【easypay電子書籍】’19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里

’19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里

'19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里

商品コード weeklyfight207

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

▼華DATEの 週刊ファイト案内!999円ファイトクラブ、電子書籍~試してみよう!

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

新日本プロレス後楽園・内藤哲也タイチ-大阪ヒロム復帰東京ドーム・カード発表~両国国技館ノア拳王-清宮海斗+杉浦貴Mエルガン~坂口杏里ヘラヘラ三銃士ガチンコ戦全容と詳細~サウジアラビア『クラウン・ジュエル』顛末徹底検証~最長不倒ボリュームAEW Dynamite-NXT水曜生TV戦争5&6一挙収録~RAWナッソーコロシアム現地取材拡大版+カイリ・セイン特写~海外情報局拡大版増量ページ~新生KNOCK OUT女子・重森-翔~RISE 135秀樹いつか夫人~安威川敏樹:先進的プロレスファン+蝶野正洋~紅闘志也ミャンマーラウェイ内輪情報~ケーシー四コマ漫画:カメラマン保高/他、2週分特大全226ページ

超簡単!スマホ/タブレットなど全対応ファイトクラブ月額999円
スマホ/アップルiOS全ディバイス対応DMM.com電子書籍配信

◆10月25日~11月1日
 新日本プロレスは史上初の年始ドーム2連戦まであと2か月。IWGP戦線、インターコンチ戦線の両方が決着したところで、かねてから騒がれてきたダブルタイトル戦開催の是非はどうなったのか? ハロウィンムードと「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2019」公式戦による華やかさに溢れた10月28日の後楽園ホール大会を皮切りに、11月3日の大阪大会結果を振り返り、ドーム決戦を展望していきたい。

「水曜生TV戦争」の第5回である。初回とかは興味本位もあるのであまり数字の深読みは禁物なのであるが、そろそろWWEとの戦争が真価を問われ、視聴率競争が意味を持ってくる。「ワールドシリーズ第7戦」が究極の裏番組だったハンディはあるが、内容を公平に冷静比較ができる序盤戦を語るには試金石回であろうか。

 ラグビー・ワールドカップでは日本代表が準々決勝で敗退したが、驚異的な視聴率を叩き出した。それ以上に驚いたのは、日本戦以外でも高視聴率をマークしたことである。日本代表が出場しなくても、ファンはラグビーを楽しんだわけだ。プロレス・ファンは昭和の時代から、外国人同士の試合でも楽しむ術を知っていた。その意味では、プロレス・ファンは他のスポーツ・ファンに比べて先進的だったと言える。

 現地10・30(水)NXTの番組オープニングはフルセイル大学スタジオの狭い花道でPOPPYのバンド演奏から。まぁ口パクではあるのだが、ちゃんとドラムセットまで組み立てたんだから安易なものではない。そして音楽が♪Scary Maskに替わると漢字で「紫雷イオ」が大きく出る、と。ダークサイドの紫雷も合わせて踊れば、カブキ・ウォリアーズの凱旋にはBABYMETALの♪KARATEが流れるのだ。WWEネットワークはプロレスファンの必携である。見るべし!それしかない。

 スターダムのブシロードグループ加入で、ますます加速する KNOCK OUT 第2章。11・1後楽園ではポイントとなるTRY OUTから4試合がマッチメークされた。一方で、ブシロードにとって対岸の火事とは言えない宇崎ちゃん献血ポスター問題。表現の自由とセクハラのせめぎ合いに女子格闘技の果たす役割を独自の視点でお贈りする。

 日本時間の深夜2時から3時間半強のWWE『クラウン・ジュエル』は、歴史的な価値では女子カードが解禁されたことだろうか。そもそも前回も、ナタリアとアレクサ・ブリスが現地入りして許可を待っていたのだが、やはり当局は動かなかった経緯がある。さらにケイン・ヴェラスケスの参戦、元ボクシング王者タイソン・フューリーのプロレス挑戦、さらにはアンギャロ(カール・アンダーソン&ルーク・ギャロウェイ)が”世界最高タッグ”になってと、盛沢山の豪華大会ではあったのだが、事件は終わってからの帰路にあった。そして・・・。

 今週の総括:金曜発売がナシになったお詫びから。やはりグローバルにマット界を見渡して、一番面白いのは「水曜生TV戦争」である。レスリングの内容的にも、日本向きというだけではなく、やはり戦争というか競争が話題の軸になるのは当然だろう。しかし、WWEネットワークが米国以外で解禁されるのは24時間後で日本だと金曜午前になる。まして、サウジアラビアからのPPV『クラウン・ジュエル』も木曜深夜というか金曜になり、重要な3大会が発売日に重なってしまったのだ。さらには、一時は100ドルを超えたWWEの株価が落ち始めた問題にも斬り込んだ。そして日米で大ヒット中の映画『ジョーカー』は・・・。

◆11月2日~8日
 11月2日、今年に入って新経営陣となったノアが集大成としての年間最大ビッグマッチとなる両国国技館大会を開催した。メインは王者vs.覇者。GHC王者・清宮海斗にN-1覇者・拳王が挑む一戦となり、旗揚げメンバーではない2人に航海の舵取りが任された。新日本プロレスに次ぐ業界2位を標榜するノアのビッグマッチを現地からレポートする。

 総勢170名がサウジアラビアのリアド空港に足止めという緊急事態から、急遽予定を変更してNXT勢の侵攻という番組構成に変更して成功を収めたSmackDownだったが、続くRAWでもトリプルHがリムジンで乗り込んでNXT勢の侵略が続く編成となった。本誌ジョージ・ナポリターノ記者がナッソー・コロシアムに乗り込んで、ブランド抗争の現場から拡大版レポートをお届けする。

 ナンバーシリーズは最後となった11・4後楽園『RISE 135』。荒れた試合もあった興行のメインをハートウォーミングに秀樹が締めた。11・8新宿を控え、女子の試合は無かったが1500人の盛況で、興行としての安定感は群を抜く。いよいよ2020年代は世界戦略となるが、筆者が感じるある懸念とは? 独自の視点でお届けする。

「水曜生TV戦争」の第6回目だが、AEWは現地土曜夜(日本時間は日曜午前)に『FULL GEAR』PPV大会を控えてのノースカロライナ州シャーロットからの放送だ。そして最高のベビーフェイスに昇華したCodyが、大一番に向けてのプロモをかますのだ。対するクリス・ジェリコは、Codyとブランディの家庭内スキッドをパロディにして・・・。今週もAEW Dynamiteは必見なのである。

 BSフジ『クイズ! 脳ベルSHOW』に蝶野正洋が出演した。実は蝶野、過去にも同番組に出演して、優勝したことがある。ただし、そのときはプロレスラー大会だったが。今回の相手は、プロレスラーではなく普通の芸能人。レスラー相手ではなくても優勝して、レスラーだって頭がいいと、蝶野は証明できるか? しかしクイズが始まると、蝶野は文句ばっかり言って、レスラーの権威を落としてしまった!?

 現地11・6(水)NXT番組冒頭はAJスタイルズのThe O.C.が「倶楽部」のグラフィックともどもオーランドに乗り込んでくるところから。アンディスピューテッド・エラを襲撃したのだが、SNSなどでの事前告知はなかったからインパクトはあったかも。そして視聴者数が跳ね上がり、AEWに肉薄したのである。どこよりも詳しい大会分析拡大版は週刊ファイトだけだ。

 格闘技媒体で唯一?!独占の裏考察、巷で話題の坂口杏里vs.ヘラヘラ三銃士を詳報。二日酔いvs.日本チャンピオンの娘、ド素人同士の1戦を紙面実況する。ブラジャーを脱がせようとする戦法も飛び出した前代未聞の金網ガチンコ戦の行方は? そして堕ちた上級国人、坂口杏里論を独自の視点で斬り込んだ。

 選手に似顔絵を渡して放浪する、格ヲタ似顔絵師ケーシーさん。そんな知る人ぞ知るケーシーさんの4コマ漫画が、週刊ファイト!に連載中! メジャーからマイナーな選手まで、幅広い交流を持つケーシーさんだからこそ描ける選手の意外な一面や人間性を知ることが出来るかも?

