新日本プロレス棚橋弘至負傷欠場! 『WORLD TAG LEAGUE』AブロックはL.I.Jコンビが決勝進出!!

 Twitterのハッシュタグで#NJPWが年間TOP10内にl食い込んだことでも解る様に、新日本プロレスは完全にかつての金曜8時の大ブームに匹敵するぐらいに社会的に認知されるようになったといっていい。
 否、かつてのブームが主に少年~中高年男性に限定されていたのに比べると、老若男女への浸透ぶりは往時を凌ぐ勢いであろう。
 それを象徴するように、12・17、18後楽園ホール大会『Road to TOKYO DOME』にJRAの冠協賛が決定。 
 また、12月4日には木谷オーナーが長岡技術科学大学で起業セミナーを行い、同地で『長岡技大×ブシロード×新日本プロレス×長岡市 ― これからの常在戦場と米百俵 ―』を3月21日に開催することを発表。
 このイベントに連動して、来春のジャパンカップ決勝戦が開催されることになった。

https://sp.bushiroad.com/nagaoka/
 1・4東京ドームもアリーナAが完売と引き続き売れ行き好調だが、一方棚橋弘至が膝の負傷で、シリーズ残り試合の全休が発表されたのは心配なニュース。

 そんな中、WORLD TAG LEAGUEもいよいよ終盤に差し掛かった。
 連日満員札止めが続き、13年振りとなった高地県民体育館にも後楽園ホール並みの1665人を集客。
 12・8広島も満員札止めとなり、Aブロック最終戦が行われ、SANADA&EVIL組が決勝進出を果たした。優勝して1・4東京ドームでIWGPタッグ挑戦となると、カード編成上BUSHIが浮いてしまうという問題が浮上するがどうなるか。
 Bブロックはウォーマシン、G.O.D、ジェフ・コブ&マイケル・エルガン組、石井&矢野のケイオス、ベストフレンズ、K.E.Sが8点で並び、最後の直接対決で決着が着く団子状態。
 コブ&エルガン組かベストフレンズが勝ち上がれば、カード的にも新鮮な防衛戦となりそうだが、果たしてどうか。
 
 その他の試合で注目すべき結果は、12・1豊橋の6人タッグでヘナーレが岡倫之にフォール勝ちした試合。
 年内は岡とヘナーレの試合は予定されておらず、北村克哉がタッグリーグ戦遺り1試合で借りを返すのか、あるいは北村にも土を着けてヘナーレがヤングライオンの枠からは一歩抜け出して終わるのか、見守りたいところだ。

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
日時:12月1日(金) 開場17:00 開始18:00
会場:愛知・豊橋市総合体育館第2競技場
観衆:1055人(札止め)

<第1試合 20分1本勝負>
●北村克哉 デビッド・フィンレー ハンソン レイモンド・ロウ
 7分56秒  横入り式エビ固め
チャッキーT バレッタ 〇矢野通 石井智宏

<第2試合 20分1本勝負>
●レオ・トンガ タンガ・ロア タマ・トンガ
 8分33秒  キラーボム⇒エビ固め
エル・デスペラード 〇デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー

<第3試合 20分1本勝負>
〇ヘナーレ 真壁刀義 棚橋弘至
 9分51秒  サモアンドロップ⇒エビ固め
●岡倫之 ジェフ・コブ マイケル・エルガン

<第4試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(2勝3敗=4点)
●小島聡 天山広吉
 9分48秒  ピンプジュース⇒片エビ固め
〇高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ
(3勝2敗=6点)

<第5試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(1勝4敗=2点)
●中西学 永田裕志
 10分15秒  マジックキラー⇒片エビ固め
〇SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(3勝2敗=6点)

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(3勝2敗=6点)
サミ・キャラハン ●ジュース・ロビンソン
 8分56秒  ゴッチ式パイルドライバー⇒体固め
飯塚高史 〇鈴木みのる
(3勝2敗=6点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(3勝2敗=6点)
YOSHI-HASHI 〇後藤洋央紀
 9分36秒  GYR⇒片エビ固め
●チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ
(2勝3敗=4点)

