中邑真輔、AJスタイルズら6・29-6・30『WWE Live Japan』両国国技館上陸!NXTカイリ・セインvs.シェイナ・ベイズラー配信

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 『WWE Live Japan』が6月29日(金)、6月30日(土)の両日、東京・両国国技館で開催すると発表された。チケット発売の詳細・追加情報は3月中の発表が予定されている。

 また、日本公演決定にあわせ「WWE日本公演特設サイト」が開設。WWE日本公演の最新情報は、同特設サイト、WWE日本語公式サイト、ツイッター、facebookなどで決定次第順次告知される。2018年もWWE日本公演『WWE Live Japan』は見逃せない!

■ WWE Live Japan (ダブリューダブリューイー ライブ ジャパン)
日時:6月29日(金)、 6月30日(土)
会場:東京・両国国技館 (東京都墨田区横網1-3-28)
出場予定 :中邑真輔、AJスタイルズ、ケビン・オーエンズ、ルセフ、ボビー・ルード、ニュー・デイ、 シャーロット・フレアー、ベッキー・リンチ、ナオミほか ※来日タレントは予告なく変更される場合があります。

WWE日本公演特設サイト: (中邑真輔メッセージあり)
「WWEスーパースター中邑真輔です。今年もWWE Live日本公演が決定いたしました。6月29日(金)、30日(土)同日共に両国国技館で開催されます。4月8日(米国時間)レッスルマニアでWWE王座を獲得し、最高の形で日本公演に臨みたいと思ってます。イヤァオ!」

ツイッター用ハッシュタグ: #WWETokyo

「WWE」とは?
「WWE」は、日本をはじめ地球上の何億人ものファンを熱狂させるハリウッド顔負けの究極のエンターテイメント。 WWEの魅力は海外ドラマさながらの劇的なストーリー展開。様々なキャラクターのスーパースターたちが登場、抗 争・対立を繰り広げる。これらの抗争はド迫力のアクションと奇想天外な演出で行われる試合を通して、さらに発展 していく。『ロウ』『スマックダウン』などレギュラー番組で勃発するこれらのストーリーは、毎月のPPV大会で決着す ると同時にそこから新たなストーリーが始まる。またWWEネットワークでは、看板番組として台頭している『NXT』と クルーザー級に特化した番組『205 Live』を放送。その独自の路線が高く評価され、世界各国から個性豊かなスー パースターが続々と参戦。日本からは中邑真輔(SD)、アスカ(RAW)、ヒデオ・イタミ(205)、戸澤陽(205) 、カイリ・ セイン(NXT)の5人が所属。WWEは年間を通して目を離せない、ノンストップエンターテインメント!

■1999年 NY証券市場上場(証券コード:WWE)
■時価総額:15.1億USドル(約1,617億円)以上 (2018年2月現在) 
■全世界で年間500回以上のライブイベントを開催 
■WWEのTV番組を毎週全米1100万人が視聴 
■世界180カ国以上の国々、20以上の言語で放送中 
■WWEネットワーク150万会員に迫る(2017年12月31日) 
■公式ホームページ(WWE.com)へ毎月1300万のユニークビジター 
■世界85ヶ国で200社以上とライセンス商品契約、売上は年間で約10億USドル(約1070億円)

※ US$1.00=¥107で算出

過去の日本公演(一部)
・2017年9月16日「WWE Live Osaka」
 エディオンアリーナ大阪 4626人の観衆を集めた大阪公演では中邑真輔がWWE王者ジンダー・マハルに挑み US王者AJスタイルズはケビン・オーエンズと対戦。アスカは負傷によるセコンド参戦で 会場を盛り上げた。

・2017年6月30日、7月1日「WWE Live Japan」
 両国国技館 2017年の日本公演は14,387人(2日間合計)の観衆を集め、NXT女子王者アスカは アスカロックで凱旋勝利、戸澤陽は両日共にクルーザー級王座戦で王者を追い込み、 ヒデオ・イタミも初凱旋試合で観客を魅了した。初日にはカイリ・セインのWWE正式 契約も発表された。

・2016年12月3日「NXT Live Japan」
 エディオンアリーナ大阪 日本初開催となる「NXT Live Japan」は満員の4531人の観衆を集め、中邑真輔が サモア・ジョーからNXT王座を奪還、NXT女子王者アスカはナイア・ジャックス相手に 王座防衛を果たした。

・2016年7月1日、2日「WWE Live Japan」
 両国国技館 2016年のWWE Live Jpanaは同年NXTにて鮮烈のデビューを果たした中邑真輔、 NXT女子王者アスカが凱旋し、ジョン・シナ、セス・ロリンズ、ディーン・アンブローズ、 AJスタイルズなどスーパースターが大熱戦を繰り広げ、観衆を魅了した。

