マッズ・バーネルがメインで判定勝ち!PFL 5: 2024 Regular Season

(C)PFL

 6月21日(現地時間)にユタ州ソルトレークシティーで『PFL 5: 2024 Regular Season』が開催された。
 世界唯一の総合格闘技(MMA)リーグであるプロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(Professional Fighters League、PFL)は、レギュラーシーズン、「勝ち抜き」プレーオフ、シーズンを締めくくるチャンピオンシップで闘う個人のファイターが参加する真のスポーツとしてMMAを提供する最初の組織である。MGM Televisionとの新しい提携は、世界中の3億人のMMAファがンとの交流の最大化を目指すPFLマルチプラットフォーム配信に、台本なしのプログラムとショート形式のコンテンツを提供する。当初の台本なしシリーズは、ファイターの日常生活をファンに提供し、チャンピオンがPFLリーグ・プレーオフで出場権を獲得するパラレル・トーナメントを特徴とする。
 今大会のセミメインイベントでは、2023年PFLライトヘビー級チャンピオンのインパ・カサンガネイがヤコブ・ネドーと対戦した。二人は激しく戦い、カサンガネイは連続する破壊的なパンチを決め、第2ラウンド後にドクターストップがかかった。カサンガネイは2024年PFLグローバルシーズンプレーオフへの出場を決め、100万ドルへの旅を続ける。
 メインイベントでは、クレイ・コラードとマッズ・バーネルが3ラウンドの距離を戦った。バーネルは優れたグラウンドゲームで試合をコントロールし、コラードの打撃の利点を無効にした。バーネルはコラードの地元復帰戦でスポイラーとなり、満場一致の判定で勝利を収めた。
 元ベラトールライト級チャンピオンのパトリッキー・ピットブルがブルーノ・ミランダとライト級グローバルシーズンの試合で対戦し、ミランダがスプリット判定でピットブルに勝利した。残念ながら、ポイントの関係でミランダもピットブルもPFLプレーオフからは脱落した。
 2022年PFLライトヘビー級チャンピオンのロブ・ウィルキンソンが2023年の準優勝者ジョシュ・シルベイラとグローバルシーズンの試合で対戦した。二人は3ラウンドにわたり技術的な見せ場を作った。最終的に、ウィルキンソンが僅差のスプリット判定で勝利を収めた。両選手とも2024年PFLプレーオフへの出場を確定した。

■ PFL 5: 2024 Regular Season
日時:2024年6月21日(現地時間)
会場:アメリカ合衆国ユタ州ソルトレークシティー

<ライト級>
○マッズ・バーネル(デンマーク)
 判定
●クレイ・コラード(米国)

<ライトヘビー級>
○インパ・カサンガナイ(米国)
 2R 5分00秒 TKO]
●ヤコブ・ネドー(スロヴェニア)

<ライトヘビー級>
○ロバート・ウィルキンソン(豪州)
 判定
●ジョシュ・シウヴェイラ(米国)

<ライトヘビー級>
○ドヴェルジャン・ヤクシムラドフ(トルクメニスタン)
 判定
●シモン・ビヨン(カメルーン)

<ライトヘビー級>
○アレックス・ポリッツィ(米国)
 判定
●アントニオ・カルロス Jr.(ブラジル)