W-1 カズの海外飛躍期の恩人!ウルティモ・ドラゴンインタビュー & 木村花 W-1所属契約 & 1・27『Pro-Wrestling ACE』全対戦カード決定

■「メモリアルマッチでは終わらせない!」カズの海外飛躍期の恩人!〜ウルティモ・ドラゴンインタビュー

 カズ・ハヤシデビュー25周年記念試合には、当然この男も登場する。“世界の究極龍”ウルティモ・ドラゴンだ。カズが単身海外へと飛び出した若い頃、すでにメキシコやアメリカで確固たる地位を築いていたのがウルティモで、カズにとっては海外で飛躍するきっかけを作ってくれた人物となる。25周年記念試合に名前を連ねたこと、そして師弟再会となる近藤修司について話を聞いてみた。

──カズ選手と最初に会われたのはいつ頃だったか憶えていらっしゃいますか? 

ウルティモ ハッキリとは憶えてないんですけど、みちのくプロレスでだったと思います。

──ユニバーサルプロレスではすれ違いだったんですよね?

ウルティモ そうなんですよ。ユニバーサルの時は僕が辞めたあとに彼が入ってきたんで、完全にすれ違いでしたね。

──では、みちのくプロレス時代のカズ選手、当時の獅龍選手の印象はどのようなものがありましたか?

ウルティモ う〜ん……今パッと思い出せないので、印象が薄かったんでしょうね(笑)。たくさんいた中での対戦だったんで。

──なるほど。ということは、本格的に絡んだのは海外でということになるんですかね?

ウルティモ そうですね。彼がメキシコに来た時に会ったんですよ。それから、彼のほうからアメリカのWCWに出たいという希望があったので。僕が彼の1年ぐらい前からWCWに出てたのかな? ただ、彼がWCWに上がるようになってからは、また入れ替わるような形で僕が怪我をしてしまったので。

──ヒジの手術をされて長期欠場された時ですよね。

ウルティモ そうなんですよね。だから、ポイントポイントで絡んだっていうのはあったんですけど、それほど長く一緒にやっていたわけではないんですよね。

──ただ、ウルティモ選手との試合がマスクを脱ぐきっかけにもなったんですよね。

ウルティモ 彼がWCWに出る交換条件がマスクを脱ぐことだったというのもあるんですよ。

──でも、印象が薄かったという獅龍時代に比べると、だいぶレスラーとしての印象も変わったんじゃないですか?

ウルティモ だいぶ変わっていましたね。みちのくの時は大勢で試合をしたんですけど、アメリカでは1vs1でやりましたから、その分彼の成長も実感できましたしね。ただ、やっぱり僕と彼とでは世代も違うのでリング外だとそんなに話すこともないんですよ。だから、リング上での交わりになってくるんですけど、大きく成長していたのを感じましたね。

──そして、今回、デビュー25周年を迎えて、記念試合が組まれたんですけど、ウルティモ選手は武藤選手、サスケ選手と組んで、カズ選手、近藤選手、ディック東郷選手と闘います。このカードについてはどのように思われますか?

ウルティモ 彼の25年というプロレスのキャリアがこの試合に詰まっているっていう感じがしますよね。25周年に相応しい彼なりのメモリアルマッチなんじゃないですか?

──ターニングポイントになった人を集めたということです。

ウルティモ そうでしょうね。その中に僕がいるっていうのはうれしいですよね。ただ、当日は記念試合とかメモリアルマッチで終わらせるんじゃなくてね、これから彼がまた30周年、35周年と続けていきたくなるような試合にしたいですよね。逆に僕らは僕らでそういうつもりでガッチリ試合に臨みたいなと思います。

──カズ選手との対戦の他に、やっぱりファンが注目するのはウルティモ選手の対角線に近藤選手がいるということだと思うんですよ。

ウルティモ そうですか?(笑)。

──師弟対決ですし、対戦するのも初めてぐらいだということを近藤選手はおっしゃっていましたけど。

ウルティモ そんなことないと思いますけどね。メキシコとかでやっていると思うんですけど、まあ言われてみれば確かにあまり記憶にないですね(笑)。

──ただ、リング上でこうして師弟が再会するわけですし、感慨深いものもあるんじゃないですか?

