内藤ついにベルト破壊! 後楽園8人タッグでライガー怒りの制裁か?

 先週末、伊勢・駿河を転戦した新日本プロレス『BEST OF THE SUPER Jr.24』。卒業を宣言したライガー、ROHでベルトを巻いて凱旋したKUSHIDAが共に3連敗スタートなど、色々話題があるが、最も注目されているのがリーグ戦とは無関係の内藤。
 
 開幕2連戦の5・18後楽園で内藤がインターコンチのベルトをあわや破壊の扱いをしたことは既報の通り。それを受け、20日(土)昼に木谷オーナーが見解をTweet。

 現場をおもんばかってか、ビッグマッチを観戦しても試合に関しては「感動した」程度の感想しか話さない木谷オーナーとしては異例の発言。
 だが内藤がこの苦言程度で行いを改める筈もなく、数時間後、さんぎんアリーナでのメーンでも当然の様にベルトを雑に扱い、大歓声。
 翌21日(日)も2日続けてでメーンを締めた内藤は、試合後満員の会場で「あっせんなよ! 」の大合唱と歓声に酔ったのか、ついにベルトを「修復不可能」といわれるまでに破壊。

 これで注目されるのは今夜、後楽園での8人タッグ。ありふれたタグチジャパンvsL.I.Jの試合ではあるが、先シリーズ、内藤のベルトの扱いに怒り心頭だったライガーがタグチジャパンから出場するのだ。
  ベルトの扱いを巡って当然ライガーから何らかのアクションがあるはずで、今後のインターコンチのタイトルの行方や存在をも左右する状況も予想される。また、再三内藤に欠場の挨拶を要求され、キラメッセぬまづでは「後楽園は近いんだからタクシーに乗って来い」と挑発された棚橋の去就も気になるところ。

 タイトル乱発による相対的価値の低下を避ける為にもIC、USヘビーは統合すべきという見方もできるが、いずれにせよ要注目の試合。
 ジュニアのリーグ戦真っ最中に、そっちのけで第4試合の8人タッグが注目されるのも新日プロとしては痛し痒し。だがそれだけ内藤という選手の言動が人を惹き付けている訳で、ひいては新日プロの選手層の厚さを証明しているともいえよう。

■鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24
日時:5月22日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール

<第1試合 20分1本勝負>
岡倫之 川人拓来 
vs.
海野翔太 北村克哉 

<第2試合 20分1本勝負>
邪道 ウィル・オスプレイ
vs.
TAKAみちのく タイチ

<第3試合 30分1本勝負>
リコシェ デビット・フィンレー ハンソン レイモンド・ロウ
vs.
マーティ-・スカル 高橋裕二郎 タンガ・ロア タマ・トンガ

<第4試合 30分1本勝負>
ドラゴン・リー 獣神サンダーライガー ジュース・ロビンソン 小島聡
vs.
高橋ヒロム “キング・オブ・ダークネス”EVIL SANADA 内藤哲也

<第5試合 30分1本勝負 「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
ボラドール・ジュニア
vs.
金丸義信

<第6試合 30分1本勝負 「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
タイガーマスク
vs.
ACH

<第7試合 30分1本勝負 「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
田口隆祐
vs.
エル・デスペラード

<第8試合 30分1本勝負 「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
KUSHIDA
vs.
BUSHI

■鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24
日時:5月20日(土) 17:00開場 18:00開始
会場:三重・さんぎんアリーナ(松阪市総合体育館)
観衆:1063人

<第3試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
(1勝1敗=2点)
●ACH
10分26秒  ディープインパクト⇒体固め
〇金丸義信
(1勝1敗=2点)

<第4試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
(1勝1敗=2点)
〇タイガーマスク
10分41秒  タイガースープレックスホールド
●KUSHIDA
(0勝2敗=0点)

<第6試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
(2勝0敗=4点)
〇エル・デスペラード
9分47秒  マスクはぎ⇒体固め
●BUSHI
(0勝2敗=0点)

<第7試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Bブロック公式戦>
(2勝0敗=4点)
〇田口隆祐
9分58秒  どどん⇒エビ固め
●ボラドール・ジュニア

<第8試合 30分1本勝負>
ドラゴン・リー リコシェ ジュース・ロビンソン ●小島聡
10分54秒  デスティーノ→片エビ固め
高橋ヒロム “キング・オブ・ダークネス”EVIL SANADA 〇内藤哲也

■鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24
日時:5月21日(日) 14:00開場 15:00開始
会場:静岡・キラメッセぬまづ
観衆:1470人(満員)

<第3試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Aブロック公式戦>
(2勝1敗=4点)
ウィル・オスプレイ
8分46秒  オスカッター⇒エビ固め
TAKAみちのく
(1勝2敗=2点)

<第4試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Aブロック公式戦>
(0勝3敗=0点)
獣神サンダー・ライガー
12分16秒  クロスフェースチキンウィング
マーティー・スカル
(2勝1敗=4点)

<第6試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Aブロック公式戦>
(2勝1敗=4点)
ドラゴン・リー
9分04秒  タイチ式ラストライド⇒エビ固め
タイチ
(2勝1敗=4点)

<第7試合 30分1本勝負「BEST OF THE SUPER Jr.24」Aブロック公式戦>
(2勝1敗=4点)
リコシェ
12分15秒  キングスランディング⇒片エビ固め
高橋ヒロム
(1勝2敗=2点)

<第8試合 30分1本勝負>
●KUSHIDA 田口隆祐 ジュース・ロビンソン 小島聡
13分24秒  EVIL⇒片エビ固め
BUSHI 〇“キング・オブ・ダークネス”EVIL SANADA 内藤哲也

【WWE入りと言われる女子プロレスラーの衝撃情報】
※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

※440円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年05月18日号猪木内縁の妻宝城カイリBJW横浜文体UFC211舞浜巌流島SEI☆ZA

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]木谷オーナー改革宣言と新日年商32億円~UFC日本来襲~紫雷イオ

[ファイトクラブ]宝城カイリ、スターダム離脱!7・13-14WWE女子トーナメント開催

[ファイトクラブ]シュート活字講座2015①やる側・作る側の理屈とは?宝城カイリvs.里村明衣子~小島聡44歳、凝縮レインメーカー戦@別府

※440円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます

※440円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)

※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能な電子書籍になりました。

【easypay電子書籍】’17年05月25日号新日年商32億木谷改革アイスリボン紫雷イオ新日kick菊野克紀UFC

wkbutaiura091MixCover

15年04月09日レッスルマニア現地取材殿堂内側記スターダム安川宝城W-1鈴木KAI