[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

[週刊ファイト11月23日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・ヒューストン4連戦~RAW3時間目不振~インド遠征ジンダー・マハール
・株価27ドル台、時価増額2382億円
・新日本プロレス年商38億円も、WWEと内訳比較してみると・・・
・コナー・マクレガーなら何をやってもイイのか?~蜘蛛男薬物失格余波


―― いよいよWWEは『サバイバーシリーズ』ですが、本篇PPVは4時間、さらにプリショーとかもありますから、また5時間とかの長丁場になるのではないかと。

オフレコ 長ければイイってモンじゃない。長時間興行のマイナス面、集中力切れの弊害など、専門マスコミは臭いところに蓋をしてはいけない筆頭だと思う。事実、無料放送の3時間番組RAWが、3時間目の視聴率がガクンと落ちてしまう近年の傾向が問題になっている。

―― 会場客向けには、最後のどんでん返しなり、次につながるアングルを打つ3時間目なのに、どうせなにがあったかはまとめ番組、SNSなどのネット情報他でわかるから、肝心のリアルタイム進行は見ないで寝てしまう、あるいは別の11時からのニュース番組などにチャンネルを変えてしまう。

オフレコ ヒューストンのトヨタセンターは、例によって土曜のNXT WAR GAME、日曜が4大PPV大会の『サバイバーシリーズ』、月曜がRAW、火曜がSmackDown LIVEという4連戦だけど、大人のファンは「NXTがイチバン面白かった」となるのは、このところの恒例になってしまった。チケット値段とかは、『サバイバーシリーズ』がプレミアム扱いなのは事実としても・・・。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

―― 当初のカードからどんどん変わって、カート・アングルの隠し子ジェイソン・ジョーダンに替わってトリプルHが入るとか、そもそもジンダー・マハル対ブロック・レスナーが、AJスタイルズに王座交代と、てこ入れには必死のようです。

オフレコ ジェイソン・ジョーダンはヒールターンの布石かなぁ。インド遠征を当て込んだジンダー・マハル政権だったけど、2日間の公演が1つキャンセルになったという・・・。替わって12月8日はアブダビ公演だって。定額で売った興行だから、WWEには客入りの心配はなくなった。

―― その12・9インド遠征は、トリプルH対ジンダー・マハルになりました。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む