ミスティコが20周年記念興行で勝利!CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦

(C)CMLL

 6月21日(現地時間)にメキシコシティ・アレナメヒコで『CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦』が開催された。
 今大会はミスティコ20周年記念興行として行われ、同時に提携団体・新日本プロレスとの合同イベント、ファンタスティカマニアでもある大会となった。
 メインは当然、ミスティコで、シングルマッチで新日本プロレスの高橋ヒロムと対戦した。試合はヒロムがミスティコの覆面に手をかけ、反則であるローブローなどで攻めるも、ミスティコが怒りの逆襲。最後は必殺のミスティカを極めヒロムからギブアップを奪ってミスティコが記念大会を勝利で飾った。試合後は皆から祝福されたミスティコに、ヒロムもミスティコの強さを認め、素直にミスティコには勝てないと、祝福した。
 セミファイナル以下も、新日本プロレスから参戦選手が登場し、CMLL軍は普段は敵対しているテクニコとルードが組んで、外敵退治に乗り出した。
 セミファイナルのボラドールJr.、アベルノがザック・セイバーJr.、マイケル・オクを迎え撃った。しかしテクニコとルードが組んだ為、CMLL軍が誤爆連発で遂に仲間割れ。ボラドールJr.が必殺のカナディアン・デストイヤーを決めて勝利間違いなしと思われたが、なんとアベルノがカットして、逆に反則ローブローをパートナーのボラドールJr.に当ててしまったのだった。その隙にセイバーJr.とオクがフォールを奪って外敵軍の勝利。試合後、アベルノはボラドールJr.を口撃。この両者の抗争が始まりそうだ。

■ CMLL アレナメヒコ金曜日定期戦
日時:2024年6月21日(現地時間・放送日)
会場:メキシコ合衆国メキシコシティ・アレナメヒコ

<シングルアッチ>
○ミスティコ
 1-0
●高橋ヒロム

<タッグマッチ>
○ザック・セイバーJr.、マイケル・オク
 1-0
●ボラドールJr.、アベルノ

<タッグマッチ>
○石森太二、ロッキー・ロメロ
 2-1
●マスカラ・ドラダ、テンプラリオ

<新日本STRONG王座タイトルマッチ>
○ステファニー・バッケル(王者)
 1-0
●カタリーナ(挑戦者)

<タッグマッチ>
○マグヌス、ルヒド
 1-0
●バッド・ドュード・ティト、チェ・カブレラ

<6タッグマッチ>
○フトゥーロ、マックス・スター、ベガス
 1-0
●Dr.カロンテ1号、2号、アストロボーイJr.


※月額999円ファイトクラブで読む
▼TNA交流中NXT数字増加も冒頭バトルロイヤル優勝者がトリで負ける

[ファイトクラブ]TNA交流中NXT数字増加も冒頭バトルロイヤル優勝者がトリで負ける

▼MJF本年初登場AEW調印Tストーム白川未奈オーエン・ハート杯開始

[ファイトクラブ]MJF本年初登場AEW調印Tストーム白川未奈オーエン・ハート杯開始

▼SD札止めMSGファトゥ加入Bloodlineソロ・シコア統領Pヘイマン惨殺

[ファイトクラブ]SD札止めMSGファトゥ加入Bloodlineソロ・シコア統領Pヘイマン惨殺

▼NY禁断扉AEW内藤哲也IWGP奪回MOX 至宝戦Swerveオスプレイ

[ファイトクラブ]NY禁断扉AEW内藤哲也IWGP奪回MOX 至宝戦Swerveオスプレイ

▼Oハート杯ブライアン・ダニエルソン鷹木信悟20分『禁断の扉』part2

[ファイトクラブ]オーエン・ハート杯ブライアン・ダニエルソン鷹木信悟20分『禁断の扉』part2

※600円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻)
’24年07月04日号Bloodsport武士道 安齊勇馬V2 カズハヤシ大阪 潮崎豪 KnockOut代々木

’24年07月11日号NY現地取材MSGヘイマン惨殺新日AEW禁断の扉IWGP内藤スターダム子会社