ILFJ主催のラウェイ日本大会!ミャンマー地上波MNTVでレギュラー放送が決定!今週開催の6・29 『Lethwei in Japan 8 ~SAMURAI~』より放送開始!!

 現在日本で定期開催しているILFJ(インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン)主催のラウェイ日本大会は、今週末6月29日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Lethwei in Japan 8 ~SAMURAI~』よりミャンマー地上波「MNTV」にてレギュラー放送が決定。官民ファンドにてミャンマーに設立された「DREAM VISION」社と契約を締結しレギュラー放送されることとなった。
グランドオープニング番組:7月6日(金) 午後8時~午後9時
6月29日ラウェイ日本大会放送:7月7日(土) 午後7時20分~午後9時

◇後半戦出場、日本人選手の直前コメント
第6試合 渡慶次幸平
『1年前ラウェイ初参戦時、無敗の強豪ピャン・トゥエと闘う時はリングに入る直前まで恐怖と闘いました。ただ、試合中は最高に興奮してその時以来この世界一過激なルールで闘うことに恐怖する感情が無くなり、ラウェイが自分の生きがいになりました。29日はラウェイファイターとしての誇りを胸に超過激な試合をする事をお約束します。楽しんで下さい!』

第5試合 奥田啓介
『「LETHWEI IN JAPAN 8〜SAMURAI〜」相手をぶった斬る。以上。』

第4試合 金子大輝
『こんにちは。メインに出場するソー・ゴー・ムドー選手と同じThut ti Lethwei club所属の金子大輝です。普段はミャンマーでの試合が多いのですが、今回は日本での試合ということで、現地ミャンマーのコーチと連絡を取り合い、アドバイスを受けながら、指示して頂いたメニューを日本でこなしています。日本でお世話になっている師匠、両親、応援してくださっている皆様と、ミャンマーで自分を待っている皆様への恩返しのためにも、何より自分の人生のために、当日は誇りと勇気を持って闘います。応援のほど、宜しくお願い致します。』


■『Lethwei in Japan 8 ~SAMURAI~』
日時:2018年6月29日(金) 開始18:30  
会場:東京・後楽園ホール
主催:一般財団法人 ILFJ
運営:㈱ライジング・プラネット、㈱ファーストオンステージ
◇純ラウェイルール全6試合予定
チケット料金 (当日は各種500円UP)
VIP 10,000円  S席 7,000円  A席 5,000円  B席 4,000円
チケット発売開始:4月13日各プレイガイドにて
チケットぴあ(Pコード:838-999)
ローソンチケット(Lコード:32436)
イープラス、後楽園ホール にて発売
お問合せ:ILFJ 03-5212-5088

◇大会当日ライブ動画配信のお知らせ
今大会は「FITE-TV」での有料生配信で料金$4.99
配信先リンク FITE-TV :http://urx3.nu/KCPJ
実況:八塚 浩 解説:日菜太選手(クロスポイント吉祥寺)、東修平選手(AACC)
FITEの売上は全額「ミャンマー子供教育支援」寄附致します

全試合純ラウェイルール

<第6試合 ラウェイ 73㎏契約 3分5R>
渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) 
 vs.
ソー・ゴー・ムドー(ミャンマー/2016年LWC-1 72kg王者)※ZONE日本大会参戦

渡慶次幸平コメント
『ラウェイに参戦してから1年がたちました。顔の傷は増えましたが、ラウェイへの情熱は日々燃え続けてます。
この階級でTOP3に入る強豪選手というムドー選手に勝ち、ラウェイ日本大会を盛り上げ、ミャンマーラウェイそして、素晴らしいミャンマー文化をもっと沢山の人に広めていきたいと思います。日本を背負って、男らしい闘いを見せます。皆様応援宜しくお願い致します。』

ソー・ゴー・ムドー
「ミンガラバー、ソー・ゴー・ムドーです。以前日本で試合したことがあり日本は大好きな国です。今回日本遠征に選んで頂いたILFJの関係者には本当に感謝します。そして純粋なラウェイのルールで戦えることもとても嬉しいです。対戦相手の渡慶次選手とは初めての対戦になりますが、結果の前に自分のベストを尽くし正々堂々とミャンマーラウェイで勝負します。応援よろしくお願いします。」

