【easypay電子書籍】’18年05月17日号どんたく KnockOut RIZIN SEAdLINNNG PURE-J CAC総会 かさいあみ

’18年05月17日号どんたく KnockOut RIZIN SEAdLINNNG PURE-J CAC総会 かさいあみ

'18年05月17日号どんたく KnockOut RIZIN SEAdLINNNG PURE-J CAC総会 かさいあみ

商品コード weeklyfight135

価格 490 円

ウィッシュリストに追加する »

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由

 新日プロどんたく福岡2連戦ワイド版+クリス・ジェリコ深淵~大阪Knock Out大月晴明&高橋兄弟~RIZIN福岡シュート活字~井上譲二「昭和プロレス」和田京平/SSマシーン/渕正信~マッハ祭り五味隆典/中村jr引退~現地報告カリフラワー・アレイ・クラブ総会~ケン・片谷:谷津嘉章SPWF~格ヲタ似顔絵師ケーシー:中村優作~女子プロ特集PURE-J/ベストフレンズ包囲網SEAdLINNNG~裕二郎ガールかさいあみ独占インタビュー筋金入りの元祖プ女子/他全161ページ特大号

超簡単!スマホ/タブレットなど全対応ファイトクラブ月額999円
スマホ/アップルiOS全ディバイス対応DMM.com電子書籍配信

▼華DATEの 週刊ファイト案内!999円ファイトクラブ、電子書籍~試してみよう!

◆GW後半厳選大会リポート&深淵分析
 10年連続開催の新日本プロレス『レスリングどんたく』は史上初の2連戦となり、5月3・4日に福岡国際センターで開催された。クライマックスがIWGP連続防衛回数新記録がかかったオカダ・カズチカV12戦なら、サプライズはクリス・ジェリコの乱入劇だ。都内を思わせる熱狂空間は6・9大阪城ホール大会への布石ともなった。現地からレポートする。

 仮面女子の猪狩ともかさんが脊髄損傷で今後歩行が困難という事態になった。前向きにアイドルとして復帰を目指す姿勢には頭が下がるのみ。プロレスラーもいつ、そういった事態にならないとも限らない。
 世志琥が欠場していた1年間何を考えていたか。5・3 SEAdLINNNG横浜の試合詳細から考察する。

 拡大版収録~KNOCK OUTが待望の大阪上陸。エディオンアリーナ第2競技場を満杯にしてみせた。大会はテンポよく進み2時間弱、しかし、誰も短いと思う観客はおらず、むしろ理想の興行で皆が満足気に会場をあとにしている。メインでは大月晴明が山口侑馬をKO。地元・高橋兄弟は揃って勝利した。

 急逝した故・渡辺えりかさんの追悼特別試合が行われた5・4 PURE-J板橋大会『真っ向勝負』。「中年の星」を目指したKAZUKIによる無差別級王者挑戦は失敗に終わった。膝爆弾を降らせたKAZUKIと、それを凌いだ中森華子、どちらも試合後は疲労困憊。PURE-Jイズムの本質を読み解く。

 ゴールデンウィーク最後の日曜日、福岡マリンメッセにて『RIZIN.10』が開催。メインイベントでは堀口恭司が、UFC他でも活躍した強豪のイアン・マッコールを一撃で倒して秒殺勝利。フジテレビ19時57分から21時54分までの約2時間枠をとったRIZINの平均視聴率は6.1%だった。他媒体にない深淵分析をシュート活字委員会が斬る!

 選手に似顔絵を渡して放浪する、格ヲタ似顔絵師ケーシーさん。そんな知る人ぞ知るケーシーさんの4コマ漫画が、週刊ファイト!に連載中! メジャーからマイナーな選手まで、幅広い交流を持つケーシーさんだからこそ描ける選手の意外な一面や人間性を知ることが出来るかも?

