葛西純の『危血害LIVEトーク』は立ち見多数の大盛況に 電子書籍発売決定

100111kasai013.jpg
 1月11日、新宿のぱっぷるスタジオで行われた葛西純『新春・危血害LIVEトーク』は、その人気を反映してか掛け値なしの超満員、立ち見客であふれかえる大盛況となった。
 まずは東スポのベストマッチ賞受賞の「乾杯!」からスタート。第一部は、事前に用意された質問に「○」か「X」かで答え、さらにその内容を掘り下げる形式で進行。かの受賞に関して、「花マルうどんを食べに行き家に戻る車中で、う●こがしたくてしたくてたまらなかったその時に携帯が鳴り、家に戻るまで持つのか不安だったのが、途端にう●こが引っ込んだ」とか、会場を大いに笑わせてくれた。
100111kasai098.jpg
客席には猫ひろしさんも来ていた。ゲストとして呼ばれたわけではない。純粋な葛西ファンなのだ!
 また、「東京スポーツベストバウト賞受賞、ずっと前から自分の試合が評価されないのはおかしいと思っていた」の問いかけには「○」だったものの、「一度復帰したら、二度と復帰はしたくない」にも「○」と答え、引退を撤回した選手を「かっこ悪い!」と批判するなど、普段の制約のある専門誌等では聞けない話もふんだんに出てくる。
 「こいつとだけは試合したくない、と言うレスラーがいる」にも「○」回答だった葛西選手。この危険な内容はタブーの必要がない電子書籍向きだろう。
 快諾を得たことから、今回の危血害LIVEトークはヤマモ山本雅俊さんの茨城清志編に続く、第二弾インタビュー本として近日発売することになった。すべてのキ●ガイ・フリークたちの必読書となるであろう。
ヤマモvs.茨城清志 ジャパン女子~W★ING復活の軌跡
 第二部は貴重ビデオの上演ということで、IWAイーストコーストのマッド・マン・ポンド戦、司会役に華を添えてくれたシャッターチャンスわか嬢のキャットファイト戦までも上演された。こちらもインタビュー本では、可能な限り紙上再現してみる予定だ。
100111kasai077.jpg
 最後は葛西選手のフィギュアの当たる全員参加のジャンケンがあり、最後は三本締めで興奮のLIVEがお開きとなっている。明日は大日本プロレスの新木場1stRING大会だ。メイン登場の葛西選手を応援しよう!
★併せて読めばもっと楽しめる!
週刊マット界舞台裏』09年3月26日号~背を血に染めた“翼なき野郎ども”宙を舞い落下! 飛び交う大・キチガイコール! 3・12大日本新木場で禁断の「葛西vs.沼澤」が復活!
週刊マット界舞台裏』09年5月7日号~4・28 大日本後楽園は蛍光灯と純プロレスの二刀流!
『週刊マット界舞台裏』09年6月18日号~6・8Happy“Kichi-Guy”Birthday!! 32000個の画鋲&蛍光灯200本で祝う“黒天使”沼澤邪鬼の血まみれ誕生日!
別冊ミルホンネット『これが2009年デスマッチの今だ!!』7・12横浜文化体育館「宮本vs.竹田」
別冊ミルホンネット『7・27世代闘争勃発 8・28デスマッチ総選挙 若作り★井上勝正引退』
100111kasai113.jpg
葛西選手本人が買ってくれていたベストセラー『伊東竜二vs.葛西純』
【次回イベント情報】
 昨年12月に対・齋藤彰俊戦で引退試合を行った、インディー界の論客にして未だ重要人物であり続ける、ミスターデンジャー・松永光弘が登場。インディーのみならず、全プロレスファン注目の、プロレス雑談・放談LIVEトークを行う。
■ ヤマモバースデイ・トークパーティーwithミスターデンジャー!!
ホスト・山本ヤマモ雅俊
ゲスト・松永光弘
日時:2月14日(日)12時半開始
会場:ぱっぷるスタジオ  
東京都新宿区内藤町1-7ホヲトクビル1F 
(新宿御苑前2番出口或いは四ツ谷三丁目1番出口、いずれも徒歩8分・スタジオは外苑西通りに面しています)  
チケット料金 
前売り1,800円
当日2,000円
★飲食・場内持込自由(ゴミは各自、お持ち帰り下さい)
★前売り券は、松永光弘の店ステーキハウス・ミスターデンジャーで販売
 03-3614-8929  
メールでも購入できます(お名前・枚数・携帯番号を明記の事)
お問い合わせ 090-7835-6885 VERY SMART