NXTテイクオーバー:ニューオリンズ~アダム・コールが初代ノースアメリカン王座&タッグ王座をW獲得

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

■ NXTテイクオーバー:ニューオリンズ
日時:4月7日(現地時間)
会場:ルイジアナ州ニューオリンズ スムージー・キング・センター

◆NXT北米王座6WAYラダー戦/ダスティ杯タッグトーナメント決勝戦

 米国現地時間4月7日にルイジアナ州ニューオリンズで開催された「NXTテイクオーバー:ニューオリンズ」で、新設された初代NXTノースアメリカン王座を賭けた6WAYラダー戦が行われた。序盤、いきなりリコシェがトップロープから場外へシューティングスタープレスを繰り出すと、リング上ではベルベティーン・ドリームをフランケンシュタイナー、打点の高いドロップキックで圧倒して会場を魅了すると、今度はアダム・コールが5人連続のスーパーキックを決めて「アダム・コール・ベイベー」の決め台詞が飛び出した。
 試合はラダーを使った激しい攻防を展開すると、終盤にはラダー3本を並べて6人全員で天井に吊るされたベルトを取り合うも、パワーに勝るサリバンが勝ち残ると、リコシェが場外からロープを使って飛び込んでサリバンをカット。1人リングに残ったリコシェがベルトを掴むかと思われたが、最後はコールがラダーを倒してリコシェを排除するとベルトを掴んで勝利。コールが初代NXT北米王者となった。

 コールはさらにアンディスピューテッド・エラのカイル・オライリーとのタッグでNXTタッグ王座を決めるダスティ杯タッグトーナメント決勝戦にも出場。試合は波乱の展開を迎え、ピート・ダンがオライリー沈めてフォールすると、パートナーのロデリック・ストロングが突如裏切ってダンにエンド・オブ・ハートエイクを炸裂。そして、ストロングがダウンしているオライリーをダンにかぶせて3カウント。ストロングがアンディスピューテッド・エラ入りしてコール&オライリーがNXTタッグ王座を獲得。コールは一夜にして2つのタイトルを手中にした。

 この他、NXT王座戦ではアリスター・ブラックがアンドラデ“シエン”アルマスを破り、NXT女子王座戦ではシェイナ・ベイズラーがエンバー・ムーンに勝ち、それぞれ新チャンピオンが誕生した。

===================================================
【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能。
※WWEネットワークは英語でのサービスで日本語字幕はなし。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

GYAO!:https://gyao.yahoo.co.jp/sports/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼渋谷TFC~浅草橋駅前ラゲージルームカフェ~IGF終焉~WMロンダ様特訓

[ファイトクラブ]渋谷TFC~浅草橋駅前ラゲージルームカフェ~IGF終焉~WMロンダ様特訓

▼レッスルマニア展望~中邑、アスカのガチンコ勝負~多面的深淵分析

[ファイトクラブ]レッスルマニア展望~中邑、アスカのガチンコ勝負~多面的深淵分析

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年03月29日号新日NJC新潟キングダム東北大震災レッスルマニアGサスケK-1埼玉

’18年04月12日号猪木会見 新日両国 レッスルマニア Mr.高橋 Bたけし リーグ戦考