 青木真也の「マッハ対五味の対決は演歌!」発言でも注目を浴びる形となった5・6マッハ祭り新宿FACE拡大版収録! 日本の心は演歌と桜(井)だ」とでも言うかのように、ミリオンセラーのド演歌オンステージが繰り広げられたが、そこでは・・・

◆井上譲二「昭和プロレス」健筆!
 約18年3カ月ぶりに天国で再会したジャイアント馬場さんと元子さんは、恐らく次のような会話を交わしただろう。「結局、私たちが本当に信頼できたのは京平だけだったわね」「そうだなぁ。京平は(全日プロに)残ってくれたし、俺が死んだあともカァちゃん(元子さん)の世話を焼いてくれたからな。アイツにはいくら感謝してもしきれないよ」もっと言えば、和田京平レフェリーは、全日プロ入り(1974年)後の自身の人生を第2の父、母ともいえる馬場夫妻に捧げてきた。マット界では極めて珍しい関係であった。

 2010年頃から試合数が激減し14年よりリングから遠ざかっていたスーパー・ストロング・マシンこと平田淳二(現・平田淳嗣)の現役引退が確定したのは周知の通り。入門は1978年だから、かなり息の長いレスラーだが、超マジメ人間の平田がマット界を騒がせたことはほとんどなかった。強いて言えば、85年8月の『カルガリー・ハリケーンズ』結成と、翌86年4月に全日プロに新天地を求めたくらいか? 当時の平田の心境を振り返ってみると・・・。

 6年前、一時的に契約上はフリーになったものの、1974年のデビュー戦(4・22徳島=大仁田厚戦)以来、全日本プロレス一筋の渕正信(64)。44年間も現役を続けながら1度も移籍がないというキャリアは珍しい。これがサラリーマンなら高く評価されるところだが、レスラーの場合、「商品価値がなかったため」と言われかねない。実際はどうだったのか?

◆超強力裏ネタ満載!+かさいあみ独占
 シュート活字が百花繚乱でマット界の暗部に斬りこむ! 刺激的なスクープ内容は読んでからのお楽しみだ。

 初代裕二郎ガールかさいあみインタビュー第2弾「筋金入りの元祖プ女子」編収録。「高齢なのに凄く動ける!」と、初代タイガーマスクのファンになったかさいあみさんが次にファンになったのはなんと・・・。
 いよいよ裕二郎ガールに就任するも、そこで一悶着、アングルではないガチの喧嘩に発展・・・そしてタイチ炎上の真実とは!?

 ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』~感激!谷津嘉章さんとの再会。SPWF一ノ宮道場と道場マッチの思い出。緊張しかなかった、谷津さんとのシングルマッチ。君は津谷章嘉を覚えているか!? 何と、津谷章嘉の影武者に抜擢? 復活なるか? 津谷章嘉。

 安威川敏樹のコラム~5月13日で、ジャンボ鶴田が亡くなって18年になる。ジャンボ鶴田は珍しいプロレスラーだった。有り余る才能の持ち主で、デビュー当初から将来のエースを約束される存在だったが、なぜか若い頃の人気はイマイチだった。それでもジャンボ鶴田を最強と信じる人は多く、今やその強さは伝説となっている。そんなジャンボ鶴田も、バラエティ番組では爆笑を誘い、お茶の間では大人気。プロレス以上に(?)タレントとしての才能も持ち合わせるという、あらゆる点で怪物だった。

 第53回カリフラワー・アレイ・クラブ(CAC)総会が開かれ、アティチュード時期を駆け抜けた派閥「クリック」のショーン・マイケルズ、スコット・ホール、ケビン・ナッシュ、ショーン・ウォルトマンがラスベガスに集結した。そこでは・・・

 記者座談会~80年代~90年代に大人気を博したレスラーと現在のスター選手を比較した場合、最も違う点は知名度である。古希が近づいてもテレビ出演などオファーがある天龍源一郎、藤波辰爾、長州力らレジェンド。ゴールデンタイム放映など時代に恵まれたこともあるが、彼らの人気維持はミラクルだ。

'18年05月17日号どんたく KnockOut RIZIN SEAdLINNNG PURE-J CAC総会 かさいあみ

商品コード weeklyfight135

価格 490 円

ウィッシュリストに追加する »

