WWE解雇の嵐!アンギャロ、ロックスター・スパッツことDマベリック、カート・アングル他

 コロナによる経済不況がマット界の盟主WWEを直撃。多くの選手、スタッフ、下請け業者、重役陣の減給などが発表された。


 選手としては、新日本プロレスから転出、つい数ヶ月前のAEWとの戦争が始まったタイミングで契約更改があり、あちらに行かれては困るとばかりに異常な破格の年俸での5年契約を交わしたばかりのアンギャロこと、カール・アンダーソン&ルーク・ギャロウェイも含まれる。恐らく契約条項の中に、特別な情勢の変化があった場合は切れるという条項があったのだと推定されるが、それにしても酷い話である。
 タッグチームはザック・ライダー&カール・ホーキンスの職人コンビも含まれており、こちらの年俸は押さえられていたハズなので、仕事できる選手を切るのはどうなのか。

 SNS時代につき、涙を誘ったのはドリュー・マベリック、Impact Wrestlingや日本のWRESTLE-1ではロックスター・スパッツのリングネームで知られる英国出身のジェームス・カーティンだろう。205 LIVEのGM役として登場したり、24/7王座を追いかけたりの扱いだったが、つい先日にクルーザー級のトーナメントに選手としてエントリーが発表されたばかりなのに、ストーリー進行も無視したなりふり構わぬ赤紙通知だったことになる。


 その他、カート・アングル以下、マイク&マリア・カネリス夫妻、RAW女子部門のサラ・ローガン、鳥籠ギミックとメタルTシャツで一時は快進撃だったエリック・ローワン、Impact WrestlingからNXT、さらにRAW所属になったものの、ビンス(マクマホン)が気に入らないからと使われてなかったEC3までリストは膨大になる模様。お芝居上はラナと離婚劇をやっていたルセフまでというのは可哀そうすぎる。戸澤陽と名勝負をやった元NXTクルーザー級王者リオ・ラッシュまで要らないというのは、なにか選択が間違っているという気もするのだが・・・。

 裏方陣にせよ、こちらは完全な解雇というより、当面の間は給料ナシで情勢が戻ったら再雇用という扱いらしいが、日本でも馴染みのデビットFITフィンレーから、ランス・ストームまで、選手だけでなくリストはさらに増えるらしい。ついに現実が押し寄せたことになる。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼否WWE-油断大敵-幽閉民に問うコロナShockwaveとマット界の未来

[ファイトクラブ]否WWE-油断大敵-幽閉民に問うコロナShockwaveとマット界の未来

▼祝福の独裁者ビンスとバベルの塔破壊MITB-パラダイムシフト後のマット界

[ファイトクラブ]祝福の独裁者ビンスとバベルの塔破壊MITB-パラダイムシフト後のマット界

▼ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

[ファイトクラブ]ジャンボ鶴田さん命日-墓掘人The Last Ride-V字回復に秘策はあるか

▼WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

[ファイトクラブ]WWE墓掘人+オーエン・ハート実録-星輝ありさ引退-UFC他世界情勢

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年04月30日号WWE プロレス映画 田村潔司 虎面新間寿 木村健吾A猪木 修斗ONE MasF

’20年05月07日号お家GWマット界の明日 トランプ-ビンス 長州-前田 馳浩 CAC2009頂点

’20年05月21日号MITBアスカGスラム墓掘人実録 UFC再開 新日 J鶴田 駆逐コロナ映画

’20年05月28日号オーエン・ハート実録 星輝ありさ 石井智宏 シカティック 馬場さん