 11月3日にミャンマー・ヤンゴンのテンピューボクシングスタジアムで、勝者ベルト贈呈のラウェイビッグマッチ第6回『Air KBZ FIGHT 6』が開催された。メインはラウェイ無敗のWLC世界ミドル級王者トゥトゥ vs. ILFJ日本人選手の代表格となった渡慶次幸平、コーメイン(セミファイナル)にラウェイ67㎏近位トップクラスのソー・リン・ウーが4月にTKOで敗れたシュー・ヤー・マンとのリベンジマッチである。女子マッチでは現ミャンマーの代表選手ベロニカvs.タイで戦績を重ねるイタリア選手のミレアム・サバット、その他ミャンマーvs. タイの国際戦、ミャンマー在住のラウェイ・クラブでトレーニングと試合も行うドイツ人vs.ミャンマー伝統武術タイ・ヨン・ヤンの武道家というスペシャルマッチも行われた。

 今週の総括:KNOCK OUTの重森陽太vs. 翔・センチャイジム戦を枕に、シュート活字委員会が他媒体を寄せ付けない高度な分析でグローバルにマット界を縦横無尽に論評する。果たしてWWEのブランド対抗戦はヒット企画となり、AEWとの「水曜生TV戦争」に逆襲するのか?

 記者座談会~先の11・2両国で部分的ながらリニューアルされたプロレスリング・ノア。観客の反応は予想された以上に良く、団体として息を吹き返した印象を与えた。とは言え、本格的な再建への第一歩を踏み出したに過ぎない。そこで最重要課題となるのが後楽園大会の集客だが・・・。

'19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里

商品コード weeklyfight207

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »

◆10月25日~11月1日
▼内藤哲也 風雲急ドーム2連戦 無冠からのドーム2冠なるか
 新日本10・28後楽園レポート&11・3大阪結果&ドーム展望
 photo & text by TERUZ

・PIETERさん美尻でハッピー・ハロウィン! メイ社長は殿様
・ドームでの白ベルト挑戦? イラ立つ内藤がタイチと乱闘
・ジェイ&KENTAはニヤリ 11・3大阪大会ダブル前哨戦に勝利
・これこそドーム2連戦の醍醐味!? 2冠狂奏曲が止まらない
・高橋ヒロム復帰でドーム王座戦、ジェリコが棚橋に対決要求
・なるかドーム初のデハポン大合唱!? 内藤「逆転の舞台」

▼「水曜生TV戦争5」AEW Dynamite志田光、米国移住後の初陣飾る!
 初代タッグ王座はルチャ兄弟下したSCU戴冠

 (c) Lee South/AEW 編集部編

▼昭和の時代から先進的だったプロレス・ファン
 by 安威川敏樹

・戦後まもない日本では、日本人が外国人を倒すことに熱狂した
・ザ・ファンクスvs.ブッチャー&シーク! 外国人同士で日本が熱狂
・ハンセンvs.アンドレによる超ヘビー級の肉弾戦に、ファンは大興奮

▼「紫雷イオ」漢字Tシャツに「かぶき戦士」テロップNXTレスリング重視

 (c)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved. 編集部編

▼KNOCK OUT 11・1後楽園TR YOU女子の意持つ意味
 Photo & Text by こもとめいこ♂

・TRYOUT女子2試合含む全カード画像増量でお届け
・『「宇崎ちゃんは遊びたい」血液センターコラボ応援フェア』とは
・ブシロードへ、女子格が果たす大いなる貢献
・今日のあおみん

▼サウジ女子解禁!ブレイ・ワイアット新王者:WWEクラウン・ジュエル裏

 (C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved. 編集部編

▼水曜生TV戦争と番組供給過多による視聴者減~NXTのSD侵略底力~今週総括
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編

・『クラウン・ジュエル』ハネダチのサウジアラビア空港足止め騒動
・WWEの独裁者ビンス・マクマホンJoker説と日米で大ヒットの映画考
・確かに豪華な『クラウン・ジュエル』も目玉2カードは期待外れ内容に
・国際知名度抜群タイソン・フューリーvs.ブラウン・ストローマン第5試合
・歴史的に残るのはサウジアラビア女子解禁になるのだがTシャツ姿と
・11・2対談収録:災い転じてSmackDownがNXT勢にテイクオーバー
・ハロウィン週:国内-WWE株価$55.96-NディアスUFC+ACH蔑視騒動

◆11月2日~8日
▼約5年ぶり都内ビッグマッチ 方舟乗船者5千人超で航海再び
 ノア11・2両国国技館大会レポート
 photo & text by TERUZ

・藤田の近年ベストバウト! 引き出したノアの懐の深さ
・毒霧と火炎攻撃で丸藤の視界奪う! ムタ閃光魔術3連発
・両国にパワーホール! 長州立会人の新設王座は杉浦戴冠
・タイガースープレックス3発でV6 清宮「業界1位」目標に
・マス席フルバージョンで堂々勝負! 観衆5523人の意義
・シンプルだった清宮と拳王の対立 大会の功労者・拳王
・どこまで計算!? “プロレスのつくり方”までSNSで話題に

▼RAW現地取材ナッソーコロシアム!
 アダム・コールNXT王座戦他侵略続く

 拡大版収録『サバイバー・シリーズ』前3軍対抗戦
 photo by George Napolitano 編集部編

▼11・4 RISE135 後楽園で見えた世界戦略への懸念
 Photo & Text by こもとめいこ♂

・井上尚弥への中二病的思い
・RISEルールへの懸念
・秀樹の闘いの意味とは
・現メンバー最後のRISE FORCE

▼AEW悲願の世界王者!? 善Cody悪CジェリコPPV『FULL GEAR』直前

 (c)Lee South/AEW. 編集部編

▼レスラー大会でクイズ優勝した蝶野正洋、レスラー以外相手に挑む!
 by 安威川敏樹
130923Chono0025.jpg
・ヒントを貰っても、サービス問題でも、蝶野正洋は文句ばっかり
・2日目に、2位以内に入れば、金曜日の決勝戦に進出だ!

▼AJスタイルズらO.C.がNXT見参!RAW-SDとの3軍対抗前哨戦進展

 (c)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved. 編集部編

▼坂口杏里の総合格闘技戦敗退!浅倉カンナ実況!レフェリー超人イリエマン裏
 by 格闘技I記者 w/編集部

・坂口杏里vs.ヘラヘラ三銃士さおりん
・トリックスター・イリエマンの本領発揮!?
・ポロリもあるよ?! 素人同士の1戦へ本誌の目
▼坂口杏里よ何処へ行く
 byこもとめいこ♂
・深酒をしていたとの触れ込みでリングインする2世タレントという上級国民
・週刊ファイトYouTubeチャンネルのインサイド別版リンク紹介

▼格ヲタ似顔絵師 ケーシーの四コマ漫画劇場:保高カメラマン

・知る人ぞ知る格ヲタ似顔絵師ケーシー
・格闘技選手の素顔

▼ラウェイビッグマッチ第6回『Air KBZ FIGHT 6』
 Photo Zin Lin Htunn & text 紅闘志也 

・メインはラウェイ無敗のWLC世界王者vs. 日本人ラウェイ最多戦績の渡慶次幸平!
・コーメインはラウェイ67kgトップクラスのリベンジ戦!
・女子マッチにMTBF王者ベロニカvs.イタリアの何本ものベルト獲得したミリアム・サバット!
・ドイツ人ラウェイ選手vs.ミャンマー武術のスペシャルマッチ!

▼今週総括:KnockOut重森x翔~子猫カイリらJoshi活躍の水曜生TV戦争必見
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
 photo by こもとめいこ♂ George Napolitano

・格闘技なら11・1『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』
・今週号は2週分の特大号!カイリ・セイン子猫メイクアップ
・トリプルHだけじゃなくWWE会社愛セス・ロリンズいびりが面白いのだ
・水曜生TV戦争いよいよ視聴者数肉薄AEW822,000にNXT813,000
・ヴァイキング・レイダースやNXT勢とも因縁の”世界最高”アンギャロ

▼記者座談会
 杉浦が初代ナショナル王者に。後楽園大会で藤田、桜庭と防衛戦?