▼どんたく2連戦大熱狂! オカダIWGP新記録 世界のジェリコ降臨
 新日本プロレス5・3-4福岡国際センター大会レポート
 photo & text by TERUZ

・どんたく1日目はケニー締め バレットクラブ内紛にオチつかず
・ジェリコ観客席からサプライズ乱入! 世界に内藤戦をプレゼン
・ケニー、Cody、飯伏以外がウルフサイン!バレクラは一致団結?
・オスプレイ躍動! Jr.王座戦が大会場2大会連続ベストバウト
・棚橋弘至が魅せたスリリング博多ナイト!オカダ新記録V12達成
・世界揺らしたオカダ-ケニーが大阪城究極戦へ! 無制限3本勝負

▼5・3 SEAdLINNNG~GOLDEN GO GO!~横浜プロレス祭り2018
 レスラーとアイドルの欠場と復活と世志琥ファイル版Top画像への考察

 Photo & Text by こもとめいこ♂
・~GOLDEN GO GO!~横浜プロレス祭り 本誌ベストバウトは?
・プロレス大好き少女の激突 その要員
・5・3横浜ラジアントホール大会結果
・5・9 SEAdLINNNG会見の模様を画像増量でワイド特集
・デカ女・赤井沙希「芸能界もプロレス界もサバ読みってあるんだなと」
・ハイテンション高橋奈七永「極太あやや」復活宣言

▼5・3Knock Out大阪上陸!2時間凝縮大会GW期間のベスト興行に
 photo & text by ルーツ鐘中

・大会MVP!ブンブン丸大月晴明44歳が山口侑馬をKO!
・地元・高橋兄弟揃って勝利!次男・亮が橋本道場・宮元啓介を完封
・フライ級トーナメント台風の目:タネヨシホのバック回転肘MASA BRAVELY撃沈
・第1試合:高橋一眞28秒殺!伊仙町典久KO!山田航暉は完封勝利
・小野寺力プロデューサー「2時間:あくまで一般客目線が何よりも重要」
・菊野克紀KNOCK OUT参戦!6・8後楽園大会T-98と異色対決!

▼PURE-Jイズムとはなにかを、真向勝負の渡辺えりかさん追悼で考える
 Photo & Text by こもとめいこ♂

・大塚紗英さんからのリプライで50超のRT! Poppin`Partyとは?紗英
・全力全開とはなにか?「真っ向勝負」の本質を独自の視点で読み解く
・膝小僧爆弾炸裂! KAZUKI vs.中森華子死闘
・故・渡辺えりさん追悼『えりりんの部屋』トーク収録

▼5・6RIZIN視聴率6.1%、福岡マリンメッセ全6時間、RENA「フラれました!」
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編

・GW最後の日曜日:街の声「放送やっていたことすら知らなかった」
・まともな解説フジメグだけ。髙田延彦&ケンコバ格闘技メジャー大会これでいいのか?
・堀口恭司一撃9秒殺イアン・マッコール!6対2時間興行KNOCK OUT
・なんで中村優作がキックルールやねん?那須川天心、胴廻し回転蹴り
・浅倉カンナ判定勝利後RENAが再戦要求も「フラれてしもた」裏のウラ
・矢地祐介ディエゴ・ヌネス判定微妙!フジ五味隆典戦流してどうなのか
・ハルク・ホーガン入場曲ダロン・クルックシャンク、修斗王者・松本光史KO
・チケット500枚売った”西の神童”石井一成が栄井大進を判定で下す
・不良対決微妙判定も熱戦!「博多娘はらます」!?マネル・ケイプ-朝倉海
・浜崎朱加3年半ぶり日本復帰もジョシュ・バーネット門下ガルシアに苦戦
・ヘビー級布石!村田夏南子勝利も眼窩底骨折!ダルビッシュ黒木初陣

