大仁田厚の“化身”ニタが妹・タムとのタッグで“今世紀最後の魔界対決”へ

 8月27日、東京・新木場1stRINGでリングに別れを告げる大仁田厚の“化身”グレート・ニタが、妹と称するグレート・タムとタッグを結成し、同大会で“今世紀最後の魔界対決”を行うことが決定した。

 10・31後楽園で引退する大仁田は、8・27新木場で「さよならグレート・ニタ」の開催を決めていたが、ニタからテレパシーを感じたという大仁田は、10日、東京・台場の海岸に報道陣を招集。指定された時間から、ほどなくして、東京湾からニタが出現。さらに、女性とみられる魔界の住人を伴っていた。

 日本語を少し、覚えたというニタによれば、その存在は、ニタの母親違いの妹で、名前はグレート・タム(年齢不詳)だという。ニタはハワイ沖から太平洋を渡って、東シナ海に移動したところ、そこでタムと出会ったという。どことなく、その風貌はフリーの女子プロレスラー・中野たむに似ている気もするが、たむの“化身”なのだろうか?

 ニタは同大会のメインイベントで、“今世紀最後の魔界対決”特別試合として、ニタ、タム、落武者橋本組対ジーザス矢口、怨霊、寧々∞D.a.i組の一戦を行うことを発表した。ニタの“さよならマッチ”は、まるで想像がつかない試合となりそうだ。

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年7月27日号全日超満員G1開幕宝城カイリFMW夏祭ZERO1むつ市UFC日本Kレイナ

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由

▼諏訪魔が2度の電流爆破バットで邪道軍に激勝!カシン暗躍!
 大荒れの電流爆破夏祭りin横浜~邪道軍vs全日本プロレス~ 
 Photo & Text by 伊藤三世
・全日本プロレス 初の電流爆破マッチ 
・ケンドー・ カシン暗躍
・諏訪魔が電流爆破バット2回
・合計3回の電流爆破シーン掲載中!
 7月16日(日) 神奈川・横浜ヨット協会横特設会場で行われた、電流爆破夏祭りin横浜~邪道軍vs全日本プロレス~ この大会は全日本の所属選手が初めて電流爆破のリングに上がった。これまで大仁田厚は、新日本プロレス、NOAH(ノア)といった2大メジャーのマットで爆破マッチを実現させて来たが、全日本では秋山準社長の猛反対で実現は叶わなかった。しかし今回、自軍のリングではあったもののトップ選手である諏訪魔を電流爆破のリングへ上げたことは、3大メジャー団体での爆破マッチ完全制覇を果たしたと言っても過言ではない。試合はレフェリーを務めるカシンが不穏な動きを見せ、青木篤志は毒霧を吐き、諏訪魔も2回の電流爆破バットをフルスイング!今週号は、そんな大荒れの大会レポートを写真満載で掲載中!!