【easypay電子書籍】’20年01月16日号BellatorRIZIN 東京ドーム大田区 WWE-AEW 全日ノアW1 JKA ラウェイ

’20年01月16日号BellatorRIZIN 東京ドーム大田区 WWE-AEW 全日ノアW1 JKA ラウェイ

'20年01月16日号BellatorRIZIN 東京ドーム大田区 WWE-AEW 全日ノアW1 JKA ラウェイ

商品コード weeklyfight215

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

▼華DATEの 週刊ファイト案内!999円ファイトクラブ、電子書籍~試してみよう!

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

年末年始徹底検証特大全192ページ:ベラトールRIZINさいたまスーパーアリーナ~新日本プロレス東京ドーム2連戦大田区総合体育館~全日本プロレス新春恒例後楽園ホール~師走血戦から紐解くWRESTLE-1の2020年~年末年始プロレスリング・ノア~AEW元旦フロリダHomeComing~NXT年間大賞発表~海外情報局拡大版増量ページ~安威川敏樹:2020年の初夢~JKAジャパンキックボクシングKickOrigin~新年カレン州ラウェイ紅闘志也~ケーシー四コマ漫画:ライト級GP優勝ムサエフ~座談会:新日~エルビス生誕日AEWメンフィス~ダスティ・ローデス杯開幕NXT、他

超簡単!スマホ/タブレットなど全対応ファイトクラブ月額999円
スマホ/アップルiOS全ディバイス対応DMM.com電子書籍配信

'20年01月16日号BellatorRIZIN 東京ドーム大田区 WWE-AEW 全日ノアW1 JKA ラウェイ

商品コード weeklyfight215

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »

◆格闘技
 12・29『ベラトールJAPAN』と大晦日『RIZIN.20』を33ページという壮絶ボリュームで徹底大特集。視聴率惨敗結果から、2019年のプロレス界観客動員データまで、関連する考察も詰め込んだ凝縮決定版を収録。他媒体が突っ込まない深淵分析をシュート活字委員会が解き明かす。

▼結果論として歴代最高内容もワースト視聴率だった『RIZIN.20』の深淵
 photo:(C)RIZIN FF、Bellator、タダシ☆タナカ、シン上田
 シュート活字委員会編

・RENA入場からの生中継第2部5.2%視聴率惨敗!地上波第0部?夕方6時開始
・「那須川天心RENAヒョードル朝倉兄弟」フジ版は矢知祐介x上迫博仁から
・ラナ結婚式リブ・モーガン同性愛RAW見たあとの唖然埼玉行き大晦日
・「人気のYouTuber朝倉兄弟」もテレビ視聴者とは別物の検証と具体例
・全米平均視聴者数311,000最後のヒョードルと茶番ランペイジの功罪
・復活のヒョードルと試合してなかったjobberランペイジ飲んだくれ惨状
・マイケル・チャンドラー参上!走れナルトMVPマイケル”ヴェノム”ペイジ
・ベラトールRIZIN対抗戦:渡辺華奈勝利!安西信昌はMRI検査義務に
・バンタム級戦線混沌朗報!空位王座はマネル・ケイプが朝倉海をTKO
・あらためて神童・那須川天心!江幡塁が1Rに沈んだキック頂上決戦
・女子スーパーアトム級真正世界一決定戦新王者ハム・ソヒx浜崎朱加
・ハム・ソヒの元旦!15年間の日本でのギャラ横領をSNSに公表したが
・エージェント業務とは何か?あえて諸岡秀勝(秀克)擁護するならの考察
・会場29,315人発表も第二部平均視聴率5.2%とフジテレビ世間には届かず
・対抗戦大将戦は一矢:朝倉未来がブラジルのジョン・マカパに判定3-0
・RENAベラトールのリンジー・ヴァンザントにリベンジは凄い快挙なのだ
・アゼルバイジャン帰国で国民ヒーローになったトフィック・ムサエフ雄姿
・会場が感情移入して沸いた石渡伸太郎x扇久保博正フジ版は3Rだけ
・石井慧、元谷友貴も敗北!キック大雅はカット流血で白鳥大珠の勝利
・「狂蜂」だって!山本美憂45歳
・小規模ばかりの興行数は増えたが大会で割る動員数大幅減少の2019
・大晦日RIZIN視聴率惨敗の元凶とは?
・総括:ニッポンの年末格闘技どこに行く!?