▼格ヲタ似顔絵師 ケーシーの四コマ漫画劇場:RIZIN中村優作 w/石原夜叉坊、川原波輝

・知る人ぞ知る格ヲタ似顔絵師ケーシー
・格闘技選手の素顔

▼5・6マッハ祭り新宿FACE「マッハ対五味対決は演歌だったのか否か」
 格闘技I記者 w/編集部

・マッハ道場の原田ヨシキ、優谷18歳に左ストレート浴びメイン飾れず
・要注意!フランスの新鋭アラン・ボドウ、中島佑斗にグラウンドパンチ連打
・漫画/イラストまーさん@描く闘技がマッハ道場のベテランTOSHI秒殺
・エキシビションという体裁でのガチ柔術戦!桜井マッハ速人-五味隆典
・超人イリエマン6・16キングダム20周年PR自作曲♪プロローグ熱唱
・木口宣昭会長からの手紙全文
・中村ジュニア引退「生涯格闘技を愛しています」岡野裕城と有終の美!
・急遽出場のプロレスラー田馬場貴広、マッハ道場・山下剛にボコられる

◆馬場夫妻と和田京平氏 マット界では極めて特殊な関係だった
 by 井上譲二

・天国のジャイアント馬場さんと馬場元子さんの会話
・和田氏の役割りはマネージャーや秘書のそれとは大きく異なっていた
・馬場さんのことが本当に好きだった
・和田氏にとって馬場夫妻は第二の両親

◆スーパー・ストロング・マシン引退
 マット界を騒がせたのは昭和の一時期のみ
 by 井上譲二

・前田明(当時)、ジョージ高野とともに若手の有望株だった頃
・本当に超過激な試合をやっていた若手時代
・メキシコからカナダ・カルガリーに転戦
・全日プロに新天地を求める

▼渕正信セミリタイア 彼のプロレス人生は恵まれていたのか?
 by 井上 譲二

・44年間も現役を続けながら1度も移籍がないというキャリアは珍しい
・渕の長いプロレス人生の中で移籍のチャンスは少なくとも2度あった
・「ガチガチの馬場派」として警戒される
・プライベートでは自由奔放に過ごしてきた
・六本木の「ナッちゃん」

▼どんたくオカダV12&ジェリコとWWE~DOMINION裏~GW格闘興行戦争

 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・なぜに来日情報が事前に漏れたのか?『グレイテスト・ロイヤルランブル』
・ビンスとジェリコの信頼関係、新日契約の裏のウラ!6・9DOMINIONへ
・マスク脱いだらアイライン塗りたくった白塗りで、まるで中年のオカマ
・“BONE SOLDIER”石森太二こそ「どんたくに大物来襲!」、そしてノアは
・RIZIN、KNOCK OUT、マッハ祭り:誰もやってない観点からの比較検証
・GW期間興行戦争タブー検証!

▼初代裕二郎ガール・かさいあみ独占インタビュー2:筋金入りの元祖プ女子

 by こもとめいこ♂
・初代裕二郎ガールかさいあみインタビュー続編
・未だにファンだと語るお相手は意外にも…中邑と、王道!?小島!!
・裕二郎ガールのコスチュームは私物!? その行方は…
・みもりアン・かさいあみがオカダを斬る! そしてアノ選手とのエピソードも
・裕二郎ガール就任で、兄妹同然だった2人に亀裂が! ガチ喧嘩の理由
・新日本プロレス公式に煽られて、タイチと炎上! その真相を激白!! 

▼ケン・片谷『メシとワセダと時々プロレス』41
 谷津さんとSPWFの頃

・4月30日WWS籠原大会:谷津嘉章さんとの再会
・1981年の新日本プロレス『6・24蔵前スーパーファイト』
・SWSではハルク・ホーガンのWWF(当時)世界ヘビー級ベルトに挑戦
・千葉県長生郡一ノ宮町SPWF道場への出稽古と『道場マッチ』
・巡業を行っていた最後のインディー団体SPWF“どさ回り”
・大男たちが『一台の車に何人乗れるか?』“ギネスに挑戦”
・ペイントレスラー津谷章嘉:谷津さんが津谷との使い分けをしていた時期
・ケン・片谷vs.津谷章嘉のシングルマッチ:心臓が口から飛び出すくらいに緊張
・試合を境にあることを心に誓った!
・ケン・片谷が津谷章嘉の影武者@板橋グリーンホール
・『谷津と津谷別人説』『谷津と津谷が共闘か?』