<第5試合 ラウェイ 75㎏契約 3分5R>
奥田啓介(プロレス)※ラウェイ2戦め 
 vs.
アウン・パイン(ミャンマー/2017年Air KBZ勝者)※ILFJ日本大会初参戦

奥田啓介
『今回おれがこのリングに何故帰ってきたか分かるか?おれはプロレスラー。プロレスが一番強い。おれは昔からそう思ってきた。おれが6.29聖地後楽園で証明してやるから。以上。』

アウン・パイン
「ミンガラバーアウンパインです。兄弟のように生活しているトゥンルインモーと一緒に日本で試合出来ることになり僕自身驚いていますし幸運だと思います。日本へ行ったら緊張すると思いますがせっかく日本遠征に選んで頂いたので、ミャンマー代表という気持ちを持ち自然体で戦えるよう準備します。」

アウン・パインとトゥンルインモーは同門

<第4試合 ラウェイ 67㎏契約 3分5R>
金子大輝(日本/Thut Ti Lethwei Club/2017年Air KBZ勝者)※ILFJ日本大会初参戦 
 vs.
ジェ・ジン・ピョー(ミャンマー/2015年ゴールドベルト60kg王者、2016年ゴールドベルト63.5kg準優勝)※ILFJ日本大会3度目の参戦

金子大輝
『初めまして。Thut Ti Lethwei Club所属のプロラウェイファイター金子大輝です。現地ではShwe KOと呼ばれています。ラウェイは千年の歴史を持つミャンマーの偉大な伝統格闘技です。ぜひ闘いの前後の舞や、作法などにも注目してご覧になってください。Kyal Zin Phyo(ジェ・ジン・ピョー)選手は、ラウェイのキャリアにおいて尊敬すべき大先輩です。頭、肘、拳、膝、蹴り。9つの部位全てを使い、勇気を以って自分のラウェイ道を示します。皆さまの応援のほど、よろしくお願いします。』

ジェ・ジン・ピョー(前大会 蓮實光選手にTKO勝利、現在開催中の『LETHWEI NATION 50th MEDIA CHAMPIONSHIP 2018』準決勝戦を6月3日に控えている
「2月の日本大会に続き参戦出来ることを本当に嬉しく感じます。今回はミャンマーでも実績のある金子選手が対戦相手ですが僕が勝たなければいけない試合ですので全ての技術を使い、生まれたばかりの子供に勝利を報告したいと思います。」

<第3試合 ラウェイ 64㎏契約 3分5R>
トゥン・ルイン・モー(ミャンマー/2016年LWC-1 & 2017年-2 60kg王者)※ILFJ日本大会4度目の参戦
 vs.
ファン・チャンファン(韓国/ROAD FC:チームフィニッシュ)※ラウェイ2戦め

<第2試合 ラウェイ 97㎏契約 3分4R>
クリス・ヴァイス(オーストラリア/ZERO1・プロレス)※ラウェイ2戦め   
 vs.
ウー・ドンシン(台湾)※ラウェイ初参戦

クリス・ヴァイス
「ラウェイとプロレスは全く別のジャンルですけどプロレスラーのプライドを持ってリングに上がります。勝つ負けるは結果論、会場のお客さんやZERO1ファンに喜んでもらえるようエキサイティングな試合をします。」

ウー・ドンシン(台湾選手初のラウェイ出場)
「6月29日、ミャンマーラウェイという歴史に挑戦出来る事を嬉しく思います。そして試合が行われる日本で闘う事は自分にとって嬉しいことです。試合を目にするすべての方に私の全力で闘う姿を魅せます。クリス・ヴァイス選手がプロレスラーであると知っています。対戦相手よりも心を強く持って闘います。しっかり結果を出して今後もラウェイ日本大会から参戦オファーを得られるよう闘います!」

