ONEクアラルンプール地元選手に観客熱狂!ヨードセングライ1RKO勝利、猿田洋祐アレックス・シウバに勝利、新村優貴撃沈

【現地クアラルンプール発】

 12月7日、マレーシアのクアラルンプール郊外にある、さいたまスーパーアリーナ級の近代設備の整ったアシアタ・アリーナで年内最後の大会となるOne Championshipの『Destiny of Champions』が開催。国際色豊かな選手が集結したこともあり、世界各国から大勢のメディアが集った大会でもあったが、やはり地元マレーシアの選手の大活躍に観客が熱狂した。また、メインを締めたのはムエタイ部門、元8冠王ヨードセングライの1RKO勝利。日本人選手では、色んな意味で明暗を分けた。
 速報ブログでは日本の読者の関心を軸に簡単に紹介するが、月曜10日発売予定の『週刊ファイト12月16日号』に、遠征記の詳細と合わせて大会全容、さらにはアジア発ONEの世界戦略を特集予定である。

■ ONE 85 :Destiny of Champions
日時:12月7日(金)(時差は日本と1時間)
会場:アシアタ・アリーナ

<メインイベント 第11試合 ONE Super Seriesムエタイ フェザー級>
○ヨードセングライ・フェアテックス(タイ)
 1R 2分08秒 KO
●ルイス・レジス(オーストラリア)

 KISSの♪I Love it Loudを入場曲にしてきたヨードセングライ。MMAグローブの違いを事前インタビューで言っていたことは本当だった。黄金の左足から始まり、定番の攻撃を見せたものの、距離をいつもより縮めて最後はパンチ。右、左とたたみかけてから、一気に下からアッパーの右を三連打してオーストラリアのトップ選手ルイス・レジスをKOした。
 ONEの試合後インタビューは特殊というか、メディア関係者が金網内に入り、そこに再び出てきた選手の母国語媒体から質問開始になり、最後に英語の順番である。「引退宣言はどうなったのか?」と聞いてみたが、「引退とは言ってない。1年休むと言っただけ」とのことだった。公約通り、そして作戦通りに勝った試合ということになる。「MMAグローブでも、ボクシンググローブでも、今後どちらでもやる」とも答えていた。おじさんはビックリするほど元気だった。

<第7試合 ミドル級 3分5R>
●新村優貴
 1R 4分25秒 フットチョーク三角絞め
○ビタリー・ビッグダッシュ

 フットチョークで締め上げ、さらにアームバーも極めようとしたが、すでに流血の新村は腕が延びる前にタップした。ロシア人は強かった。

<第6試合 ストロー級 5分3R>
●アレックス・シウバ(ブラジル/シンガポール)
 判定3-0
○猿田洋祐(日本)

 ともに柔術の逃げ方を知っている者同士だが、初めてMMAを見た方には高度な寝技の攻防がわかりにくかったかもにせよ、猿田が強豪に競り勝ったことは大きい。

<第3試合 女子アトム級 5分3R>
○V.V MEI
 判定3-0
●ジョマリー・トーレス

 事前のインタビューで「勝ち方が問われている」と話していたV.V MEIだったが、やはりフィリピンの新鋭ジョマリー・トーレスはかませ犬ではなかった。パンチを磨いてきたとの成果もあり、何度もV.V MEIの顔面を捉えていた、そして3Rでフィニッシュさせなかったのだから今後には要注目だろう。

◆二度あることは三度あるのか? 竹中、またも対戦相手の計量失格で試合ナシに
<バンタム級 5分3R>
竹中大地(日本)
 中止
ケビン・チャン(韓国)
※9月、上海大会のローマン・アルバレス戦も現地入りなのに中止。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼ONEクアラルンプール12・7『DESTINY OF CHAMPIONS』現地取材詳細

[ファイトクラブ]ONEクアラルンプール12・7『DESTINY OF CHAMPIONS』現地取材詳細

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年12月16日号鷹の爪大賞 爆弾小僧Ray追悼 年内最終ONEクアラルンプール Jewels