▼カリフラワー・アレイ・クラブ(CAC)総会クリック派閥集結!現地報告

 photo by George Napolitano w/編集部編
・拡大版裏話!ガンで余命6ヶ月ブリックハウス・ブラウンとテリー・ファンク秘話
・ルー・テーズ/アート・アブラム大賞 :ショーン・マイケルズ
・プレゼンター:ケビン・ナッシュ、スコット・ホール、ショーン・ウォルトマン(XPac)
・“Iron Mike”マイク・マズルキー賞:バロン・フォン・ラシク
・Men’s Wrestling Award:アレックス・スミルノフ、グレッグ・バレンタイン
・Women’s Wrestling Award:サンタナ・ギャレット、プリンセス・ビクトリア
・タッグ・チーム大賞:”Harlem Heat”ブッカーT & スティーブ・レイ
・トレーナー大賞:スティーブ・カーン

▼最強と謳われたジャンボ鶴田。才能に恵まれ過ぎた49年間
 by 安威川敏樹

・ジャンボ鶴田は唯一無二の『珍しいプロレスラー』
・挫折知らずでファンの共感を得られなかったジャンボ鶴田
・こっちが本職!? バラエティ番組で茶の間を爆笑させたジャンボ鶴田
・長与千種に田代まさしが「千種、パンツ透けてるぞ」
・日本テレビの年末特番で、白雪姫を演じるジャンボ鶴田
・1990年代にジャンボ鶴田人気が爆発
・ジャンボ鶴田の死亡に、アントニオ猪木もショックを受けた

▼記者座談会
 新日&全日レジェンド 収入面で明暗クッキリ!

・昔と今のレスラーの違いは知名度
・長州、藤波、蝶野はテレビの仕事が多い
・天龍はプロレスで金を残せたのか?
・藤波、武藤は興行収入も入って来る

▼タブー満載企画【海外情報局464】
 WWE史上最悪PPV『バックラッシュ』跳ね返り UFC中国&韓国本年開催ナシ
・ディズニー&ESPNオンデマンドESPN+、2019年からUFC15大会配信
・エアアジア提供UFCシンガポール石原”夜叉坊”暉仁、阿部大治も参戦
・AJ中邑真輔ローブロー合戦!IC王座戦SロリンズMIZ除き消化不良
・RAW旗艦会場ナッソーコロシアムでもRレインズ不人気!ハシゴ戦へ
・SmackDownルセフがダニエル・ブライアン倒し、MIZもMITB予選突破
・怪奇派対決シュー・ヤンが女ゾンビ軍団を召喚インパクト・レスリング
・ボラドールJr.&フライヤー組が予選突破!CMLLアレナメヒコ金曜
・ヒョードル弟ことアレキサンダーがTKO勝利!エカテリンブルクRCC2
・ユーサップ・ラソフが王座統一!モスクワ五輪競技場開催ACB85

★【easypay電子書籍】合わせて読めば流れがわかりさらに楽しめる!
5/8 かさいあみ 丸藤Cカーニバル 新日 WWS ラウェイ DEEP サウジGRR
5/3 馬場元子 ブルーノ バックランド藤波 TeamDATE 新日どんたく 全日
4/26 人間発電所 大巨人 NY帝王 新日武道館 森井洋介 江幡塁 中島安里紗
4/19 ニューオーリンズWM 棚橋弘至ROH 桜庭和志Quintet 力道山 藤波辰爾
4/12 猪木会見 新日両国 レッスルマニア Mr.高橋 Bたけし リーグ戦考
4/5 全日埼玉 原点回帰 ビンスSr CMA クイズ馬場 IGF RISE ラウェイ
3/29 新日NJC新潟キングダム東北大震災レッスルマニアGサスケK-1埼玉

'18年05月17日号どんたく KnockOut RIZIN SEAdLINNNG PURE-J CAC総会 かさいあみ

商品コード weeklyfight135

価格 490 円

ウィッシュリストに追加する »