16年06月23日号超絶アリ猪木FMWパンクラス巌流島甲冑ヒョードルUFCレスナー

 アリ猪木には数々の階層に踏み絵がある。ファンのメディア・リテラシーが試されることもそのひとつであり、すべての"権威"は疑ってかかる必要がある。アリ追悼を兼ねた「14億人が熱狂!完全ノーカット放送」「試合の”声”解析で新事実!!」ということで、アリ猪木40周年記念番組が日曜夜6月12日に2時間強放送されて平均視聴率8・9%をはじいた。大晦日のRIZINは7・3%である。専門誌記者であってもわかってない輩が恥を露呈した問題回を、あらためて具体的に再点検。アリ猪木ルポタージュの最終進化形、200%最強の究極聖典をお届けする。

 「プロレスは低俗なもの」と切って捨てる寸評以下、スポーツ芸術を語らせると人物のインテリ度というか、さまざまな事象に対する理解度を白日の下にさらす怖さがある。「八百長のどこが面白いのか?」と吐き捨てる者などわかりやすい踏み絵であり、「社会のこと何もわかってません」を広言して底の浅さを笑われているのを、本人だけが気づいてない恰好だ。
 ネット論客には書き殴りの免罪符があるらしいが、別冊宝島ムック本が識者に笑われる駄作を出せば叩かれるのは覚悟せねばなるまい。文化人プロレスファン信仰の罠もまた、アリ追悼のタイミングに注意を呼びかけるのがジャーナリズムの本分だろう。禁断の果実を徹底検証する。

 谷川貞治の『プチ格闘技通信』第65回~7月31日(日)、有明コロシアムで行われる『巌流島・公開検証Final』。その1週間前の7月23日(土)、お台場で行われるフジテレビの夏休み一大イベント「お台場みんなの夢大陸2016」で、関東で初めての開催となる「巌流島×ガチ甲冑合戦」がいよいよ開催されます。そこでは・・・

 座談会~数あるプロレス団体の中でスポンサーの資金援助によって何とか興行が成り立っているのはW-1、FMW、IGFの三つ。最も善戦しているのはFMWだが、その一方で、いつスポンサーが撤退してもおかしくないのがFMW。きっちり組織化されていないのがこの団体の弱点である。実際のところ・・・

 稲垣收のUFC情報~ロシアのサンクト・ペテルスブルグで6・17(現地時間)に開催されるEFN(Eurasia Fight Nights:ユーラシア・ファイト・ナイツ)のメインで"皇帝"ヒョードルの"母国復帰戦"が行われる。相手は元UFCファイターのファビオ・マルドナド。昨年末、日本のRIZINでの復帰戦の相手シング・心・ジャディブよりはるかに強敵だ。この試合に先立ち、米でインタビューを受けたヒョードルは「UFCで戦ってみたいと、ずっと思っていた」と発言。M-1グローバルと決別したことでUFC参戦の可能性がぐんと高まった!

 7月9日(日本時間10日)にラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催される記念碑的大会UFC200でUFCに電撃復帰し、マーク・ハントとの対戦が決まっているブロック・レスナー。「俺は試合相手に負けたんじゃない。最近のインタビューで『腸の憩室炎に負けただけだ!』と語っていたそのレスナーが、UFC200に参戦することになった経緯をインタビューで激白。

 6月6日、42歳の若さで亡くなった"世界一有名なケンカ屋"「キンボ・スライス」ことケヴィン・ファーガソン。You Tubeで自分のケンカ映像を流して有名になり、米の総合格闘技団体エリートXCに参戦し、さらに注目を集めたが、エリートで格下と見られたペトルゼリにKO負けし、疑惑により団体も崩壊。その後、UFCの登竜門番組に出演し、UFCにも参戦したが……。追悼特集、後編収録。

 6月12日、東京・ディファ有明にて『パンクラス278』大会が開催。メインイベントに登場したランキング2位・日沖発は元ZSTウェルター級王者の内村洋次郎を相手に寝技で有利に試合をすすめ、判定勝利した。セミファイナルに登場したストロー級王者・砂辺光久は元ZSTウェルター級王者の八田亮を相手に終始優勢に試合を進め、3Rにパウンド連打で勝負を決めて、雄叫びをあげた。また、元アウトサイダー王者・啓之輔が参戦し田村彰敏と対戦するも、3R共に寝技で押さえ込まれる展開となり、判定3-0で惨敗した。第一試合から全試合を振り返る。

▼冬木薫逮捕!飯伏幸太WWEグローバル先行スクープNo.1
スマホ/アップルiOS全ディバイス対応DMM.com電子書籍配信開始


▼天使と野心家~アリ猪木40年目の解析~異種格闘技戦とは何か?
 by タダシ☆タナカ


▼断罪!ここが変~蘇る伝説の死闘「猪木VSアリ」テレビ朝日
 新企画:タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・1976年3月25日ニューヨーク・プラザホテルでの調印式から
・4オンス全力殴れば自分の拳が壊れてしまう 金字塔の電子書籍
・ここが変~別冊宝島『プロレス真実の扉』なんじゃこりゃ?


▼谷川貞治の『プチ格闘技通信』第65回
 関東で初めてのガチ甲冑合戦!
 7・23お台場・フジテレビ夢大陸で開催!!


▼座談会~組織化されていない新生FMWの問題点

▼Hardcore元祖ジプシー・ジョー天国へ


▼6・17 EFN 50のヒョードルvsマルドナド
 UFCファイトパスが生放送!
 Text by 稲垣 收
・母国ロシアでの復帰戦に臨むヒョードルがついに告白!
・「UFCで戦ってみたいと、ずっと思っていたよ」
・「UFCとの契約の可能性も高まった」とヒョードル
・レスナー戦も実現なるか!?
・今回は1試合契約。マルドナド戦後、自由に交渉の席につく
・UFCとの交渉の障害だったM-1グローバルとは縁が切れた
・年内にUFCでヒョードルを見られる?
・「イエス。可能性はあります」


▼UFC200でのハント戦、そしてヒョードル戦も噂される
 レスナーが電撃復帰の真相を激白!
 Text by 稲垣 收
・「俺の方からデイナ(UFC社長)に電話したんだよ」
・「なぜUFC復帰するかって?やりたいからやるんだ」
・「アリスターやベラスケスに負けたんじゃない病気に負けたんだ」
・実はUFCに出る前から病気だった
・今度が100%のレスナー初公開!
・「今の俺は1000%だ。少しも年取ったと感じない」


▼追悼キンボ・スライス(後編) 
 エリートXC崩壊後、TUFを経てUFCへ
 Text by 稲垣 收
・心臓発作で亡くなった"世界一有名なケンカ屋"
・「キンボ・スライス」とは何だったのか?
・「UFCに出たいならTUFで優勝しろ」(ホワイト社長)
・UFCをリリースされIGF参戦未遂
・プロボクサーになり連続KO
・ベラトールで5年ぶりに総合に参戦ケンシャムに勝利
・7月にトンプソンと再戦予定だったが心臓マヒで死亡


▼王者・砂辺光久KO葬元ZST王者!日沖発 貫禄勝ち!啓之輔惨敗
 6・12パンクラス278デイファ有明大会
 Photo & 構成 by 永井鋭次
・元SRC&修斗王者・日沖発、内村洋次郎に完封勝利!
・ストロー級王者砂辺光久3R TKO14連勝!元ZST王者・八田亮倒す
・元DREAM王者・高谷裕之、UFC&ベラトール出場経験者に惨敗
・米ゴーン・スクアッド永久追放!クリスMAN三浦広光の試合中止
・瀧澤謙太、カナダの強豪ルイ・サノデキス相手に逆転勝利!
・HEAT王者・春日井健士のチョークが炸裂!王座戦アピール!
・元アウトサイダー王者啓之輔 元修斗ライト級王者田村彰敏に完敗

▼タブー満載企画【海外情報局348】
 WWE PPV大会直前大乱闘!ゲイル・キムがTNA殿堂入り
・IGFワン・ビン獲得!ケイン復活!WWEロウ大会
・Bラシュリーが新王者に!TNA『スラミバーサリー2016』
・Dギャロウェイを返り討ち!TNAインパクト・レスリング
・ボラドールJr.が凱旋勝利!CMLL 金曜日定期戦!
・アトランティスがUゲレーロに勝利!リーガ・エリテく
・JZ・カバウカンチが新王者!『タイタンFC39』
・Dサントス一本勝ち!『アフマット・ファイト・ショー23』
・『M-1チャレンジ68』

★一緒にカートに入れて合わせて読めばさらに楽しめる!
プロレス芸術とは?徹底検証! 猪木vsアリ戦の"裏"

無料!鷹の爪大賞2015~全媒体を横一線に見てもらっては困る

6/16アリ神新日W1全日BレスナーUFCダンヘン最後キンボ死ラウェイ

6/9リコシェ踏絵オスプレイIGF解散勧告UFC巌流島T-98ラジャREBELS

6/2新日IGF迷走wwe日本戦術nxt昇華宮原健斗関本大介UFCマクレガ-

5/26新日株式公開WWE自社株売却巌流島UFC韓国RFC新日kick大舘祭

5/19BABYMETAL現象とマット界UFCマクレガー殺害?秋山武藤船木


販売告知
許可なくの無断転載は厳禁であり引用可能なのはサイト宣伝文までが原則です。情報商材で知り得たいかなる記述も転用は堅くお断りします。公式Facebookシェア奨励のみならず宣伝文を超えて紹介したい場合は事前にご相談下さい。表紙画像等を送付させていただきます。

16年06月23日号超絶アリ猪木FMWパンクラス巌流島甲冑ヒョードルUFCレスナー

商品コード weeklyfight040

価格 440 円

ウィッシュリストに追加する »