15年09月03日号新日勢ブルックリン戦争G1真相永源遥SEAdLINNNG旗揚げUFC日本

 新日本プロレスの昨年8月から本年7月末までの年商が27億円となった。前年の23億円からの増収には違いない。また、ブシロードがユークスから買収した時点の11億円からは大躍進であろう。もっともドームツアーを連発していた全盛期の50億円と比べるなら、まだまだの感もあれば、伸び率が2割に満たない現実は反省材料であろうか。
 称賛評しか出てこない『G1クライマックス』はエース棚橋弘至が優勝。以前、蝶野正洋が「G1はガチ」と漏らしたことがあるが、卒業しない大人のファンの楽しみ方で真夏の祭典を紐解く。

 新日選手が両方に参戦したブルックリン興行戦争、ROHは頑張った方との評価はあるが、同一会場バークレイセンターを3日連続で満杯にしたWWEの圧倒的偉業は歴史に刻まれた。専門筋の評価は初日のNXTがダントツのトップだ。本誌の予想通りサーシャ・バンクスvs.ベイリーのNXT女子王座戦がベストマッチになり、北米史上かつてなかった女子の最高試合として絶賛の嵐となっている。
 一方、2大PPV大会と位置づけられ4時間枠で放送された肝心の『サマースラム』は、アンダーテイカーvs.ブロック・レスナーの結末の躓き含めてイマイチな出来栄えに。さらに問題は、月曜夜のRAW生中継であり、大きなPPVの翌日回は視聴率が跳ね上がることを見越して、ライト層に知名度がある古狸スティングまで投入したものの、(ケーブル基本料金はともかく)無料で見られるRAWの方が当然ながら視聴者の絶対数が巨大なのに、初日の目玉となった女子タッグ戦はフィニッシュに失敗、会場客からブリー・ベラらがブーイングを食らう有様で、酷い内容になってしまいミソをつけた。
 プロレスはやはり生物である。闘う最大の相手はお客さんなのであって、その勝負は正真正銘のガチなのだ。

 現地時間8月21日にペンシルベニア州フィラデルフィアで『ROHアフターショックツアー』が開催された。翌日8月22日にはニューヨーク市ブルックリンでPPV大会『フィールド・オブ・オナー』が開催された。大会開催前に、ROHと新日本プロレスの新展開計画が発表された。新日勢が遠征したそのROH2連戦も現地からの豊富な写真で詳細レポート記事となっている。

 井上譲二の『昭和マット界 凄いヤツ・変なヤツ・おもろいヤツ』~永源遥。この10年間に、かなりの数のレスラーや背広組がフェードアウトしたことでも分かるように、50歳、60歳を過ぎてもプロレス界でメシを食うのは容易ではない。どうしても、長州、藤波、天龍といった知名度の高いレスラーに限られてくるのだが、ノアの永源遥氏(69)だけは例外。彼の“生命力”は「凄い!」の一言に尽きる。しかし…

 8月24日、恵比寿のアクトスクエアにて9月27日(日)に開催される『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』のファイトクラブイベントが開催された。出場する堀口恭司に加え、宇野薫、川尻達也らが出席してこれまでの日本でのUFC大会の映像を交えつつ、当日に予定されるカードのおさらないなど、イベントだけでも2時間以上、たっぷりとUFCの魅力が再紹介された。
 会場はなんか360度映像スクリーンがあるという、こんな場所があったのかと正直驚いた。また、ファンイベントということで熱心なファンも詰めかけており、もっと小さな規模を想定していた記者は感心した。この模様をレポートする。

 高橋奈七永の新たな伝説の始まりSEAdLINNNG旗揚げ戦。3月中旬の試合を最後に戦列を離れた高橋奈苗はスターダムを退団、盟友南月たいようと共に新たな道に進んだ。
 これからは自分たちの戦いということで南月と始めたSEAdLINNNGだが、ホントに二人だけの会社と言えるので、6月にブル中野さんのお店でやったチケット発売会では二人だけで何もかもやっていたし、この日も奈七永は売店で忙しく準備に追われていた。
 だが、テーマ曲も変え、名前も変え、コスチュームの赤も変えた。新境地に望む決意は並々ならぬものがある。そんな奈七永の復活を待ちわびたファンたちの想像をはるかに超える壮絶な戦いがそこにあった。


▼「G1はガチ」蝶野発言の真意と棚橋弘至優勝総括
 絶頂クライマックスとは何か?
 byタダシ☆タナカ


(C)2015 WWE, Inc. All Rights Reserved.
▼8・22NXT超満員ステファニー「DIVA革命」宣言と華名契約
 ~ブルックリン興行戦争の核心
 by タダシ☆タナカ

▼新日勢参戦!中邑ボマイェで勝利『ROHアフターショックツアー』
 Photo by Scott Finkelstein 編集部編
・王者ジェイ・リーサル挑戦者ロドリック・ストロング濃密攻防製造
・ジ・アディクションとヤング・バックス名勝負数え唄は続く
・G1殊勲賞マイケル・エルガン サイラス・ヤングに横綱相撲
・Noah遠征決定ウォー・マシンがマリア様キングダムを埋葬
・メイン2014年MVP中邑真輔アダム・コールと渡辺高章プッシュ


▼新日勢参戦Jリーサル中邑真輔『ROHフィールド・オブ・オナー』
・次回はJリーサルと中邑真輔が激闘!お祭りだった異色タッグ
・ベストマッチ賞オカダ・カズチカxロドリック・ストロング技巧戦
・合同興行星勘定even原則のとばっちりKUSHIDAまたもお仕事


▼昭和マット界 凄いヤツ・変なヤツ・おもろいヤツby井上譲二
 
 第5回=永源遥
 
 坂口征二氏も呆れるタニマチ作りの天才


▼美人妻ローレン登壇!ファイトクラブイベント盛況 9・27UFC日本


▼高橋奈七永SEAdLINNNG~8・26後楽園 新たなる伝説の旗揚げ
 Photo & Text by A-rex
・高橋&浜田文子-里村明衣子&アメージング・コング+アジャ見参
・我闘雲舞ことりセミ飾る全女neo堀田 豊田 松本 中島 さくらえみ
・南月たいよう高速カウント米山香織&MIZUKI-藤本つかさ&Sareee
・朱里キックに耐えた頑丈井上京子 今度は15分でも決着つかず
・彩羽匠と瑛凛の元スターダム対決 手数では瑛凛が攻め込む
・冒頭ご挨拶「皆さんが太陽であり水であり育ててくれる栄養剤」

▼タブー満載企画【海外情報局306】
 WWEブルックリン3連戦!TV大物Jスチュワートがシナ退治
・ジ・アンダーテイカー疑惑の勝利!『WWEサマースラム2015』
・華名WWE来賓『NXTテイクオーバーブルックリン』獣神ライガー
・RAW"ジ・アイコン"スティング衝撃の登場!WWE王座戦へ
・ジェフ・ジャレットGFW侵略開始TNAインパクト・レスリング
・マックス・ホロウェイTKO勝利カナダ『UFCファイトナイト74』
・ハオーニ・バルセロスが新王者に『RFA28アメリカ対ブラジル』
・バダ・ハリ見事にKO勝利!『アフマド・ファイト・ショー』
・セーンチャイら常連選手圧勝『タイファイトアニバーサリー100』

★一緒にカートに入れて合わせて読めばさらに楽しめる!

別冊109マット界金字塔25周年G1極みの夏2015新日本プロレス総括

究極のアントニオ猪木LOVE読本『アントニオ猪木 最強の戦略』

8/20-27真夏の祭典G1横浜新間寿JバレンタインREINA納涼さくらえみ

8/13Rパイパー追悼ロンダUFCせらリボン広島freedoms中日戦G1肝

8/6W10対応 超人解雇G1広島佐山聡ブアカーオUFCミャンマー

7/30WWE新日ROH茨城清志UFC佐野直万博巌流島DEEP大田区

7/23ヒョードル獣神NXTブーム本当?REINAセリーナZ1火祭りラウェイ

販売告知
許可なくの無断転載は厳禁であり引用可能なのはサイト宣伝文までが原則です。情報商材で知り得たいかなる記述も転用は堅くお断りします。公式Facebookシェア奨励のみならず宣伝文を超えて紹介したい場合は事前にご相談下さい。表紙画像等を送付させていただきます。

15年09月03日号新日勢ブルックリン戦争G1真相永源遥SEAdLINNNG旗揚げUFC日本

商品コード wkbutaiura111

価格 440 円

ウィッシュリストに追加する »