ヒデオ・イタミが205 Liveに昇格へ+SmackDown Live!

(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 日本時間11月22日にWWEネットワークで放送された205 Liveでヒデオ・イタミが205 Liveに昇格することが告知された。
 205 Liveの第一試合、戸澤陽対ドリュー・グラックの試合の後にヒデオ・イタミの映像が突如流れ、“HIDEO ITAMI Coming Soon” と発表された。
 205 Liveは2016年11月から開始したWWEネットワークの看板番組。クルーザー級のリミットである205ポンド(約93キロ)以下のスーパースターたちが活躍し、戸澤陽、エンツォ・アモーレ、ネヴィル、カリスト、ブライアン・ケンドリックなどが所属している。デビュー戦の日程などの詳細は後日明らかになる模様。

 11月21日(現地時間)に放送されたスマックダウンライブ大会は、番組コミッショナーであるシェイン・マクマホンが、いつも逆らっているケビン・オーエンズ、サミ・ゼインと口論となった。シェインは遂に、解雇を宣告しようとするが、そこに待ったをかけたのが、番組GMのダニエル・ブライアンだった。ブライアンはオーエンズ、ゼインにはスマックダウンライブ大会のスーパースター全員が怒っているので、試合で制裁をしようと提案したのだった。その結果、ニュー・デイとランバージャックマッチを組み、スマックダウンライブ大会のスーパースター達が、リング下をとり囲む事になったのだった。試合は、オーエンズとゼインの味方はおらず大苦戦するも、乱闘のどさくさで勝利。しかし、試合後にオーエンズはすぐに逃げ、ゼインは捕まってしまいリンチされてしまったのだった。なんとか一人で控室に逃げてきたオーエンズだが、そこに待っていたブライアンは、次はランディ・オートンとシングルマッチを組むと言ってきたのだった。オーエンズの絶体絶命という感じだ。

■ WWE SmackDown Live大会
日時:2017年11月21日(現地時間・放送日)
会場:アメリカ・テキサス州ヒューストン トヨタ・センター

<ランバージャックタッグマッチ>
〇ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン
 ピンフォール
●ニュー・デイ

<SD女子王座タイトルマッチ>
〇ナタリア(挑戦者)
 反則
●シャーロット・フレアー(王者)
※反則で王座移動なし

<タッグマッチ>
〇ブラジオン・ブラザーズ
 ピンフォール
●ハイプ・ブロス

<シングルマッチ>
○シェルトン・ベンジャミン
 ピンフォール
●ジェイ・ウーソ


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]AJスタイルズの王座戴冠~47歳クリス・ジェリコ1・4参戦~紫雷イオ

[ファイトクラブ]AJスタイルズの王座戴冠~47歳クリス・ジェリコ1・4参戦~紫雷イオ

▼[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月16日号豊田真奈美引退デストロイヤー高山募金PURE-JアンドレCジェリコ

’17年11月23日号新日決算全日ゼウスWWS存続ゼロワンPURE-JガッツPanラウェイ暴行