 2020年1月5日にジャパンキックボクシング協会新春第1弾大会「KICK ORIGIN 2010 1st」が東京・後楽園ホールで開催された。4大メインのトリはジャパンキック協会フライ級王者の石川直樹が他団体4タイトル奪取経験者の松崎公則と対戦、またジャパンキック空位の3階級王座決定戦が行われた。

▼ジャパンキックボクシング協会
「KICK ORIGIN 2010 1st ~2020新春三階級王座決定戦~」
 photo & text by 紅 闘志也

・スペシャルマッチ対抗戦は石川直樹が膝肘を有効に使いTKO勝利!
・ジャパンキックボクシング協会3階級王座決定戦!
・ライト級永澤サムエル聖光(1位/ビクトリー)vs.興之介(3位/治政館)観客動員300名応援団
・ウェルター級は同門対決!政斗(1位/治政館)vs.現役高校生!モトヤスック(2位/治政館)
・フェザー級!渡辺航己(2位/JMN)vs.櫓木淳平(3位/ビクトリージム)
・ホープ馬渡亮太と元王者・瀧澤博人はタイ選手と国際戦!

 選手に似顔絵を渡して放浪する、格ヲタ似顔絵師ケーシーさん。そんな知る人ぞ知るケーシーさんの4コマ漫画が、週刊ファイト!に連載中! メジャーからマイナーな選手まで、幅広い交流を持つケーシーさんだからこそ描ける選手の意外な一面や人間性を知ることが出来るかも?

▼格ヲタ似顔絵師 ケーシーの四コマ漫画劇場:RIZINライト級GP優勝ムサエフ

・知る人ぞ知る格ヲタ似顔絵師ケーシー
・格闘技選手の素顔

 2019年末の12月27日から29日の3日間ミャンマーカレン州パァン・タウンカレイで開催されされた『第28巻カレン州新年会ラウェイ』。3日め最終日のメインには日本にも来日しているムエタイの強豪パコーン・PKセンチャイムエタイジムが参戦、ミャンマー67kgトップ選手のソー・リン・ウーと対戦、KO決着戦となった。

▼ソー・リン・ウーがパコーンに4RKO勝!
『28th KAREN NEW YEAR CELEBRATION』
 (c) Myanmar Lethwei Collection by 紅闘志也

・ムエタイの強豪パコーンがラウェイ参戦!
・ダウンにタイム使用ダウンも奪い、再開後KOの完全決着!
・両者試合2週間前には行っていた前哨戦は勝利!
・日本大会参戦選手やベテラン上位選手も参戦!

◆プロレス
 年が明けてのAEWは本拠地フロリダのジャクソンビルからの生中継。冒頭はCodyのマネージャーというか、入閣した元祖フォー・ホースメンのアーン・アンダーソンが出てくるところから。さらにプロモの天才MJFの毒舌が炸裂、前年の反省からかHappy Ending強化のようでエリート軍勝利が並んだのだが・・・

▼AEW元旦フロリダHome Comingプロモ天才MJF!エリート軍勝利トリ
(c) Lee South/AEW

 去り行く獣神サンダー・ライガー、本格的に帰ってくる高橋ヒロム、禁断のヘビー級&インターコンチ2冠戦。新日本プロレスの1月4&5日のダブルドームは各種報道にあるように、ベストバウト級連発、伝説引退、悲願達成、暴挙落胆で揺れまくった。新日本が勝負をかけた初の年始ドーム2連戦、そしてドーム明け大田区大会を現地からレポートする。

▼4年半の計はダブルドームにあり 内藤哲也ドームメイン初勝利&二冠 
 新日本1・4&5東京ドーム 1・6大田区 
 photo & text by TERUZ

・イッテンヨン4万人超! 内藤がドーム初のデハポン大合唱に王手
・内藤が悲願2冠獲得も・・・KENTAに襲撃され“大合唱”ならず
・ダブルドーム明け大田区 KENTA「2本のベルト、オレがいただく」
・こちらは大合唱! ライガー引退は『怒りの獣神』とともに
・外野開放! 2日間に分割開催しながらイッテンヨンで昨年超
・内藤ロスインゴ帰国は2015年 展開早いプロレス界で長編ドラマ

 NXTの元旦は録画番組でのベスト集とNXT大賞の発表という構成に。WWEの大本営発表の大賞だのHall of Fameなどは、ご都合主義もいいところで誰も真面目に考えてないし、権威のかけらもないのだが・・・(笑)。本誌の「鷹の爪大賞」と並べてみたら興味深い考察になろう。

▼NXT特番AコールJガルガノ最高試合からWar Gamesまでベスト選
©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 2020年代最初の初夢、安威川敏樹は素晴らしい夢を見た。プロレスが、オリンピック種目になっているのである。今年は東京オリンピックが開催されるが、そこでプロレスが五輪種目になるのは無理としても、将来的には決して夢物語ではない。もしプロレスが五輪種目となり、日本がメダルを獲れば、間違いなく日本にプロレス・ブームが巻き起こるだろう(かな?)。

▼2020年代に突入した最初の初夢! プロレス界の壮大な夢
 by 安威川敏樹

・プロレスが東京オリンピックの正式種目に!?
・ほとんどの日本人が理解していない、スポーツの定義
・プロレスの面白さを伝えるために、オリンピックを活用せよ!

