武来安が左ミドル一撃!秒殺KOで王座獲得!佐々木が豪快なハイキックで衝撃KO劇!『ムエローク2019グローバル』

 韓国人選手勢が台風の関係で飛行機が飛ばず、出場が不可能というアクシデントに見舞われるも、プロの部は全てKO決着という見ごたえのある内容であった。ヒジで切り裂き、首相撲からヒザで突き刺すムエタイ特有の技の応酬が見られ「ヒザなし?ヒジなし?笑わせるな!」のキャッチフレーズに偽りなしの試合展開となった。
 ジュニア33冠王・最強の小学生・曽我昂史の初のヒジあり国際戦、ムエロークジュニアタイトル戦と、ジュニア2試合もプロに負けじ劣らずのハイレベルな試合を見せ、観客の度肝を抜いた。
試合写真:鈴木雄一郎

■ ムエローク2019グローバル
主催:尚武会
日時:2019年7月21日 (日) 開場 16:00 開始 16:30
会場:東京・新宿FACE

<メイン WMCライトヘビー級 インターコンチネンタル王座決定戦 3分5R >
○武来安(アメリカ/上州松井ジム/WPMF日本&J-NETWORKライトヘビー級王者)
 1RTKO 1分06秒 ※左ミドルキック
●ヘンネリッキ・ソー・シリラック(ノルウェー)       

 開始早々からヘンネリッキが左右フックと右ストレートで武来安に攻め立てる。ガードしながら、ヘンネリッキをコーナーに詰めて武来安の左ミドルがヘンネリッキの腹に突き刺さり一撃でKO。武来安が王座を獲得し、世界王座へ一歩前進となった。

【ムエローク国際戦 日本vs ワールド 団体戦】
<ムエローク国際戦第7試合 スーパーバンタム級56kg契約 3分5R >
○佐々木雄汰(尚武会/ 元WPMF&ムエタイオープンバンタム級、ルンピニージャパンスーパーバンタム級王者)
 3RTKO 1分08秒 ※ハイキック
●ペットミャーンヤソー・ギンミー(タイ)

 サウスポー構えの佐々木は、序盤から強烈な左ミドルと左ローを打っていく。パンが右ミドルを打つも佐々木はこれをキャッチし右ボディーストレートを打つ。ロープに詰めて左右フックや右ヒジと手数が止まらない。3Rには佐々木のジャンピングハイキックがクリーンヒット。パンが倒れたと同時にレフェリーが試合をストップし、佐々木が衝撃的なKO勝利を収めた。

<ムエローク国際戦第6試合 スーパーフェザー級60 3分5R >
リク・シッソー(トースシンムエタイジム/ WMCスーパーフェザー級王者)
 vs.
チョ・ヨンフン(韓国)※台風の影響で飛行機が欠航と遅延で来日できず試合中止

<ムエローク国際戦第5試合 ウェルター級68 3分5R >
●誠(レンジャージム/ WMCウェルター級王者)
 4RTKO 2分47秒 ※回転肘と右肘で2ダウン
○フェデリコ・ベロナリー(イタリア)

 互いにパンチの打ち合いが多く、3Rになると誠の左右フックが目立ち、フェデリコがガードしてもグラつき、ガード越しから効かせている様子だった。3Rは誠優勢か。4Rになると誠は左ミドルと左ローを打ち、左ストレートと左ボディーストレートでロープに詰めていくがフェデリコがバックスピンオフエルボーでダウンを奪う、立ち上がったがダメージの残る誠をロープに詰め、追撃の右肘をテンプルにヒットさせてダウンを奪い、レフェリーがストップ。序盤フェデリコ、中盤 誠のシーソーゲームはKO決着となった。

<ムエローク国際戦第4試合 ミドル級74 3分5R >
●長谷川拓也(レンジャージム/WMC日本ミドル級チャンピオン)
 1RTKO 1分05秒 ※肘カットによるレフェリーストップ
○ルカ・ランバート(イタリア/ MaxMuaythai チャンピオン)

 パンチの打ち合いとなったが、右縦ヒジで長谷川をカット。その後、パンチの打ち合いで長谷川の出血が悪化し、レフェリーが試合をストップ。

<ムエローク国際戦第3試合 スーパーライト級 3分5R
DAIJU(尚武会) 
 vs.
Mehrdad Sayyadi(WSRイラン/ IFMA王者)
試合中止
※DAIJUが不慮の事故により出場不可となったため

<ムエローク国際戦第2試合 クルーザー級90 3分5R >
天承山(Life-AMICハイボルテージ)
 vs.
イ・ヒシン(韓国/ Psychopitbulls)※台風の影響で飛行機が欠航と遅延で来日できず試合中止

 試合が中止になった為、天承山は紅闘志也とのデモファイト2R(1Rキック、2R両者経験者であるラウェイ)を行った。

<ムエローク国際戦第1試合 35kg 2分5R >
△曽我 昂史(NCM/鍛錬会)
 引分1-1(49-48曽我、47-48ホヨーン、48-48)
△ホョーン・チャウム(タイ/ランバージム)

7・21 ムエローク 曽我昂史インタビュー



 1R開始早々に右ハイでダウンを奪う曽我。その後右ミドルを打ち首相撲からヒザとつなげ、曽我ペースに。2Rになると縦ヒジ入れる曽我。右ローを連打する曽我に首相撲で応戦するホヨーン。ジャブから左縦ヒジを打ち、右ローを連打する曽我。3Rになるとホヨーンが首相撲からヒザをしつこく連打し、2Rまで劣勢だったホヨーンの反撃が始まった。4Rもホヨーンは首相撲からヒザを打っていく。曽我は右ストレート、ホヨーンは首相撲で曽我を崩し、ヒザを連打。5Rは曽我の右ストレートがヒットするシーンが目立ち、ミドルの応酬で試合終了のゴング。判定はドロー。序盤にダウンを奪い優勢に進めていた曽我だったが、後半に追い上げを許し、初の国際戦はドローに終わった。

<ムエロークJr 30kg級 タイトルマッチ 2分5R >  
●橋口泰賀(バルボーザジャパン)
 判定0-3(48-49,48-49,47-49)
○入江曜平(晴山塾)

 1Rから互いにパンチとミドル、右ローの応酬が続き、2Rから首相撲とヒザが加わっていく。3Rはテンポよく左右ミドルを打つ橋口に、距離をとって左フックと右ミドルで応戦する入江。前蹴りから左右フック、首相撲と徐々に手数を上げていく橋口に、入江はジャブから右ミドル、右前蹴りで負けじと応戦。4Rはミドルの応酬から首相撲。入江が首相撲からヒザで橋口を崩し、距離をとりながら右ミドルと左右フックを振り回していく。5Rは入江の蹴り、橋口のパンチと完全に攻勢が分かれ、残り30秒は首相撲からヒザの応酬で試合終了のゴング。判定の結果、入江が勝利し、王座を獲得した。


※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年08月08日号レイス追悼 G1愛知 RIZIN RISE ラウェイ日本 世志琥 AEW ムエローク