<第1試合 ラウェイ 61㎏契約 3分4R>
般若HASHIMOTO(日本/クロスポイント吉祥寺)※ラウェイ初参戦  
 vs.
一休そうじゅん(日本/ゴリラジム)※ラウェイ初参戦
※一休そうじゅん選手はリングネームを桂爽淳より改名
般若HASHIMOTO選手
「 東京に拠点を移して1発目の試合、ラウェイという超過激ルールに挑戦します!ラウェイ日本大会でミャンマー人選手相手に勝利しているのはクロスポイント所属の選手のみと聞いたので絶対に敗けられません。ラウェイ日本大会初の日本人対決、判定も無いルールなので、自分が一番インパクトある試合して必ず相手を倒します!」

一休そうじゅん選手
「 ラウェイ第8回大会に出場する機会を頂きとても光栄です。ミャンマーの国技であるラウェイは仏教と深く関り、私は偶然にも僧侶という仕事に携わっていますので仏様のご縁を感じています。 私は14歳でボクシングを始め、様々な格闘技に関わってきました。基本的にはボクシングスタイルでパンチが得意です。パンチの回転力とカウンターには自信があります。相手の般若選手の事は以前から知っており、1番仲のいい先輩と一度戦っています。ラウェイは頭突き等の特殊な攻撃はありますが、それ以外だと「寝技のない総合格闘技」と言えるではないでしょうか。その点で、総合格闘技を経験している自分の方がアドバンテージがあると思っています。
ラウェイでの試合をとても楽しみにしています。しっかりコンディションを整えて当日は一番盛り上がる試合ができるように頑張ります。 応援よろしくお願いします。』

2018

▼判定有ラウェイWLC!6・2 WLC-5『KNOCKOUT WAR』~7試合中4試合が判定決着!
’18年06月14日号BOSJ総括Dominion展望 新日北米ROH CMパンクUFC ラウェイ 原点回帰

▼外国人参戦可となったラウェイトーナメント戦!『LETHWEI NATION 50th MEDIA CHAMPIONSHIP 2018』4・29クォーターファイナル1
’18年05月08日号かさいあみ 丸藤Cカーニバル 新日 WWS ラウェイ DEEP サウジGRR

▼タイで初の公式ラウェイ大会『LETHWEI in THAILAND “Mahachai”』!
’18年04月05日号全日埼玉 原点回帰 ビンスSr CMA クイズ馬場 IGF RISE ラウェイ

2017
▼6試合中5試合が決着戦!渡慶次がラウェイ5戦目で初勝利! 2・21『ラウェイinジャパン 7 勇気~YUKI~』後楽園ホール大会
’18年03月01日号五輪蝶野正洋達人DSWジミー鈴木ターザン山本S小林ラウェイJapan

▼12・19-21 3日連日開催!『ラウェイ・チャレンジ・ファイト カレン・ニューイヤー・フェスティバル』
’18年01月04-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ

▼12・10『4th AIR KBZ AUNG LAN CHAMPIONSHIP』ヤンゴン大会
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タッグ力道山新日本キックKnockOutラウェイPan

▼11・15『ラウェイ グランプリ ジャパン 2017』後楽園ホール
’17年11月23日号新日決算全日ゼウスWWS存続ゼロワンPURE-JガッツPanラウェイ暴行

▼11・2『FIGHT FOR HOME』タウングー大会
’17年11月09日号大仁田引退マスカラス藤波辰爾長州力新日崔領二PURE-J前田五郎

▼9・28『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』後楽園ホール大会
’17年10月05日号UFC日本DDT買収ゲームショー潜入雫有希ポーゴ伊勢崎暗黒ラウェイ

▼紅 闘志也 メインの現vs.元ラウェイ外国人王者対決は引分!3階級でベルト戴冠! 『第2回ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ』
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍3

▼6・16『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』TDCホール大会詳細版
’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光

▼4.18ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~GRIT~2017後楽園ホールラウェイinジャパン 3
’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC

▼2・16ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~LEGACY~2017後楽園ホール
’17年02月23日号チャボ寝屋川wweTV泉田純KnockOut青木真也ラウェイBellator

2016
▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック