ニタ引退興行でハゲ対ブス! ミス・モンゴル、上西小百合に仰天対戦要求!

 7回目の引退カウントダウン真っ最中の大仁田の驀進が止まらない。
 8・5ニュージャージー州ブアヒーズで超満員札止めの電流爆破マッチを行ったのは本誌既報の通りだが、新日プロG1決勝戦の真裏となった8・13兵庫・神戸常磐アリーナ大会『ZERO1超花火』では女子プロレスのレジェンド長与千種を電流爆破葬。
 翌日には東京へ名舞い戻り、千代田区の「闘道館」の記者会見で8・27『さよならニタ』での前代未聞“ハゲVS.ブス”の一騎打ち実現をぶち上げた。
 
 ことの発端は、プロレス歴11年(年1試合ペース)の、ど・インディレスラー、リングネーム“Mr.ハゲ”(本名=松隈大吾郎)が、中野たむとミス・モンゴルとの抗争に感銘を受けて対戦要求をしてきたこと。
「カワイイ子はがんばれば認められるけど、ブスはがんばっても認めてもらえない」
とのモンゴルの言葉に感銘を受けたと語るMr.ハゲは、
「男性でも、がんばってるハゲは認めてもらえない。毛のある人が認められて、毛のない人が認められないのには納得がいかない。最近、ワイドショーなどで、盛んに『このハゲ~! 』というフレーズが流されてイライラしていた。がんばってるハゲを認めてもらうために、モンゴルさんと対戦したい」
 と語ると、自民党を離党した衆院議員・豊田真由子の騒動も、“Mr.ハゲ”としてのデビューに拍車をかけたと説明。
 これにモンゴルは、
「知らないな。11年やってるって言っても、1年に1回しかやってないならしょうがない。ブスをなめてないか? がんばってるハゲは応援したいけど…」
と醒めた対応。
 対してハゲは「真剣なんです。モンゴルさんをリスペクトしてるから対戦したいんです。ボクにはハゲの仲間がたくさんいる。世界中のハゲの人たちに、少しでも明るい希望をもてるようにしたい。ハゲは植毛やカツラに、おカネを使って、社会貢献もしてるんです」
と熱弁を振るい、噛み合わない。

 収拾がつかない状況に立会人の大仁田が業を煮やし、
「ハゲの『チャレンジしたい』っていう気持ちは買いたいし、モンゴルのことをリスペクトしてるからやりたいっていうんだから受けてやれ! 」
と、モンゴルを諭す。
 これで渋々了承させられたモンゴルは。
「私と試合したいなら、髪の毛が1本も残らないかもしれないぞ! 」
と捨てゼリフで挑発。
 これにハゲは
「本望です。この毛を差し出す覚悟です」
と臨戦態勢。両者が合意したため、同大会でのハゲVSブスの異次元対決が決まった次第。
 
 モンゴルは上西小百合衆院議員のレッズサポーターとの場外乱闘にも触れ、
「あの議員の秘書(笹原雄一氏)は、昔プロレスのプロモーターをやってて、雷神矢口選手にギャラの未払いもあるそうです。あの人も容姿におぼれてる。あの人がもしリングに上がってくるなら、場所を用意してくれるなら、ブスの代表として負けられない」
と、上西議員にも噛みつき、内藤のG1一夜明け会見を向こうに回して邪道節全開となった。
 旬な話題を貪欲に拾ってプロレスメディアに話題を提供してきた大仁田の邪道魂はモンゴルにしっかり継承されているようだ。

■ さよならグレート・ニタ新木場大会
日時:8月27日(日) 18時~
会場:新木場1stRING
チケット:イープラス、チケットぴあ、大仁田厚事務所で発売中
※グレート・ニタスペシャルシート10,000円の特典のリング上ツーショット撮影会は、開場前の17:00~17:30を予定しています。

<メインイベント グレート・ニタ最後の魔界対決>
グレート・ニタ&グレート・タム&落武者橋本 VS ジーザス矢口&怨霊&寧々∞D.a.i

<第5試合 同門対決>
リッキー・フジ VS 保坂秀樹

<第4試合 特別試合>
Mr.ハゲ VS ミス・モンゴル

<第3試合> 
藤井健一&ショッカー VS 佐野直&佐瀬昌宏

<第2試合>
雷電&友龍 VS HASEGAWA&パンディータ

<第1試合 団体の垣根を超えた電流爆破風デスマッチ>
太仁田ブ厚 VS 小橋太っ太


■ 超花火ZERO1超花火神戸大会『ドリームシリーズ・神戸大炎上 さよなら大仁田厚 ファイナルツアー2017』
日時 8月13日(日)  試合開始14時00分
会場:神戸常盤アリーナ(兵庫県立文化体育館)

<第1試合 6人タッグマッチ20分1本勝負>
日高郁人 菅原拓也 ◯HUB
 11分48秒 猛毒波布空爆⇒エビ固め
鈴木鼓太郎 高岩竜一 ●ショーン・ギネス

<第2試合 マーベラス提供試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
●門倉凛
 8分29秒 前方回転エビ固め)
◯桃野美桜

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>
大谷晋二郎 ●横山佳和
 10分45秒 チョークスラム⇒体固め
TARU ◯ジェームス・ライディーン

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
◯小幡優作 将軍岡本
 12分2秒 ダイビングダブルニードロップ⇒片エビ固め
田中将斗 ●ハートリー・ジャクソン

<第5試合 ノーロープ有刺鉄線電流爆破&電流爆破バットデスマッチ 時間無制限1本勝負>
◯大仁田厚
 13分28秒 電流爆破バット攻撃⇒体固め
●長与千種

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
▼いよいよ折り返し! G1 CLIMAX 27 中間振り返りと優勝予想!
’17年08月10日号RIZIN中邑真輔G1新日プロレス漫画ポーゴ米国SEI☆ZAラウェイ