<第8試合 30分1本勝負>
外道 ウィル・オスプレイ 〇オカダ・カズチカ
 12分45秒  レインメーカー⇒片エビ固め
高橋ヒロム ●BUSHI 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
日時:12月2日(土) 開場16:00 開始 17:00
会場:大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナ
観衆:1485人(札止め)

<第1試合 20分1本勝負>
〇八木哲大 中西学
 7分52秒  アルゼンチン・バックブリーカー
●海野翔太 岡倫之

<第2試合 20分1本勝負>
●川人拓来 永田裕志
 7分27秒  Banshee Muzzle
SANADA 〇“キング・オブ・ダークネス”EVIL

<第3試合 20分1本勝負>
YOSHI-HASHI 〇後藤洋央紀
 10分55秒  GYR⇒片エビ固め
●エル・デスペラード 鈴木みのる

<第4試合 20分1本勝負>
サミ・キャラハン 〇ジュース・ロビンソン 小島聡 天山広吉 棚橋弘至
 9分53秒  パルプフリクション⇒片エビ固め
●レオ・トンガ 高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ

<第5試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(0勝5敗=0点)
●北村克哉 デビッド・フィンレー
 7分26秒  ストロングゼロ⇒エビ固め
チャッキーT 〇バレッタ
(4勝1敗=8点)

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(0勝5敗=0点)
●ヘナーレ 真壁刀義
 7分35秒  エルガンボム⇒エビ固め
ジェフ・コブ 〇マイケル・エルガン
(3勝2敗=6点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(4勝1敗=8点)
タンガ・ロア 〇タマ・トンガ
 9分42秒  ガンスタン⇒片エビ固め
●デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー
(3勝2敗=6点)

<第8試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(3勝2敗=6点)
ハンソン ●レイモンド・ロウ
 13分05秒  横入り式エビ固め
〇矢野通 石井智宏
(3勝2敗=6点)

<第9試合 30分1本勝負>
●外道 ウィル・オスプレイ オカダ・カズチカ
 12分51秒  エムエックス⇒片エビ固め
高橋ヒロム 〇BUSHI 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
日時:12月3日(日) 開場17:00 開始18:00
会場:高知・高知県民体育館
観衆:1665人

<第1試合 20分1本勝負>
〇川人拓来 中西学 永田裕志
 5分58秒  回転延髄斬り⇒片エビ固め
●成田蓮 八木哲大 海野翔太

<第2試合 20分1本勝負>
●ヘナーレ ハンソン レイモンド・ロウ
 8分54秒  ストロングゼロ⇒エビ固め
チャッキーT 〇バレッタ 石井智宏

<第3試合 20分1本勝負>
●岡倫之 真壁刀義
 6分30秒  キラーボム⇒エビ固め
〇デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー

<第4試合 20分1本勝負>
YOSHI-HASHI 矢野通 〇後藤洋央紀
 10分57秒  GTR⇒片エビ固め
●エル・デスペラード 飯塚高史 鈴木みのる

<第5試合 30分1本勝負>
●北村克哉 デビッド・フィンレー ジェフ・コブ マイケル・エルガン 棚橋弘至
 11分44秒  ライト・オブ・パッセージ⇒片エビ固め
レオ・トンガ 高橋裕二郎 〇ハングマン・ペイジ タンガ・ロア タマ・トンガ

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(3勝3敗=6点)
●サミ・キャラハン ジュース・ロビンソン
 9分10秒  横入り式エビ固め
〇チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ
(3勝3敗=6点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(2勝4敗=4点)
小島聡 ●天山広吉
 11分45秒  マジックキラー⇒片エビ固め
〇SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(4勝2敗=8点)

<第8試合 30分1本勝負>
●外道 ウィル・オスプレイ オカダ・カズチカ
 13分26秒  エムエックス⇒片エビ固め
高橋ヒロム 〇BUSHI 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
日時:12月5日(火) 開場17:30 開始18:30
会場:大分・大分イベントホール
観衆:1120人(札止め)