・そこで最重要課題となるのが後楽園大会の集客だが・・・
・丸藤は“負けブック”を嫌がらない?
・王座新設はノアの経営基盤となる後楽園大会へのテコ入れですよ
・新日出身の武田社長は、新日プロとの差別化をどんどん図っていく

▼タブー満載企画【海外情報局535】
 WWEサウジ飛行機トラブルも切り抜ける! UFCロック様祝福NYC大統領観覧
・ホーガン、フレアーSmackDownクラウン・ジュエル予告編!中邑真輔3回
・RAWペイジ復帰もKウォリアーズ毒霧!番組トリはルセフとラナ離婚裁判
・Sキャラハン新王者Impact Wrestling男女対決テッサ・ブランチャード
・新旧ミスティコ・コンビが王座戦を要求!CMLLアレナメヒコ金曜日
・サイコ・クラウン組勝利もルード軍大暴れ!AAA テレビテーピング大会
・DマイアがBアスクレンに一本勝ち!UFCファイトナイト・シンガポール
・コネチカットBellator231古兵決戦フランク・ミア判定勝ちロイ・ネルソン
・連戦Bellator232ローリー・マクドナルド下しドゥグラス・リマが新王者
・WWE緊急事態が歴史的な中継に!NXT勢にSDテイクオーバーされる
・Tドリーマー横槍Impact Wrestling新王者Sキャラハン8人タッグ敗
・死者の日にカリスティコとミスティコが新王者:CMLLアレナメヒコ金曜日
・Jマスヴィダル圧倒!Nディアス流血3R止めUFCロック様トランプMSG
・ヘビー級とライトヘビー級で決勝進出者が決定!ベガスPFL 2019 #9

★【easypay電子書籍】合わせて読めば流れがわかりさらに楽しめる!
10/31 ノア全日W1 新日USA 水曜戦争絶頂 WWS 新日本キック ラウェイ台湾
10/24 RIZIN台風ONE 新日両国 水曜戦争3AEW里歩 スターダム 映画Iシーク
10/17 金曜SD初回 新日秋の陣 ぱんちゃん璃奈 キングダムエルガイツ WLC
10/10 AEW-NXT水曜生TV戦争 新日USA東部不穏 ノア拳王清宮 ラウェイ日本
10/3 鬼神ジェイDESTRUCTION神戸 北米バブル秋TV改編 中川達彦 長州地獄
9/26 イケメン宮原 AAA-MSG 猪木宮戸 NXT新日AEW 神童RISE王子 ラウェイ
9/19 MSG2連戦 ノアN1 猪木IWGP Impact移籍 ラガーマン DEEP イリエマン
9/12 8・31決戦AEW新日WWE MASTERS達人 猪木元気 DeepJewels 新日キック
9/5 TAKAYAMANIA 橋本田鶴子 週末AEW新日WWE 甲子園出身 殺アオリマン
8/29 RIZIN堀口敗退 新生KnockOut AEW-NXT 浅草橋シュート活字 ラウェイ
8/22 徹底検証特集!G1武道館3連戦-WWEトロント4連戦 新間寿殿堂祝う会
8/15 G1大阪 W1事故 レイス特集 WLCラウェイ JKA旗揚げ PPP会見 浅草橋
8/8 レイス追悼 G1愛知 RIZIN RISE ラウェイ日本 世志琥 AEW ムエローク
7/25 エクストリーム・ルールズ SEAdLINNNG Evolve AEW G1 ラウェイ決勝
7/18 ダラス対決RAW-G1 ImpactW CMLL
1 WWE両国 AEW 長州回顧 谷津嘉章 W1 Pアグアヨ 安里紗 DEEP ラウェイ

'19年11月14日号新日 サウジSD-RAW-AEW-NXT ノア KnockOutRiseラウェイ 坂口杏里

商品コード weeklyfight207

価格 500 円

ウィッシュリストに追加する »