 大会レポート記事とは別枠にて、新日本プロレスの年始三連戦を徹底検証。AEWとの関係から米国巡業まであらゆる関連する話題をシュート活字が深淵分析、核心に斬り込む。濃い情報の数々は他媒体には出てないものばかりだ。

▼東京ドーム連日考!内藤哲也二冠もBad Ending是非-AEW関係修復序幕
 photo by タダシ☆タナカ シュート活字委員会編

・AEWベルト巻き入場クリス・ジェリコ意義と世界からの#ThankYouLiger
・♪Ace of Spade棚橋弘至クリス・ジェリコ:新日がAEWベルト公式認知
・KENTA襲撃!!内藤デ・ハポン大合唱阻止直後の会話「これはダメだ!」
・11月末右目手術していた「内藤2ベルト」表紙狙ったのに・・・
・年間大会計画に来年ドーム予定や米国日程ナシの件と2日目の集客
・NJPW Global苦戦動向と長期計画と自慢しながらチグハグ綻びの盲点
・三連戦総括:オカダ・カズチカ最高論、ヒロム、新日Into The Unknown

 20周年イヤーとなる2020年を翌年に控えて、ノアは経営破綻寸前で新体制へとバトンタッチされた。元新日本プロレス役員の武田有弘氏が社長として陣頭指揮を執り、展開されたのは、これまでにはない選手の投入、ユニット間抗争だった。腰が重いイメージだったノアの選手たちが、ついに団体復興へと動き始めた。さらなる拡大のカギを握るのは何か。年末年始興行総括とともにレポートする。

▼仕掛ける姿勢と受け止める覚悟 20周年イヤーは視界良好 
 ノア後楽園(12・27、1・5)大会レポート
 photo & text by TERUZ

・【12・27後楽園】夢対決をぶち壊した金剛・・・杉浦軍が制裁!
・【1・5後楽園】丸藤戴冠! 2020年王者陣は往年メンバー
・開国で築け盟主包囲網 高いプロデュース力の持続がカギ

 2020年代が始まり、さあ、五輪イヤーだと腕まくりしている我が国のメディアではあるが、世界的には「すわ、第三次世界大戦か」がトレンドであり、いよいよ気候変動が取り返しのつかないものになりつつあるという思いを強くさせるオーストラリアの大火災が最大の関心事であろうか。そんな状況下でのWRESTLE-1なのだが・・・

▼持続可能性揺らぐ世界と師走血戦から紐解くWRESTLE-1の2020年
 Photo & Text by こもとめいこ♂

・木谷オーナーがトークショーで語った株公開の真意
・NOAHとの交流が意味するもの
・そしてWRESTLE-1が目指す方向
・12・26後楽園大会全試合画像増量でお届け

 全日本プロレス恒例の1月2&3日に行われる正月2連戦は今年も盛況だった。2日には世界タッグ選手権試合、3日には三冠ヘビー級選手権試合が開催となった。3年連続で東スポプロレス大賞の最優秀タッグを受賞した暴走大巨人は、その勢いのまま世界タッグ戴冠なるか。プロレス大賞で殊勲賞となった宮原健斗は、三冠防衛回数をさらに重ねられるか。現地・後楽園ホールからレポートする。

▼絶対王者化する宮原健斗 暴走大巨人との間に明暗
 全日本1・2 & 1・3後楽園
 photo & text by TERUZ

・【1・2後楽園】暴走大巨人が暴走不足の世界タッグ4度目奪取
・【1・3後楽園】ジェイク返り討ちV9 宮原三冠最多防衛タイ王手
・逆世代闘争が進むどころか、三冠挑戦者はさらに若い世代へ!?

 奇しくもエルビス・プレスリーの生誕日にメンフィス大会開催となったAEWだが、WWEのSmackDownが同じ会場ではないものの同地で生中継大会やったばかりであり、前売り段階は苦戦だったとも聞く。そこでメンフィスにゆかりのあるレジェンドたちに徴集がかかり、ロックンロール・エキスプレスや“ケーフェイカクテル”のオースチン・アイドル、”ブギウギ”ジミー・バリアントなど、大勢が会場に呼ばれたのだが、2時間の生中継番組は若いファン向きとばかり、彼らの登場するセグメントはYouTube番組AEW DARK用に収録されたようだ。そして肝心の2時間番組は、NXTに視聴者数で勝利を収めるのであるが・・・

