カイリ・セイン善戦もエンバー・ムーンが女子王者、アンドラデ・アルマス新王者~『NXTテイクオーバー:ウォーゲームス』

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間11月18日、テキサス州ヒューストンで『NXTテイクオーバー:ウォーゲームス』が開催され、カイリ・セインがフェイタル4ウェイNXT女子王座戦に挑んだ。

 今年9月に前王者アスカが王座を返上して空位となったNXT女子王座。この王座を賭けた四つ巴戦は挑戦権を獲得したペイトン・ロイス、エンバー・ムーン、ニッキー・クロス、そしてメイ・ヤング・クラシックで優勝したカイリ・セインで争われた。

 新王者を決める闘いはお互いの意地がぶつかる好勝負を展開。カイリはエンバーにチョップの連打、さらに行進ポーズからの串刺しスピアーで攻め込むも、ペイトンに捕まって逆にタランチュラを決められてしまう。ダメージを負ったカイリだったが、ニッキーがダウンしたところでアラバマスラムをペイトンに決めると、素早くトップロープに上って必殺のインセイン・エルボーを繰り出した。しかし、これはエンバーのカットが入って惜しくもカウント2。すると今度はエンバーがニッキーとペイトンの隙を突いてエクリプスを豪快に決めると勝負あり。ニッキーから3カウントを奪って新NXT女子王者となった。

 試合後、エンバーは前NXT女子王者アスカからチャンピオンベルトを手渡されると、涙をこらえながらWWEユニバースの声援に応えた。善戦もNXT王座奪取には届かなかったカイリは自身のツイッターで「決してあきらめません」とさらなる飛躍を誓った。

■ WWE NXTテイクオーバー:ウォーゲームス
日時:2017年11月18日(現地時間・放送日)
会場:アメリカ・テキサス州ヒューストン トヨタセンター

<ウォーゲームズ>
勝者チーム
アンディスピューテッド・エラ(アダム・コール&ボビー・フィッシュ&カイル・オライリー)
参戦チーム
SAnitY(エリック・ヤング&キリアン・デイン&アレキサンダー・ウルフ)
ロデリック・ストロング&オーサーズ・オブ・ペイン(アカム&レーザー)

<NXT王座タイトルマッチ>
○アンドラデ”シエン”アルマス(挑戦者)
 ピンフォール
●ドリュー・マッキンタイア(王者)

<NXT女子王座決定4WAYマッチ>
勝者 エンバー・ムーン
参戦選手
カイリ・セイン、ペイトン・ロイス、ニッキー・クロス

<シングルマッチ>
○アレイスター・ブラック
 ピンフォール
●ベルベティーン・ドリーム

<シングルマッチ>
〇ラーズ・サリバン
 ピンフォール
●カシアス・オーノ

ドリュー・マッキンタイヤーが怪我!アンドラデ・アルマス(ラ・ソンブラ)が新NXT王者

WWEが公式にAC/DCのリーダー、マルコム・ヤング追悼を表明
 オジー・オズボーンのようにレッスルマニアに出てきたというならともかく、大きな接点はなかったAC/DCだが、プロレスファンとの相関度は恐らく異常に高いと推定されるため、WWEは公式でもマルコム・ヤングの死を追悼した。享年64歳。

===================================================
【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト

WWEネットワーク
 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
 ※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
 ※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト
 ※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]AJスタイルズの王座戴冠~47歳クリス・ジェリコ1・4参戦~紫雷イオ

[ファイトクラブ]AJスタイルズの王座戴冠~47歳クリス・ジェリコ1・4参戦~紫雷イオ

▼[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

[ファイトクラブ]WWE『サバイバーシリーズ』直前~新日年商比較~格闘技不祥事

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年11月16日号豊田真奈美引退デストロイヤー高山募金PURE-JアンドレCジェリコ

’17年11月23日号新日決算全日ゼウスWWS存続ゼロワンPURE-JガッツPanラウェイ暴行