<第1試合 10分1本勝負>
〇北村克哉
 6分14秒  ジャックハマー⇒片エビ固め
●八木哲大

<第2試合 20分1本勝負>
●岡倫之 デビッド・フィンレー
 6分44秒  ピンプジュース⇒体固め
〇高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ

<第3試合 20分1本勝負>
獣神サンダー・ライガー 〇小島聡 天山広吉
 8分11秒  ラリアート⇒体固め
●海野翔太 中西学 永田裕志

<第4試合 20分1本勝負>
●川人拓来 サミ・キャラハン ジュース・ロビンソン ハンソン レイモンド・ロウ
 11分12秒  ピンチェ・ロコ⇒体固め
〇エル・デスペラード デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー 飯塚高史 鈴木みのる

<第5試合 30分1本勝負>
ヘナーレ 〇真壁刀義 棚橋弘至
 9分14秒  キングコングニードロップ⇒片エビ固め
●レオ・トンガ チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(4勝2敗=8点)
〇矢野通 石井智宏
 9分27秒  横入り式エビ固め
●チャッキーT バレッタ
(4勝2敗=8点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(4勝2敗=8点)
〇ジェフ・コブ マイケル・エルガン
 14分35秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド⇒片エビ固め
●タンガ・ロア タマ・トンガ
(4勝2敗=8点)

<第8試合 30分1本勝負>
●外道 ウィル・オスプレイ YOSHI-HASHI 後藤洋央紀 オカダ・カズチカ
 13分11秒  マジックキラー⇒片エビ固め
高橋ヒロム 〇BUSHI SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
日時:12月6日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:長崎・佐世保市総合グラウンド体育館
観衆:1006人(札止め)

<第1試合 10分1本勝負>
〇岡倫之
 5分44秒 逆エビ固め 
●成田蓮

<第2試合 20分1本勝負>
獣神サンダー・ライガー 小島聡 〇天山広吉
 8分27秒  アナコンダバイス
●海野翔太 サミ・キャラハン ジュース・ロビンソン

<第3試合 30分1本勝負>
デビッド・フィンレー ジェフ・コブ マイケル・エルガン ハンソン 〇レイモンド・ロウ
 10分20秒  フォールアウト⇒エビ固め
●レオ・トンガ 高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ タンガ・ロア タマ・トンガ

<第4試合 20分1本勝負>
●川人拓来 ヘナーレ 真壁刀義
 8分50秒  ヌメロ・ドス
〇エル・デスペラード デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー

<第5試合 30分1本勝負>
●北村克哉 棚橋弘至
 9分46秒  垂直落下式ブレーンバスター⇒片エビ固め
矢野通 〇石井智宏

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(4勝2敗=8点)
高橋裕二郎 〇ハングマン・ペイジ
 5分28秒  反則
飯塚高史 ●鈴木みのる
(3勝3敗=6点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(1勝5敗=2点)
●中西学 永田裕志
 11分55秒  GYR⇒片エビ固め
YOSHI-HASHI 〇後藤洋央紀
(4勝2敗=8点)

<第8試合 30分1本勝負>
●外道 ウィル・オスプレイ YOSHI-HASHI 後藤洋央紀 オカダ・カズチカ
 13分43秒  EVIL⇒片エビ固め
高橋ヒロム BUSHI SANADA 〇“キング・オブ・ダークネス”EVIL 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
12月7日(木) 開場18:00 開始19:00
会場:山口・やまぐちリフレッシュパーク総合体育館
観衆:928人

<第1試合 10分1本勝負>
△八木哲大
 時間切れ引き分け
△成田蓮

<第2試合 20分1本勝負>
小島聡 〇天山広吉
 6分32秒  アナコンダバイス
●岡倫之 川人拓来

<第3試合 30分1本勝負>
サミ・キャラハン ジュース・ロビンソン ●中西学 永田裕志
 6分04秒  横入り式エビ固め
高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ 〇チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ

<第4試合 20分1本勝負>
YOSHI-HASHI 矢野通 〇後藤洋央紀
 11分37秒  GYR⇒片エビ固め
●エル・デスペラード 飯塚高史 ●鈴木みのる

<第5試合 20分1本勝負>
ジェフ・コブ マイケル・エルガン 〇小島聡
9分18秒  ラリアート⇒片エビ固め
●レオ・トンガ タンガ・ロア タマ・トンガ

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(0勝5敗=0点)
●北村克哉 デビッド・フィンレー
 7分47秒  フォールアウト⇒片エビ固め
ハンソン 〇レイモンド・ロウ
(4勝2敗=8点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Bブロック公式戦>
(0勝6敗=0点)
●ヘナーレ 真壁刀義
 10分10秒  キラーボム⇒片エビ固め
デイビーボーイ・スミスJr. 〇ランス・アーチャー
(4勝2敗=8点)

<第8試合 30分1本勝負>
外道 ウィル・オスプレイ YOSHI-HASHI 後藤洋央紀 〇オカダ・カズチカ
 13分53秒  レインメーカー⇒片エビ固め
高橋ヒロム ●BUSHI SANADA “キング・オブ・ダークネス”EVIL 内藤哲也

■ 鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017
12月8日(金) 開場17:00 開始18:30
会場:広島・広島グリーンアリーナ・小アリーナ
観衆:1802人(札止め)

<第1試合 20分1本勝負>
●岡倫之 北村克哉 デビッド・フィンレー
 7分15秒  エイプシット⇒片エビ固め
レオ・トンガ 〇タンガ・ロア タマ・トンガ

<第2試合 20分1本勝負>
ハンソン 〇レイモンド・ロウ ジェフ・コブ マイケル・エルガン
 8分35秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド⇒片エビ固め
●チャッキーT バレッタ 矢野通 石井智宏

<第3試合 20分1本勝負>
獣神サンダー・ライガー ●ヘナーレ 真壁刀義
 8分44秒  ブルドッグボム⇒エビ固め
エル・デスペラード 〇デイビーボーイ・スミスJr. ランス・アーチャー

<第4試合 30分1本勝負>
外道 〇ウィル・オスプレイ オカダ・カズチカ
 12分14秒  オスカッター⇒片エビ固め
●高橋ヒロム BUSHI 内藤哲也

<第5試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(2勝5敗=4点)
〇中西学 永田裕志
8分05秒  アルゼンチンバックブリーカー
●チェーズ・オーエンズ バッドラック・ファレ
(3勝4敗=6点)

<第6試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(3勝4敗=6点)
〇小島聡 天山広吉
 11分47秒  反則
飯塚高史 ●鈴木みのる
(3勝4敗=6点)

<第7試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(4勝3敗=8点)
サミ・キャラハン 〇ジュース・ロビンソン 
 11分12秒  パルプフリクション⇒片エビ固め
●高橋裕二郎 ハングマン・ペイジ
(4勝3敗=8点)

<第8試合 30分1本勝負『WORLD TAG LEAGUE 2017』Aブロック公式戦>
(4勝3敗=8点)
YOSHI-HASHI ●後藤洋央紀
 18分12秒  マジックキラー⇒片エビ固め
SANADA 〇“キング・オブ・ダークネス”EVIL
(5勝2敗=10点)
※SANADA&EVIL組が決勝進出

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

▼[ファイトクラブ]挑戦者の資格〜邪道と王道の交差点〜

[ファイトクラブ]挑戦者の資格〜邪道と王道の交差点〜

▼[ファイトクラブ]ブシロード新社長はコスプレ界の重鎮! 進むか!?新日本プロレスの2・5次元化!!

[ファイトクラブ]ブシロード新社長はコスプレ界の重鎮! 進むか!?新日本プロレスの2・5次元化!!

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月09日号大仁田引退マスカラス藤波辰爾長州力新日崔領二PURE-J前田五郎

’17年11月23日号新日決算全日ゼウスWWS存続ゼロワンPURE-JガッツPanラウェイ暴行

’17年11月30日号吉田万里子デビー新日タッグ天龍前田ドリー新日キック勇気の授業
▼新日タッグリーグ混戦
’17年12月07日号鷹の爪新日G馬場新間寿PURE-JダイスケRISE巌流島JEWELS川村虹花