ミャンマー vs. タイ&日本の4対4対抗戦はミャンマー側が3勝1分!~11・2『FIGHT FOR HOME』ミャンマー・タウングー大会!

11月2日ミャンマーのヤンゴン国際空港より車で北方へ4時間近くかかるタウングーで開催されたミャンマーvs.タイ、日本の4対4、3ヶ国対抗戦をメインとした『FIGHT FOR HOME』。試合はメインのトゥン・ナイン・ウーがタイ選手を2RKOで連勝で好調をキープ。日本大会(ZONE)参戦経験あるニャンリン・アウンもタイ選手を3RKO。ミャンマー側全勝が期待された女子ラウェイでは日本大会(ILFJ)参戦経験あるシュー・シン・ミンが苦戦を強いられ3R引分。日本から参戦の川村英樹は昨年地区大会金メダルで勢いにのるソーマウン・ウーの圧力に屈し2RKO敗けとなった。

開場前会場の様子

大会チケット

■「FIGHT FOR HOME」
日時:2017年11月2日 13:00開始
会場:ミャンマー・タウングー・カイトゥマディ室内競技場
主催:NAING MOE ENTERTAINMENT

<第8試合 女子 ラウェイ緬泰対抗戦 57㎏ 3分3R>
△シューシン・ミン(ミャンマー)-56.7kg
 引分
△ワインアラル(タイ)

<第7試合 女子ラウェイ 3分3R>
△ホワイト・コブラ(ミャンマー/17歳 2017年地区大会金メダル)
 引分
△ヘイ・マー・ソー(ミャンマー/21歳 地区大会勝者)

昨年引分となった再戦はまたもドロー

<第6試合 メインイベント第10試合 ラウェイ緬泰対抗戦 67‐71㎏ 3分5R>
○トゥン・ナイン・ウー(ミャンマー/2016年AIR KZB勝者)-67.3kg
 2RKO
●チャイン・アイサイン(タイ)

<第5試合 セミファイナル第9試合 ラウェイ緬泰対抗戦 63.5-67kg 3分5R>
○ニャンリン・アウン(ミャンマー)-65.3kg
 3RKO
●カム・ペインパアィト(タイ)

<第4試合 ラウェイ緬日対抗戦 75㎏以上 3分3R>
○ソーマウン・ウー(ミャンマー/18歳 2016年地区大会71㎏金メダル)-79.3kg
 2RKO
●川村英樹(日本)-79.3kg

試合前大会スポンサーの紹介、ソーマウン・ウーと川村英樹

他プロ3試合にアマチュアクラス3Rマッチ5試合

▼9・28『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』後楽園ホール大会
’17年10月05日号UFC日本DDT買収ゲームショー潜入雫有希ポーゴ伊勢崎暗黒ラウェイ

▼6・16『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』TDCホール大会詳細版
’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光

▼4.18ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~GRIT~2017後楽園ホールラウェイinジャパン 3
’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島

▼2・16ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~LEGACY~2017後楽園ホール
’17年02月23日号チャボ寝屋川wweTV泉田純KnockOut青木真也ラウェイBellator

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC

▼紅 闘志也 メインの現vs.元ラウェイ外国人王者対決は引分!3階級でベルト戴冠! 『第2回ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ』
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍3