ラウェイ4か国対抗戦5試合は1中止を除きミャンマー側の2勝2分!~9・24『Lethwei Nation Fight 2(Mandalay)』

向って上段左よりタ・ペイニョ(ミャンマー)と引分たナールートォ(タイ)、1RKO勝ちのトゥエィシット・アウン(ミャンマー)
上段左より3RKO勝ちのソー・フォー・キョー(ミャンマー)、チェイン・レイ(ミャンマー)と引分たデンキリー・サクビチャン(タイ)

9月24日ミャンマー・マンダレーのダイヤモンド・プラザで開催された『Lethwei Nation Fight 2(Mandalay)』大会メインの国際戦ミャンマー vs. タイ、カンボジア、ブラジルの5対5対抗戦は、現在60㎏以下トップクラスのイェ・スィニ vs.ケイ・ヒン(カンボジア)の試合が中止になったほか、ミャンマー65㎏近辺上位のタ・ペイニョとMAX MUAYTHAIなどのムエタイ戦も積極的に行うチェイン・レイは5R時間切れ引分。今年のゴールデンベルトトーナメント71㎏王者トゥエィシット・アウンは絶好調でゴムズ・デ・シルバ(ブラジル)を寄せ付けず1Rパンチの連打でダウンを奪い、2分間のタイムをシルバは使用。再開後もラッシュをかけて2ダウンを追加してKO勝利。チェイン・レイと同じくムエタイイベントにも出場しているとソー・フォー・キョーはラウェイでタイ選手を3RKOして対抗戦はミャンマー側の5戦2勝2分1中止となった。

■『Lethwei Nation Fight (Mandalay)』
日時:2017年9月24日 13:00開始(日本15:30)
会場:ミャンマー・マンダレー ダイヤモンドシティ5F
入場:30000/20000/10000 チャット

<ラウェイ 緬泰対抗戦 3分5R>
△タ・ペイニョ(ミャンマー/2015年63.5㎏ゴールドベルトチャンピオン、ミャンマーMMA ONE CHAMPIONSHIPフェザー級トーナメント優勝)-64kg
 時間切れ引分
△ナールートォ(タイ)-64.45kg

<ラウェイ 緬伯対抗戦 3分5R>
○トゥエィシット・アウン(ミャンマー/2015ゴールデンベルト67㎏王者、ミャンマーMMA ONE CHAMPIONSHIP2015ライト級トーナメント優勝)-71.6㎏
 1RKO 3ダウン ※ゴムズ・デ・シルバは1R最初のダウンでタイム使用、再開後2度のダウン
●ゴムズ・デ・シルバ(ブラジル)-72.55㎏

<ラウェイ 緬柬対抗戦 3分5R>
イェ・スィニ(ミャンマー/第1回&第2回LWC 57㎏王者、ゴールドベルト2015年51㎏&2016年54㎏王者)-57.40kg
 vs.
ケイ・ヒン(カンボジア)-58.80kg
試合中止

<ラウェイ 緬泰対抗戦 3分5R>
○ソー・フォー・キョー(ミャンマー)-54.8kg
 3RKO 
●クランクライ・シィツティン(タイ)-55.65kg


ソー・フォー・キョーはジョー・ポーカウの名前でMAX MUAYTHAIにも出場している

<ラウェイ 緬泰対抗戦 3分5R>
△チェイン・レイ(ミャンマー)-59.25kg
 時間切れ引分
△デンキリー・サクビチャン(タイ)-58.65kg


チェイン・レイはポー・ダウェイの名前でMAX MUAYTHAIにも出場している


ジュニア・ラウェイ3分2Rも数試合行われた。

他4試合

5対5 国際戦ラウェイ大会『Lethwei Nation Fight』!メインのソーゴー・ムードvs.パヤック・サミーは譲らず引分!!

▼6・16『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』TDCホール大会詳細版
’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光

▼4.18ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~GRIT~2017後楽園ホールラウェイinジャパン 3
’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島

▼2・16ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~LEGACY~2017後楽園ホール
’17年02月23日号チャボ寝屋川wweTV泉田純KnockOut青木真也ラウェイBellator

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC

▼紅 闘志也 メインの現vs.元ラウェイ外国人王者対決は引分!3階級でベルト戴冠! 『第2回ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ』
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍3