Bレスナー悪役、Rレインズ善玉作戦!アレクサ、アスカから逃げナイア戦発表!テキサス荒野の決闘と輪廻転生の湖#UltimateDeletion

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間3月19日テキサス州ダラスで開催されたRAWでアスカがロウ女子王者アレクサ・ブリスとノンタイトル戦に挑むと、アンクルロックで戦意喪失したアレクサが試合を放棄してカウントアウト。さらにナイア・ジャックスがアレクサを襲撃すると、アングルGMがレッスルマニアでアレクサとナイアの女子王座戦を決定した。

■ WWE RAW
日時:2018年3月19日(現地時間)
会場:アメリカ・テキサス州ダラス アメリカンエアラインズセンター

<アルティメット・ディレーション>
○ウォークン・マット・ハーディ
 輪廻転生の湖に沈める
●ブレイ・ワイアット

<6人タッグマッチ>
○フィン・ベイラー、ギャローズ、アンダーソン
 ピンフォール
●ザ・ミズ、ザ・ミズトラージ

<タッグマッチ>
○マンディ・ローズ、ソーニャ・デヴィル
 ピンフォール
●サシャ・バンクス、ベイリー

<タッグマッチ>
○リバイバル
 ピンフォール
●タイタス・オニール、アポロ

<シングルマッチ>
○ブラウン・ストローマン
 ピンフォール
●ザーロ

<シングルマッチ>
○アスカ
 リングアウト
●アレクサ・ブリス

◆アスカ、アレクサ戦勝利も不完全燃焼

 アスカがロウ女子王者アレクサ・ブリスとノンタイトルで対戦した。ミッキー・ジェームスと登場したアレクサは「先週の陰口でナイアを傷つけてしまったけど、少しも悪いと思ってないの。これからアスカの連勝記録をストップするわ」とナイアとの因縁と試合への意気込みを語った。
 試合が始まるとアスカはアレクサだけでなく、セコンドのミッキーにも攻撃されて苦戦を強いられるも、アンクルホールドでアレクサを捕まえると形勢逆転。アスカはアレクサの右足を徹底的に絞り上げるが、辛うじてロープエスケイプで回避したアレクサは堪らず場外に逃げ込み、そのまま試合を放棄して帰ってしまう。
 試合がカウントアウト判定になると、そこへアレクサに復讐を狙うナイア・ジャックスが突然現れ、アレクサを襲撃。しかし、逃げ足の速いアレクサはフェンスを乗り越えてバックステージに逃げ切り、さらにアングルGMにナイアが制御不能だとクレームを入れた。これにアングルGMはアレクサの王者らしからぬ振る舞いを注意すると、「アレクサの発言を聞いたよ。だからナイアはアレクサとロウ女子王座を賭けてレッスルマニアで対戦する」と2人の女子王座戦を決定した。

 本誌既報通り、アレクサ・ブリスvs.ナイア・ジャックスのRAW女子王座戦が『レッスルマニア34』で実現と公式発表となった。WWE最大の祭典は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆レスナー、手錠したレインズを襲撃

 オープニングでアングルGMがレスナーの登場を予告すると、謹慎中のロマン・レインズが現れた。アングルGMは「不法侵入だ。謹慎中だから会場から出ていろ。レッスルマニアまでの我慢だ」と説得しようとするも、忠告を気にしないレインズは「今夜レスナーと対峙するまでここを動かない」とリング中央で座り込んでしまう。するとそこへ警備員が現れてレインズに手錠をして連行しようとすると、そこへ狙っていたかのようにレスナーが登場。手錠で身動きができないレインズをスープレックスで投げ飛ばすと、パイプ椅子を使って滅多打ち。最後にはF5でレインズを沈めると雄叫びを上げてリングを後にした。深刻なダメージを負いメディカルスタッフに担架で運ばれるレインズだったが、バックステージへ帰ったはずのレスナーが再び襲撃。縛られたレインズを担架ごとなぎ倒すと満足げにその場から立ち去った。レスナー対レインズのユニバーサル王座戦が決まっている「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆マーク・ヘンリーが2018年のWWE殿堂入り

 WWEは日本時間3月20日、マーク・ヘンリーの2018年度のWWE殿堂入りを発表した。2018年度の殿堂者としてはゴールドバーグ、ダッドリー・ボーイズ、アイボリー、ジェフ・ジェレット、ヒルビリー・ジム、キッド・ロック、ウォリアー・アウォードのジャリウス “JJ” ロバートソンに続き発表された。

 今回殿堂入りが発表されたマーク・ヘンリーは1996年にジェリー・ローラー戦でWWEデビューを果たすと重量挙げで鍛えられた怪力を武器にドミネーション・オブ・ドネーションのメンバーに加入、さらに“セクシャルチョコレート”を名乗るプレイボーイとして新たな一面を見せて活躍した。その後もカート・アングル、ジ・アンダーテイカー、レイ・ミステリオらと抗争を展開し、2008年にECWへ移籍するとビック・ショー、ケインとのトリプルスレット形式ECW王座戦で勝利して新王者となった。また、2011年にスマックダウンに移籍するとPPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ2011」でランディ・オートンを破り、自身初のWWE世界ヘビー級王座を獲得した。ヘンリーは2017年のレッスルマニア33まで20年間WWEで活躍を続け、さらに近年ではスカウトや指導者としてブラウン・ストローマン、バロン・コービンなどをサポートしている。殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2018」の模様は日本時間4月7日にWWEネットワークで生配信される。

◆ロンダ様のビデオがRAWで流れたが、会場ではダナ・ブルックをぶっ飛ばす

◆「ザ・グレイテスト・ロイヤルランブル」大会で7王座戦

 この日、先日発表された現地時間4月27日にサウジアラビアで開催される「ザ・グレイテスト・ロイヤルランブル」大会で、7試合の王座戦が行われることが発表となった。WWE王座、ユニバーサル王座、インターコンチネンタル王座、US王座、ロウタッグ王座、スマックダウンタッグ王座、そしてクルーザー級王座戦が、史上最大の50人のスーパースターたちによるグレイテスト・ロイヤルランブル戦に華を添える。この大会には中邑真輔も出場が予定されている。この大会の放送予定は後日発表となる。

◆アルティメット・ディレーション究極の削除戦 輪廻転生の湖

 番組のトリは、会場からの生中継ではなく、どこかテキサスの森と湖の地にリング、ドローンが飛び空中からも撮影され、さらには墓石をモチーフにした近代シンボル?のようなオブジェが多数並ぶ荒野のファンタジー決闘(笑)。花火や特殊効果を交えたファイティングオペラに、この時間まで起きていた夜更かしキッズたちはトラウマが植え付けられたのか。






 弟ジェフの亡霊も登場した”ウォークン”マット・ハーディが、ブレイ・ワイアットを輪廻転生の湖に沈めた。魔界は来週にもto be continued・・・

▼2019年4・7『レッスルマニア35』がニュージャージー旗艦会場に凱旋!ロンダ・ラウジーらが発表会見に登壇

2019年4・7『レッスルマニア35』がニュージャージー旗艦会場に凱旋!ロンダ・ラウジーらが発表会見に登壇

===================================================
【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能。
※WWEネットワークは英語でのサービスで日本語字幕はなし。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

GYAO!:https://gyao.yahoo.co.jp/sports/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第35回 無礼かつボスのように振る舞った「№.2時代」のマクマホンJr氏

[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第35回 無礼かつボスのように振る舞った「№.2時代」のマクマホンJr氏

▼[ファイトクラブ]オブザーバー大賞オカダ・カズチカMVP~NXTの躍進~媒体の役割分担

[ファイトクラブ]オブザーバー大賞オカダ・カズチカMVP~NXTの躍進~媒体の役割分担

▼[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第36回 NY特派員時代の私を全面的にサポートしてくれたのは米国人記者だった

[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第36回 NY特派員時代の私を全面的にサポートしてくれたのは米国人記者だった

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年03月22日号武藤月面宙ノア元営業伊調馨オブザーバーJewelsパンクラス江幡睦