レスラー大会でクイズ優勝した蝶野正洋、レスラー以外相手に挑む!

 蝶野正洋が10月31日(水)と11月1日(木)、クイズ番組に出演した。BSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』という番組である。
 この番組は月~金曜までの帯番組として放送されており、午後10時から1時間のクイズ番組だ。40歳以上の解答者が4人、月曜日と火曜日でクイズを競い、上位2名が金曜日に行われる週間チャンピオン大会に進出する。
 そして水曜日と木曜日ではメンバーを変えて、やはり40歳以上の解答者4人でクイズを争い、上位2名が金曜日の週間チャンピオン大会に進出するという仕組みだ。金曜日には代表者4名による週間チャンピオン大会が行われ、1位になった人が優勝である。
 蝶野は水曜日(10月31日)と木曜日(11月1日)に出場し、上位2名に入って金曜日(11月2日)の週間チャンピオン大会への進出を狙う。

130923Chono0025.jpg

 司会は漫才コンビ・ますだおかだの岡田と、フジテレビの川野良子アナ。今回の水・木曜日の解答者は蝶野正洋(56歳)の他には白石まるみ(56歳)、赤塩正樹(62歳)、ロミ・山田(86歳)の4人。赤塩正樹というのはピンと来ないかも知れないが、アニメ『みゆき』の主題歌『想い出がいっぱい』を歌って大ヒットしたデュオ『H2O』の片方だ。
 なお、得点は『ノーベル』という単位で示され、基本的には1問正解すると10ノーベルを獲得する。

 番組冒頭で、司会のますおか岡田は蝶野に「前回はトップでしたね」と言えば、蝶野は「あのときはレベルが低かったから」と答えた。
「そうそう、その他はレスラーばっかりでしたから……、って怒られるわ!」とツッコむ、ますおか岡田。そう、蝶野がこの番組で優勝したのは、プロレスラー大会だったのだ。ちなみに、このときの蝶野以外のメンバーは、渕正信、前田日明、船木誠勝だったのである。

 果たして、プロレスラー大会で優勝した蝶野の頭脳は、レスラー以外相手でも通用するのか!?

▼前田日明、蝶野正洋、渕正信、船木誠勝が爆笑のクイズ・バトル!

前田日明、蝶野正洋、渕正信、船木誠勝が爆笑のクイズ・バトル!


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]「思い出」と「現在進行形」の間のレジェンドレスラー興行 8・30マスターズ後楽園

[ファイトクラブ]「思い出」と「現在進行形」の間のレジェンドレスラー興行 8・30マスターズ後楽園

ヒントを貰っても、サービス問題でも、蝶野正洋は文句ばっかり

 第1問は、『あに○○』『のー○○』『○○ちーず』『○○がり』で、『○○』に共通する2文字を答えよ、という問題。
 ますおか岡田は「『あに○○』なんて、蝶野さんがお世話になってるかも知れませんよ」とヒントを言ったが、蝶野はピンと来ていない。答えは『まる』。『あに』の後ろに付くと『アニマル』で、アニマル浜口に通ずるから、蝶野にとってはサービス問題だったというわけである。
 しかし蝶野は「判りにくいヒントだったよな」と文句を言う始末。さらには「ロード・ウォリアーズのアニマルかと思った」と、言い訳にならない言い訳をした。

 ただ、早押し問題の『メロンの収穫量で全国1位の都道府県は?』というクイズで、蝶野は「茨城県」と見事正解。実は、蝶野は茨城大使だったのだ。いわば蝶野に対するサービス問題である。
 それでも蝶野は「オレに関する、プロレスの問題が来ないから。たとえば『アントニオ猪木の誕生日は?』とかね」とまだ文句を言っている。

 初日の成績は、白石まるみが100ノーベルでトップ(失礼ながら、若い頃からアホそうに見えたのに、このクイズ番組では1位。ただ、蝶野と同じ56歳とは思えないほど可愛い)、2位は赤塩正樹の80ノーベル、蝶野が3位に入って60ノーベル、4位はロミ・山田の30ノーベルだ。
 苦しいスタートとなった蝶野。やはり、蝶野がトップを取れたのは、プロレスラー相手だったからなのか!? エンディングでは、あれだけヒントを貰っても「(司会者の)アドバイスが悪かったですね。やりにくかった」と悪態をつけば、ますおか岡田も「やりにくかったんはこっちや!」と言い返した。

2日目に、2位以内に入れば、金曜日の決勝戦に進出だ!

 2日目の木曜日、オープニングで蝶野は「岡田さん、疲れてます?」と思わぬ気遣いを見せた。「元気出して行きましょう!」という蝶野の励ましに、ますおか岡田は「この番組、1日5本撮りって、みんな知ってますから」と番組の裏事情を暴露した。
 各曜日1時間、週5本の帯番組を1日で撮り終えるのである。最低でも1日5時間の収録、各曜日のインターバルは僅か10分。金曜日分の収録になると、ますおか岡田はいつも疲れ果てていた。しかも、解答者はトンチンカンな答えばかりする連中である。特にプロレスラーはそうだ。

『フラッシュ小銭』という問題では、蝶野が28歳頃の写真が出て来た。武藤敬司、橋本真也と共に『闘魂三銃士』と呼ばれていた頃である。このときはまだベビー・フェイスだったが、この後にnWoの黒のカリスマとして大ブレイクした。
「nWoのグッズとかTシャツ、儲かったでしょう」とますおか岡田が訊けば、蝶野は「私には1銭も入ってきません。みんな会社が儲かって。それで新日本プロレスを辞めました」と答えた。
「やめてください! この手前で止めておきましょう」と慌てるますおか岡田。

 その後の蝶野は、たとえば『三田寛子』を『三田寛美』などと、惜しくも不正解となる解答を連発。そのたびに『ガッデム!』と吠えた。
 さらに、自分が判らない問題には「ヒントをくれ!」と要求する。自分が判った問題には「ヒントを言うな!」と言うなど、我がまま放題。しかも、自分が判ったつもりの問題でも間違えるという大失態を演じる蝶野。
 ただ『平成5年、NHK教育テレビで放送開始された子供向け教育番組名は?』という、蝶野にとって超サービス問題に、蝶野は『天才てれびくん』と正解。この番組に蝶野は『蝶野教官』という役柄で出演していた。

 最終問題を前に、白石まるみが180ノーベルでトップ、2位は赤塩正樹の160ノーベル、蝶野が110ノーベルで3位、ロミ・山田は4位の60ノーベルだ。最終問題に答えると200ノーベルを獲得、蝶野にも逆転トップの可能性がある。
 しかし、超難問のこの問題は、全員が不正解。最終順位はこちら。

①白石まるみ 180ノーベル
②赤塩正樹 160ノーベル
③蝶野正洋 110ノーベル
④ロミ・山田 60ノーベル

 蝶野正洋、週間チャンピオン大会進出ならず! やはり、蝶野がクイズで優勝したのは、他の解答者が全員プロレスラーだったからなのか……。
 エンディングで蝶野は「納得いかないですね。あまりに疑惑の判定で。不公平な判定は止めてもらいたい」と苦言を呈していた。
 蝶野も滅茶苦茶なことを言う。『三田寛子』を『三田寛美』では正解にできんやろ……。


BSフジ『クイズ! 脳ベルSHOW』公式サイトより

※追記……BSフジでは11月16日(土)に同番組のスペシャル版、毎年恒例の11時間テレビ(11時~22時)が放送されます。プロレスラーが多数登場する伝説のTKJP(たたいてかぶってジャンケンポン)を今年も開催! どうぞお見逃しなく!!

▼長州力vs.前田日明のガチバトル!? BSフジ11時間テレビ生放送!

長州力vs.前田日明のガチバトル!? BSフジ11時間テレビ生放送!


※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年10月31日号ノア全日W1 新日USA 水曜戦争絶頂 WWS 新日本キック ラウェイ台湾