CMLLカイル・フレッチャーROHTV王座アトランティスJr.へ 覆面クリス・ジェリコ

(C)CMLL

 6月28日(現地時間)にメキシコシティ・アレナメヒコで『CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦』が開催された。
 今大会は、CMLLがAEWと提携した事により、AEWと同じ経営母体のROHのテレビ王者であるカイル・フレッチャーがアレナメヒコに登場。なんとROHテレビ王座の防衛戦を、アトランティスJr.と行うことになった。
 アトランティスJr.は父親がCMLLの象徴であるアトランティスなので、まさにサラブレットという形で、CMLLでもNWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者だが、他団体の王座を奪えば、メキシコ外でも、その実力が認められる事になる。試合は、なんと試合はアトランティスJr.が勝利して王座を奪取。必殺アトランティダからパワーボムのように投げるなど、大技を連発したアトランティスJr.がフロッグスプラッシュ連発でフォール勝ち。アトランティスJr.はメキシコだけではなく(NWAヒストリック王座はCMLLが管理している)北米の王座を奪い、これで世界的なレスラーとなりそうだ。

 セミファイナルでは、ミスティコ、ボラドールJr.、エスフィンヘのテクニコ軍とアベルノ、アンヘル・デ・オロ、エウフォリアのルード軍が真正面から対戦。試合はアベルノがボラドールJr.に反則ローブローを決めてルード軍が反則負けになった。しかし、試合とは別にミスティコを謎の覆面男が襲ったのだった。そしてその覆面男がマスクを脱ぐとなんとクリス・ジェリコ(コラソン・デ・レオン=ライオンハート)だった。今後CMLLとAEWの交流は更に進みそうだ。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2024年6月28日(現地時間・放送日)
会場:メキシコ合衆国メキシコシティ・アレナメヒコ

<ROHテレビ王座タイトルマッチ>
○アトランティスJr.(挑戦者)
 1-0
●カイル・フレッチャー(王者)

<6人タッグマッチ>
○ミスティコ ボラドールJr. エスフィンヘ
 2-1
●アベルノ アンヘル・デ・オロ エウフォリア

<タッグマッチ>
○ウルティモ・ゲレロ スタルJr.
 2-1
●ティタン テンプラリオ


※月額999円ファイトクラブで読む
▼TNA交流中NXT数字増加も冒頭バトルロイヤル優勝者がトリで負ける

[ファイトクラブ]TNA交流中NXT数字増加も冒頭バトルロイヤル優勝者がトリで負ける

▼MJF本年初登場AEW調印Tストーム白川未奈オーエン・ハート杯開始

[ファイトクラブ]MJF本年初登場AEW調印Tストーム白川未奈オーエン・ハート杯開始

▼SD札止めMSGファトゥ加入Bloodlineソロ・シコア統領Pヘイマン惨殺

[ファイトクラブ]SD札止めMSGファトゥ加入Bloodlineソロ・シコア統領Pヘイマン惨殺

▼NY禁断扉AEW内藤哲也IWGP奪回MOX 至宝戦Swerveオスプレイ

[ファイトクラブ]NY禁断扉AEW内藤哲也IWGP奪回MOX 至宝戦Swerveオスプレイ

▼Oハート杯ブライアン・ダニエルソン鷹木信悟20分『禁断の扉』part2

[ファイトクラブ]オーエン・ハート杯ブライアン・ダニエルソン鷹木信悟20分『禁断の扉』part2

※600円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻)
’24年07月04日号Bloodsport武士道 安齊勇馬V2 カズハヤシ大阪 潮崎豪 KnockOut代々木

’24年07月11日号NY現地取材MSGヘイマン惨殺新日AEW禁断の扉IWGP内藤スターダム子会社