ニタ、タムに毒霧を伝授し、東京湾に消える…ブスはハゲを一蹴!

 大仁田厚の“化身”グレート・ニタが、10・31後楽園での本家の引退を前に、リングに別れを告げ、東京湾の台場の海に消えていった。

大仁田厚の“化身”ニタが妹・タムとのタッグで“今世紀最後の魔界対決”へ

 8・27新木場1stRINGでの『さよならグレート・ニタ』興行を前にして、10日に台場の海に出現したニタ。その後、17日間、どこで何をしていたかは全く不明だが、会場にはちゃんと現れた。
 “最後の魔界対決”と銘打たれた一戦で、ニタは“腹違いの妹”グレート・タム、落武者橋本、雷電と組み、ジーザス矢口、ミスター・ポーゴ2世、怨霊、寧々D.a.i組と8人タッグマッチで激突。

 ニタの矢口への緑の毒霧噴射先制攻撃で始まった試合は、妹タムとのダブルの毒霧、合体ブレーンバスターを披露と、ニタの邪道魂禅譲の趣。
 最後は自身の身体を360度回転させてのトリッキーなイス攻撃からバックドロップで怨霊を葬った。

 ラストマッチを白星で飾ったニタは、
「最近日本語を覚えた。『さよならニタ』ということは、オオニタもさよならだと思う。日本で初めて覚えた言葉は『疲れた』。また今から海に帰る。バカらしいと思うけど、いい年こいて海に帰る。今から夜の海に行く。全国に行って、オオニタにニタのサインを求めるヤツがいるけど、もうやめてって! オレとニタは兄弟でも親せきでもなく、たまたま知り合いなだけ」
と、ニタ史上初のマイクアピールで超満員の観衆を驚かせる。
 さらに
「今日は半分だけオオニタになります」
と言うと、まさかの「1、2、3、ファイアー! 」で締めくくる、これぞなんでもありのニタワールド。
 試合後のサイン会を終えると、東京湾へと向かい、10日に出現した場所からほど近い台場の海に消えていった。
 90年に米国マットにニタらしき男が登場し、国内では、94年12月1日、広島グリーンアリーナで初めて姿を見せたニタが、リングから去った。その邪道魂は、妹タムに受け継がれていくことだろうが、
「あれが最後のニタとは思えない」
もまた、プロレスファンの総意。
 タムのピンチにどこからともなく駆け付ける、は当然期待される。

 また、セミファイナルでは、話題となったブス対ハゲの一戦が行われ、「全世界の“ブス代表”ミス・モンゴル」が、チャレンジしてきたMr.ハゲを、グーの音も出ぬほどのドS殺法で返り討ちにした。

ニタ引退興行でハゲ対ブス! ミス・モンゴル、上西小百合に仰天対戦要求!


 デビューから苦節11年。陽の当たらない、ど・インディーのリングで闘ってきたハゲにとっては、素顔での初めての大舞台。豊田真由子議員のものと思われる「この、ハゲ~! 」の音声にのって、ハゲ仲間2人とともに、ヒゲダンスで入場。
 このふざけた入場シーンに怒り心頭のモンゴルは、ハゲの少ない頭髪をつかんでむしり、ムチでしばき、ハサミで髪を切るなどの暴挙に。
 セコンドが再三介入するも、意に介さないのがメジャーレスラーのモンゴル。最後は急所蹴りから、頭髪をつかんで、後ろに強引に投げ飛ばすと無念の3カウント。

 ハゲは
「モンゴルさん、命より大事な髪を切るなんて卑怯だ。ハゲは世界中にいる。またブスを狙っていく。オレたちは『チーム・ノー・ヘアー』だ! 」
と、一世一代のドヤ顔アピール。
 控室に戻っても、怒りが収まらないハゲは
「精神的なダメージが大きい、まさかハサミを持ってくるとは。でも世界中にはたくさんハゲがいる。必ず復しゅうしてやる」
と雪辱を期した。
 かたやモンゴルは
「一生懸命な方向が違うんじゃない? 憎しみが沸いてきた。(再戦は?)1回でいいかな。ライバルでもないし、結託する気もない。考え方が似てるようで違う。ハゲをバカにしてるんじゃない? 共感できない」
と再戦には気乗り薄。
 
 インディーレスラーが「ハゲ」の一念だけで今後もメジャーレスラーと抗争を繰り広げられるかは不透明だが、この御時世、何かと辛い中高年オヤジの希望の星を目指して、「遅咲きの中年シンデレラストーリー」を期待したい。

■ 大仁田興行『さよならグレート・ニタ新木場大会」』
日時:8月27日(日) 開場17:30 開始18:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:350人(超満員)

<第5試合 グレート・ニタ最後の魔界対決 無制限1本勝負>
○グレート・ニタ グレート・タム 落武者橋本 雷電
 11分50秒 バックドロップ⇒体固め
ジーザス矢口 ミスター・ポーゴ2世 ●怨霊 寧々D.a.i

<第4試合 特別試合 30分1本勝負>
○ミス・モンゴル
 7分32秒 髪の毛掴み投げ⇒片エビ固め)
●Mr.ハゲ

<第3試合 30分1本勝負>
○佐野直 佐瀬昌宏
 13分12秒 垂直落下風ブレーンバスター⇒片エビ固め
藤井健一 ●ショッカー

<第2試合 20分1本勝負>
○HASEGAWA 寺尾利明
 10分21秒 ダイビングダブルニードロップ⇒片エビ固め
雷電 ●友龍

<第1試合 団体の垣根を超えた電流爆破風デスマッチ 15分1本勝負>
○小橋太っ太
 9分6秒 無視鉄線バット攻撃⇒体固め
●太仁田ブ厚

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍30KnockOutラウェイ立川格闘技UFC薬害