも連れて来い。お前らは痛みと苦しみを感じて眠ることになるだろう」と因縁のAJスタイルズを睨みつけるようにメッセージを送ると鐘の音とともにアンダーテイカーの背後から「AJスタイルズ REST IN PEACE 1977-2020」と刻まれた墓石が映し出された。

◆カブキ・ウォリアーズ対アレクサ&ニッキーのWWE女子タッグ王座戦が決定!

 王者カブキ・ウォリアーズとアレクサ・ブリス&ニッキー・クロスのWWE女子タッグ王座戦がPPV「レッスルマニア36」で決定した。王座戦が発表後にリングに登場したアスカは「おい! 誰やねん! 今日はお前をボコボコにしたるわ」と対戦相手のケイデン・カーターを挑発すると、ケイデンはこれに応答するように試合でいきなりドロップキックを叩き込んで先制。しかし、本気を出したアスカは「なめんなよ」と息巻いてアンクルロックからのジャーマン・スープレックスでケイデンを投げ飛ばすと、最後はアスカロックで捕まえてタップ勝ちを収めた。
 試合後、快勝したアスカは「おい!アレクサ、ニッキー! お前らワシに勝てると思ってんのか? 無理や無理無理。お前らなんて簡単なんじゃ。勝たせてもらいまっせ」と大阪弁全開で王座戦が決定した因縁のアレクサ&ニッキーを挑発した。
 PPV「レッスルマニア36」は日本時間4月5日、6日と2日に渡りWWEネットワークで配信され、J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼NXT+同時多発的世界マット界恐慌プロレス格闘技の行方と最新裏情報網羅!

[ファイトクラブ]NXTコロナに負けるなTチャンパJガルガノ、Fベイラー、Rリプリーの未来

▼世界50万人感染コロナ戒厳令とマット界+新井健一郎ヤマモ酒

[ファイトクラブ]爆笑!驚愕!オフレコ濃密ヤマモ酒:新井健一郎の絶対に滑らない話

▼RIZIN.22横浜アリーナ中止~コロナ全米汚染とマット界の明日を考察

[ファイトクラブ]RIZIN.22横浜アリーナ中止~コロナ全米汚染とマット界の明日を考察

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年03月26日号コロナ世界激震WM無観客2日+水曜 WRESTLE-1 Sスタイル女子 カンボジア

’20年04月02日号世界50万人感染コロナ戒厳令とマット界 諏訪魔宮原 ヤマモ酒 W1 追悼シカティック