・2015年7月3日、4日「WWE LIVE」
 両国国技館 WWEの殿堂入りを果たした藤波辰爾氏、残念ながら負傷欠場となってしまったイタミ・ ヒデオがリングに上っただけでなく、ブロック・レスナーが登場(4日のみ)。WWEネット ワークの全世界中継も行われた歴史的な公演となった。

負けて人気爆発中カイリ・セイン「航海は終わらない、諦めない限り。」
 日本時間3月1日にWWEネットワークで配信されたNXTでカイリ・セインが因縁のシェイナ・ベイズラーと対戦もスリーパーホールドで敗戦した。

◆NXTカイリ・セイン vs. シェイナ・ベイズラー
 カイリ・セインはNXTで昨年のWWEメイ・ヤング・クラシック以降ライバル関係にあるシェイナ・ベイズラーとの一騎打ちに挑んだ。シェイナのハードな打撃に苦しむカイリだったが、渾身のスピアーを見舞うとそのままスライディングエルボー、フライング・カブキ・エルボーと立て続けに決めて試合を優勢に進めた。しかし、カイリがコーナーに上ってインセイン・エルボーを狙うと逆にハイキックを食らい、そのままシェイナに捕まると最後はスリーパーホールドでタップアウト。因縁の相手に敗戦を喫し、カイリのNXT女子王座戦線に暗雲が立ち込めた。

◆サーシャ・バンクスvs.ベイリー『レッスルマニア』なのか?
▼古武術と小平奈緒~『チェンバー』課題4・8『レッスルマニア』~新日cup~K-1激震
・WWE最新分析満載!

[ファイトクラブ]古武術と小平奈緒~『チェンバー』課題4・8『レッスルマニア』~新日cup~K-1激震

◆ミズ&アスカがベイラー&サーシャ組下して準決勝へMIXED MATCH CHALLENGE

 日本時間3月2日にWWEネットワークで配信された男女混合トーナメント「ミックスド・マッチ・チャレンジ」2回戦でアスカがミズとタッグを組んでフィン・ベイラー&サーシャ・バンクス組と対戦。ミズ対ベイラーで試合が始まり、いきなりミズが3連続でフォールを取られるとアスカは激怒。自身の連勝記録を気にするアスカは「待てコラ。絶対勝てよ。わかったな!」とミズに激しい大阪弁で気合を入れた。”AWESOME”ミズはインターコンチ王者だが、男子『チェンバー』戦でもストローマンに派手にフォールされている。ハリウッド俳優は勝率的にはよくコロコロ負けているからだ。
 しかし、素早い動きに翻弄されるミズはベイラーのスリングブレイド、クー・デ・グラを決められてフォールされると、これをアスカが辛うじてカット。すると、そのままサーシャのバンク・ステートメントに捕まるアスカだったが、巧みにかわしてアスカロックを決めると、その隙にミズがベイラーを強引に丸め込んで3カウント。逆転劇で勝利したミズ&アスカ組が準決勝に駒を進めた。
 もっとも、アスカの「無敗街道」は最近はジョーク・ネタになってしまっている。そもそも、WWEの数字記録は改ざんが多々あるが、タッグマッチの負けを含めるなら、アスカの無敗街道は真っ赤なねつ造に違いないのだ。但し、アスカ&ミズ組というのは、結構噛み合っていて面白い、笑えるのである。


【関連サイト】

WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能。
※WWEネットワークは英語でのサービスで、日本語字幕はなし。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

GYAO!:https://gyao.yahoo.co.jp/sports/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]ロンダ・ラウジーWWE複数年契約とTV更改交渉、そして女子革命

[ファイトクラブ]ロンダ・ラウジーWWE複数年契約とTV更改交渉、そして女子革命

▼[ファイトクラブ]新日大阪オカダ-SANADA~K-1内紛~全日TV~UFCレッスルマニアWWE年商881億円

[ファイトクラブ]新日大阪オカダ-SANADA~K-1内紛~全日TV~UFCレッスルマニアWWE年商881億円

▼[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界
・『レッスルマニア』編成不安と女子革命!アレクサ・ブリス男尊女卑告発

[ファイトクラブ]映画『デトロイト』~WWEタブー境界線とビジネス考~DAZNとマット界

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年02月15日号全日横浜パンクラス覆面MANIA那須川天心KO新間寿原点回帰髙田延彦

’18年02月22日号新日大阪KnockOut天心SEAdLINNNG狂虎WWEビジネス力道山RIZIN反則

’18年03月01日号五輪蝶野正洋達人DSWジミー鈴木ターザン山本S小林ラウェイJapan