▼エルビス生誕日AEWメンフィス「レッスルキングダム」言及!
 MOXジェリコのインナーサークル入り拒否
(c)Lee South/AEW

 米国はどっちにするか、あるいはどちらを録画にして先に見るか自由だが、日本からの視聴者の場合「水曜生TV戦争」はAEWが先で、WWEネットワーク解禁が金曜午前になるから、NXTがリア・リプリーのお出ましから始まり、日本でも馴染みのトニー・ストーム、ケイリー・レイ、紫雷イオらの強力な女子6人タッグから始めると、どうしてもAEWの女子戦線はブランディ・ローズ監督の考える教団ギミックといい、落ちる印象がより深まるのであるが・・・。そしてトマソ・チャンパ復帰の絶妙な編集ビデオが流れ、KUSHIDAのパートナーXがアレックス・シェリーと発表されてと・・・

▼ダスティ杯開幕NXTタイム・スプリッターズKUSHIDAアレックス・シェリー次週!
©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 記者座談会~一部で無謀とも言われた新日本プロレスのドーム2連戦(1・4 & 5)だったが、2日間で約7万人を動員して成功を収めた。だが、一方でスター不足を露呈。改めて新日プロの“弱点”が浮き彫りになった。今号の記者座談会でもその点が指摘された。

▼記者座談会
 新日プロ ニュースター輩出こそ最大の課題。社員を減らし新弟子を増やせ!

・改めて新日プロの“弱点”が浮き彫りになった
・木谷オーナー、ハロルド・メイ社長ともに胸を張って大成功を強調
・時代的にプロレス・ブームを起こすことはもう不可能
・アントニオ猪木のビデオメッセージは感動的でした

▼タブー満載企画【海外情報局543】
 年末年始2週期間 ネタばれ!?ロイヤルランブル優勝Bレスナー Mas Fight 始動
・デトロイト大箱会場SD中邑真輔組ら大受けも・・・フィーンドDブライアン決定
・3時間10分延長RAWラナBラシュリー結婚式、レズ愛人も現れドタバタ劇
・新年最初SmackDown普通過ぎ!? ウソーズ復帰ロイヤルランブル仕込み
・RAW新年アスカ「バカ、バカ、無理、無理」ベッキー報復一撃!AJ-戸澤陽
・ブライアン・ケイジとライノがタッグマッチで勝利!Impact Wrestling
・新生ダイナマイト兄弟大暴れバンディード激怒アレナメヒコ金曜定期戦
・ロス・ゲレーロスがカリスティコ組に勝利!アレナメヒコ金曜定期戦
・アリ・イサエフがヘビー級優勝!PFL 2019 #10: Championships
・2020年第1回『MAS FIGHT』定期戦“MAS FIGHT CAMBODIA”

★【easypay電子書籍】合わせて読めば流れがわかりさらに楽しめる!
01/02-09 年末年始 SmackDown現地 新日スターダム 藤波武藤 10年総括
12/26 TLCカイリ ActwresGirl’Z ノア金剛 1・4-5令和回顧 ラウェイ DEEP
12/19 全日最強タッグ AEW-NXT 新日本キック MLWオペラカップ 鷹の爪大賞
12/12 鷹の爪大賞2 ノア 船木藤田 水曜生 Bロジャース 保坂秀樹 MasFight
12/05 WWEシカゴ4連戦 メイ社長 鷹の爪大賞1 スターダム会見 ペイジ映画
11/28 デストロイヤー ノア 新日 大物NY集結 ラウェイ 氏神一番ヤマモ酒
11/21 AEW賛否両論 全日最強 白覆面 RISE女子 ガマシン JKAラウェイ 水曜
11/14 新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里
10/31 ノア全日W1 新日USA 水曜戦争絶頂 WWS 新日本キック ラウェイ台湾
10/24 RIZIN台風ONE 新日両国 水曜戦争3AEW里歩 スターダム 映画Iシーク
10/17 金曜SD初回 新日秋の陣 ぱんちゃん璃奈 キングダムエルガイツ WLC
10/10 AEW-NXT水曜生TV戦争 新日USA東部不穏 ノア拳王清宮 ラウェイ日本
10/3 鬼神ジェイDESTRUCTION神戸 北米バブル秋TV改編 中川達彦 長州地獄
9/26 イケメン宮原 AAA-MSG 猪木宮戸 NXT新日AEW 神童RISE王子 ラウェイ
9/19 MSG2連戦 ノアN1 猪木IWGP Impact移籍 ラガーマン DEEP イリエマン

'20年01月16日号BellatorRIZIN 東京ドーム大田区 WWE-AEW 全日ノアW1 JKA ラウェイ

商品コード weeklyfight215

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »