ケビン・オーエンズ赤丸急上昇!ヒール中邑真輔!ドルフ・ジグラー続行SmackDown

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 前夜の「同窓会」おさらいはあとにして、冒頭はSNSで「ヤッピン、ヤッピン(ピーチク、パーチク)」をやってるだけと憎まれ口のシェイン・マクマホンに会場客がブーイング、あるいは「CMパンク」コールまで浴びせているところに、前夜には出てこなかったケビン・オーエンズ様のお出ましである。これでイイのだ。2019年のストーンコールドはKOなのである。

 ということで冒頭とトリはケビン・オーエンズ。反体制の英雄が『サマースラム』の注目株に躍り出た。中邑真輔はヒールターンが鮮明に。逆に『サマースラム』後に休養に入るフィン・ベイラーは、よりベビーフェイスが強調されて怪人変身のブレイ・ワイアットの餌食ということか。

 なんか当初の予告では、ショーン・マイケルズがゲスト実況席とか煽られていた気がするが、MIZ TVの出番だけに。ドルフ・ジグラーから「アンタをアイドルとして目標としてきたが、今や終わった人」と絡まれると、「お前なんかずっと(ショーン・マイケルズの)二番煎じの人」とやり返されるという・・・。まぁ、なんやかんやでドルフも残っているということだろう。

 それにしても、このところずっと「4ドル、5ドル、6ドルのセットミール」を強調するバーガーキングの宣伝ばかり頭に残る番組だ(笑)。シェインじゃない方の日本のマックも500円セットあるから、ピザの値段は日米で大きく違うが、ハンバーカーはまぁ同じ価格帯になると。格闘技ベラトールも、バーガーキングがやたら目立つということで、経営陣がマット界支援なんだろう。ありがたいことなのである。

■ WWE SmackDown
日時:7月23日
会場:フロリダ州マイアミ アメリカン・エアラインズ・アリーナ

◆勝利した中邑真輔がAクルーズに非道なキンシャサ弾

 IC王者中邑真輔がアポロ・クルーズと対戦した。中邑はクルーズにエルボー・ドロップから滞空時間の長いスープレックスで先制を許すも、スピンキックで反撃するとスライディング・ジャーマンスープレックスからキンシャサを狙った。しかし、逆にクルーズに延髄斬りからのオリンピック・スラムで反撃されて苦戦を強いられた中邑だったが、クルーズのスタンディング・ムーンサルトプレスを避けると必殺のキンシャサを叩き込んで3カウント。勝利した中邑は非道にも倒れ込んだクルーズを蹴り飛ばして場外に追いやると、花道から走り込んでさらなるキンシャサ弾。動けないクルーズを見下ろした中邑は冷酷な微笑みを浮かべて会場を後にした。

 また、番組では日本時間7月28日に行われる特別番組「スマックビル」でIC王者中邑とフィン・ベイラーの再戦となる王座戦を発表。「スマックビル」はWWEネットワークでライブ配信される。

◆王者コフィ・キングストンがランディ・オートンを返り討ち

 真夏の祭典PPV「サマースラム」で王者コフィ・キングストンとランディ・オートンのWWE王座戦が決定した。サモアー・ジョーとの試合を組まれたキングストンは試合前にオートンを呼び出すと、オートンは「お前がタイトルを持っているのはまぐれだ。王者に値しない」と侮辱。これにキングストンは「PPV「サマースラム」で試してみるがいい」と王者の自信を示して両者の対戦が決定。さらにオートンが見守る中でキングストンとジョーが対戦すると、両者は白熱の攻防を展開。関節技やヘッドバットで攻め込むジョーに対してキングストンはドロップキックからブーン・ドロップを叩き込むと、いきなりオートンが乱入。オートンはキングストンを狙ったRKOが不発に終わると、代わりに起き上がってきたジョーにRKO。しかし、その隙にキングストンがトラブル・イン・パラダイスをオートンに叩き込んでオートンを返り討ちにした。

 番組では日本時間7月28日に行われる特別番組「スマックビル」でキングストン対ジョー対ドルフ・ジグラーのトリプルスレット形式WWE王座戦を発表している。

◆シェイン対オーエンズがPPV「サマースラム」で決定

 真夏の祭典PPV「サマースラム」でシェイン・マクマホンとケビン・オーエンズの一戦が決定した。オープニングにシェインが登場すると「オーエンズがSNSで俺にサマースラムでの挑戦を表明した。もしオーエンズが負けたら辞めると言っているし、俺はこの挑戦を承諾する」と自身の試合を決定した。これに対してオーエンズが登場すると、「俺が辞めることはない。なぜなら俺がお前を倒すからな」と舌戦を展開。さらに「待つ必要はない。今、やってやる」と詰め寄るオーエンズに対してシェインはレインズとのメイン戦を決定した。
 シェインの策略でシェイン自身が特別リングアナウンサー、アライアスが特別タイムキーパー、ドリュー・マッキンタイアが特別ゲストレフェリーを務めるという包囲網の状況で試合が行われるも、我慢できないレインズがマッキンタイアに一撃を放つと、オーエンズとレインズは共闘してシェインを捕まえようと乱闘に発展。レインズがスピアーでマッキンタイア、オーエンズがスタナーでアライアスを沈めると、最後はレインズがスーパーマンパンチ、オーエンズがスタナーをシェインに放って撃沈。さらに会場に“ワンモアタイム”チャントが鳴り響くと、オーエンズがダメ押しのスタナーを叩き込み、「これは俺のショーだ」と叫んでシェインにお仕置きした。
 オーエンズ対シェインの一戦が行なわれる真夏の祭典PPV「サマースラム」は日本時間8月12日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼G1序盤とオスプレイWWEスーパースター抗争!AEW毎週水曜TNT

[ファイトクラブ]G1序盤とオスプレイWWEスーパースター抗争!AEW毎週水曜TNT

▼追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

[ファイトクラブ]追悼ハーリー・レイス-G1折り返し展望-サマースラム不安-ONEマニラ

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年08月08日号レイス追悼 G1愛知 RIZIN RISE ラウェイ日本 世志琥 AEW ムエローク