ウルティモ いや、僕も世界中でいろんな選手とやりますけど、いつも通りですよね。相手が誰であろうといつも通りですね。

──特に感傷的なものもなくという感じですか?

ウルティモ あんまりないですね(笑)。

──そうですか(笑)。確かにウルティモ選手の場合は教え子がそれこそいろいろなリングにいるから、よくあることなのかもしれないですけど、ファンは意外とざわつく顔合わせですよ。

ウルティモ あ、そうですか?(笑)。やっぱり、僕は教えたほうじゃないですか? 近藤もそうですけど、向こうの子たちは教えてもらったほうじゃないですか? 言われたように、そういう選手はたくさんいるわけですよ。向こうは先生に挑んでくるわけだから、感じ方が違うんでしょうね。でも、僕にとっては近藤もたくさんいる中の1人なんでいつもと一緒なわけですよ。それがチャンピオンになろうが、みんな一緒なんですよね。

──同じ教え子の1人だと。ただ、おもしろいのはカズ選手にとっても大先輩であり、近藤選手にとっては大先輩でもあるウルティモ選手より先に全日本プロレスで世界ジュニアのベルトを巻いたというのが、プロレス界のおもしろい流れだなと思うんですけどね。

ウルティモ ああ、それはそうですね。本来だったら自分なんかが巻いちゃいけないんでしょうけど、時間を戻してしまったというかね。ただ、全日本プロレスの子たちもそうなんですけど、僕が安心して引退できるように目指してきてくれればね、もっとおもしろくなると思うんで。

──わかりました。ウルティモ選手もかつては団体を率いていたことがありますけど、現在カズ選手も社長をやっています。そのことについてはどう思われますか?

ウルティモ 社長って言っても、普通の会社の社長とプロレス団体の社長って違いますからね(笑)。

──違いますか(笑)。

ウルティモ 違いますね。だから、大変なこともあると思うんですけど、彼が社長になってからは会ってないのでどれだけ成長したのか見てみたいですね。

──では、最後にデビュー25周年を迎えたカズ選手にメッセージをいただけますか?

ウルティモ まずはおめでとうございますと。25年間、ユニバーサル、みちのく、WCW、全日本、W-1とプロレス界を歩んできた中で、僕がある程度影響を与えたということでこうして記念試合に呼んでくれたんだろうし、その意味を考えて試合はしっかりやりましょう。


■ 1・8「WRESTLE-1 TOUR 2018 SUNRISE」東京・後楽園ホール大会 詳細
日時:2018年1月8日(月・祝)19時開始/18時開場
場所:東京・後楽園ホール

【対戦カード】
<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
佐藤嗣崇
vs
立花誠吾

<第2試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負>
頓所隼(Pro-Wrestling ACE)&一(Pro-Wrestling ACE)&馬場拓海(Pro-Wrestling ACE)
vs
三富政行&大谷譲二(GUTS WORLD PROWRESTLING)&竹田光珠(暗黒プロレス組織666)

<第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
芦野祥太郎&児玉裕輔&ドランク・アンディ
vs
吉岡世起&アンディ・ウー&土方隆司

<第4試合 3WAYマッチ 30分1本勝負>
黒潮“イケメン”二郎
vs
河野真幸
vs
MAZADA

ー 休憩 ー

<第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
征矢学&NOSAWA論外
vs
タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)&AKIRA

<第6試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負>
【第12代王者組】土肥孝司&熊ゴロー
vs
【挑戦者組】稲葉大樹&伊藤貴則
※第12代王者組・土肥孝司&熊ゴロー、2度目の防衛戦。

<メインイベント カズ・ハヤシ デビュー25周年記念試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
カズ・ハヤシ&近藤修司&ディック東郷
vs
武藤敬司&ウルティモ・ドラゴン&ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)


【チケット情報】
・特別リングサイド¥7,000
・リングサイド¥5,000
・指定席¥4,000
・レディースシート¥3,000
・ペアシート¥7,000
※当日各席500円UP、ペアシートは1,000円UP
※当日のみ一般立見¥2,500、小中高ワンコインチケット¥500 ならびに試合開始一時間後より、アフターワンチケット¥2,000を販売

【チケット販売所】
・チケットぴあ(Pコード:594-330)TEL:0570-02-9999  http://t.pia.jp/
・ローソンチケット(Lコード:33083 TEL:0570-000-732(10~20時))
・イープラス http://eplus.jp/
・後楽園ホール5階事務所 TEL03-5800-9999
・書泉グランデ TEL:03-3295-0011
・書泉ブックタワー TEL:03-5296-0051
・チャンピオン TEL:03-3221-6237
・焼肉Dining610(ロクイチマル)池袋東口 TEL:03-6915-2112
・㈱GENスポーツエンターテインメント TEL:03-6452-6815
・WRESTLE-1 Official Web SHOP http://shop.w-1.co.jp/


■ 木村花 WRESTLE-1所属選手契約!
Pro-Wrestling ACE所属選手として活動していた、木村花が新たに所属選手契約をし、WRESTLE-1所属選手となることが決定致した。
なお木村花選手は、1月8日に開催が予定されている「WRESTLE-1 TOUR 2018 SUNRISE」1.8東京・後楽園ホール大会に来場し、ご挨拶を行う予定。

■ 1・27『Pro-Wrestling ACE』全対戦カード決定
 2018年1月27日(土)「Pro-Wrestling ACE – Vol.9 -」東京・GENスポーツパレス大会の全対戦カードが決定!ガッツワールドプロレスリングの大谷譲二選手と暗黒プロレス組織666の竹田光珠選手が参戦!2018年最初のACE!果たしてどのような戦いを見せ、どのような物語を描いていくのか!?

大会名:「Pro-Wrestling ACE ― Vol.9 ―」東京・GENスポーツパレス大会
日時:2018年1月27日(土) 17時開始/16時30分開場
会場:GENスポーツパレス4F WRESTLE-1道場
※住所:東京都新宿区百人町2丁目2-23-25
※当施設にはエレベーター等はございません。
※本施設は全館禁煙になります。
入館料情報:¥3,500(税込み)、当日¥4,000(税込み)
※当日のみ小中学生¥1,000(要学生証提示)
※全席自由及び立ち見可
チケット販売所:
・㈱GENスポーツエンターテインメント 03-6452-6815
・WRESTLE-1 Official Web SHOP http://shop.w-1.co.jp/
お問合せ:㈱GENスポーツエンターテインメント 03-6452-6815

【対戦カード】
<タッグマッチ>
頓所隼&一
 vs
大谷譲二(ガッツワールドプロレスリング)
竹田光珠(暗黒プロレス組織666)

<シングルマッチ>
タナカ岩石
 vs
兼平大介(HEAT-UP)

<シングルマッチ>
馬場拓海
 vs
下村大樹(DNA)

<シングルマッチ>
アンドロメダKEN
 vs
阿部史典(BASARA)

<シングルマッチ>
ボラ・デ・アロス
 vs
政宗


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]井上譲二のプロレス秘話~義理堅いG・カブキが全日プロ離脱した本当のワケは…

[ファイトクラブ]井上譲二のプロレス秘話~義理堅いG・カブキが全日プロ離脱した本当のワケは…

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年12月21日号鷹の爪3新日全日タッグ力道山新日本キックKnockOutラウェイPan

’18年1月4-11日合併号1・4新日Lion’sGate国際プロGカブキDeepRizinラウエイ