ウルティモ・ゲレーロがヘビー王座防衛!CMLLアレナメヒコ金曜定期戦

(C)CMLL

 8月9日(現地時間)にメキシコシティ・アレナメヒコで『アレナメヒコ金曜定期戦』が開催された。
 今大会のメインは、怪我で欠場していたディアマンテ・アスールが復帰、ボラドールJr.、ドラゴン・リーと組んで、グラン・ゲレーロ、エウフォリア、フォラステロのルード軍と対戦した。だが一本目はルード軍の合体殺法で、まずはルード軍が先制。そして二本目、テクニコ軍が逆襲するとと思いきや、なんとフォラステロがレフェリーの隙をついて反則ローブローでフォールを奪ってしまったのだった。これでルード軍がストレートで勝利。当然、テクニコ軍は抗議するも裁定が覆る事はなく、ボラドールJr.は激怒してフォラステロと激しく舌戦。この二人に因縁が勃発しそうだ。
 セミファイナルでは遂にウルティモ・ゲレーロのCMLLヘビー王座に侵略者シベル・ザ・メイン・マン(シベルネティコ)が挑戦した。共にルードだが、CMLL所属のゲレーロと外敵であるシベルは対立。共に反則ローブロー絡みで一進一退の勝敗を繰り返していたが、遂に王座戦となった。試合は一本目はシベルがスピアーでフォールを奪うと二本目はゲレーロがジャベで取り返した。そして運命の三本目、ゲレーロがフォールするとシベルはレフェリーの手を掴んでフォールを妨害。これに対し、ゲレーロがレフェリーに抗議している間に、シベルはゲレーロにローブロー。レフェリーが目をそらした隙に反則を行った上、シベルは自分がローブローを受けたフリをして股間を抑えて倒れこみ反則勝ちをせしめようとしたのだった。しかし、シベルが倒れた上から本当に急所攻撃を受けたゲレーロが倒れこんできて、そのままレフェリーがカウントしてゲレーロがフォール勝ち。シベルは策士策に溺れるという形で敗れてしまった。激怒したシベルは遂に究極の決着戦、カベジェラ戦(敗者、髪切りマッチ)を要求。遂に大物ルード同士の抗争は最終決着戦になるのだろうか?

■ CMLL アレナメヒコ金曜定期戦
日時:2019年8月8日(現地時間)
会場:メキシコ合衆国メキシコシティ・アレナメヒコ

<6人タッグマッチ>
○グラン・ゲレーロ、エウフォリア、フォラステロ
 2-0
●ボラドールJr.、ドラゴン・リー、ディアマンテ・アスール

<CMLLヘビー級王座>
○ウルティモ・ゲレーロ(王者)
 2-1
●シベル・ザ・メイン・マン(シベルネティコ)(挑戦者)

<6人タッグマッチ>
○ネグロ・カサス、サンソン、クアトレロ
 2-1
●エル・バリエンテ、アンヘル・デ・オロ、ニエブラ・ロハ



※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

[ファイトクラブ]追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

▼井上記者が語るハーリー・レイスさん 米マットでの評価は日本の100倍以上!?

[ファイトクラブ]井上記者が語るハーリー・レイスさん 米マットでの評価は日本の100倍以上!?

▼8・3-4G1クライマックス大阪2連戦から紐解く新日東京ドームの道標先

[ファイトクラブ]8・3-4G1クライマックス大阪2連戦から紐解く新日東京ドームの道標先

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

’19年08月08日号レイス追悼 G1愛知
RIZIN RISE ラウェイ日本 世志琥 AEW ムエローク

’19年08月15日号G1大阪 W1事故 レイ
ス特集 WLCラウェイ JKA旗揚げ PPP会見 浅草橋