Rampage異星人Lハーシュ不仲ルチャザウルスJボーイ防衛Dオーダー

(c) AEW

■ AEW Rampage
日時:1月14日(現地放送時間 録画番組)
会場:米ノースカロライナ州ローリー PNCアリーナ


 現地会場ではDynamiteの3時間目として収録されたもの。先週のRampageが結局写真ナシだったので、このままRampageはナシになるのかと思っていたところ、日本時間では本日になってやっとマスコミ配布。とっくの昔に写真撮ってるハズなんだが、時々AEWは変なところがある。
 今年から日本からの視聴環境だとAEWの方が先になったのだが、本日写真受領なので細部忘れている箇所あるかもなのだが、充実の内容ではあった。最初に出てきたのはまたもアダム・コールから。Dynamiteでの番組上での公認となるKISSに続て、もはやDr.ブリット・ベイカーも軍団の一員になったようだ。

 コールが首の調子が悪くなって手術してリング復帰のトレント(・バレッタ)にラストショットを決めるのだが、トレントはまだ本調子でないのかも。


 久しぶりのシングル戦出番となったWWEの「パーフェクト10」男ショーン・スピアーズなんだが、Jobberランクのアンドリュー・エヴェレットにデスバレー・ドライバーを見舞って勝利しても・・・。相変わらず大口だけは叩いていたけど。


 時間差があるものだから、大晦日の女子の大流血戦が今になって一部の一般媒体の方でも叩かれたりしているバニー&ペネロピー・フォードなんだが、どこ吹く風で今回はナイラ・ローズとのトリオ結成。一方のベビーフェイス組はDynamiteでの仕込み段階から「仲が悪いまま組まされた」アングルやっていた異星人クリス・スタッドランダーとレイラ・ハーシュに、レッド・ベルベットも加わった布陣に。

 案の定、異星人とレスリング出身のLEGIT本物のタッチがうまくいかない。揉めているところを異星人が場外に落とされ、その隙にバニーがレイラを丸め込んだ。さて、仲たがいの二人の一騎打ちはあるのか?


 ROHから来たジェイ・リーサルが、実況席のリッキー・スタークスに「FTR王座なんかAEW公認してないじゃないか」と。ただ、「だったら俺が挑戦してやる」というのも失笑なんだが、試合は凄い内容になりそうなんでアリだ。


 番組トリがダークオーダー軍からジョン・シルバーとアレックス・レイノルズが選抜。ジョン・シルバーvs.アダム・コール戦があった昨年11月にはコールをキスするTシャツも発売されているコンビである。

 やはりジョン・シルバーはひょうきんなキャラだけでなく出来る職人である。メインは締まって良い試合になった。最後は合体の3Dがレイノルズに決まっている。

 Dynamite2時間含めてこのカードがイチバンお客さんを沸かせていた。それがすべてだろう。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼AEWジョン・モクスリー復帰:男女混合Cody漆黒館スティングDアレン

[ファイトクラブ]AEWジョン・モクスリー復帰:男女混合Cody漆黒館スティングDアレン

▼マット界オコロナ拡大中:YouTuber氾濫にどう専門媒体は対処するか

[ファイトクラブ]マット界オコロナ拡大中:YouTuber氾濫にどう専門媒体は対処するか

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’22年01月27日号藤原祭復活 続報シバターS小林新日Noah横アリ J鶴田Sハンセン MOX