引退した大仁田が転職? 12・3新木場で悪徳レフェリーとしてデビュー

 10月31日の後楽園ホール大会で7度目の引退をした大仁田厚が、一夜明けた11月1日、東京・千代田区の「闘道館」で会見を開き、自身のプロデュース興行となる12月3日(日)の新木場1stRING(17時開始)で、レフェリーデビューすることを発表した。

 同興行では、数試合が行われるほか、引退試合の映像を見ながら、大仁田自ら解説し、振り返る。また、ファン参加型のトークライブも予定。大会名は「大仁田反省会」というとぼけたもので、タレント・有吉弘行がMCを務める「有吉反省会」(日本テレビ系)から、パクったといわれても致し方なさそう。ただ、引退興行には有吉が所属する太田プロダクション関係者も観戦に訪れており、大仁田は“太田プロ黙認”を強調した。

 大仁田は「人間ふしぎなもので、大会が終わったら反省しなきゃいけない。反省して、これでよかったのか次の人生を歩む。人は日々反省だなって思うし、ファンと離れるのもさびしい。43年の歴史を振り返り、引退試合を振り返ってみたい」とコメント。
 続けて大仁田は「人を裁いたことがないし、自分が1、2、3とマットを叩いたことがないから。やったことがないことを試すのは自由。故・阿部四郎さんのように高速カウントなのか、低速なのかわからないけど、悪徳レフェリーをやってみたい。史上初の有刺鉄線バットを持ったレフェリーです。反則をやったヤツは、バットで殴る。反則は許さない」と宣言した。

 プロレスラーを引退し、新たな肩書きを“無職”ならぬ“無色”透明と表現した大仁田は「大仁田の人生のなかで、一皮むけた。新たな大仁田がかいこから出てきた」と語った。
 選手生活を終えた大仁田だが、まだまだプロレス界を引っかき回すことになりそうだ。
 また、大仁田は引退試合で藤田和之の強力なエルボーを顔面に食らい、上下の歯がグラグラになったことを明かした。

■ 大仁田反省会
日時:12月3日(日)17時~
会場:新木場1stリング


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

[ファイトクラブ]大仁田軍CZW上陸の裏側:インサイド・ルポタージュ

▼[ファイトクラブ]何度、引退したら気が済むのか!? 大仁田厚が自らのプロレス人生にフィニッシュ・ホールドを決める時

[ファイトクラブ]何度、引退したら気が済むのか!? 大仁田厚が自らのプロレス人生にフィニッシュ・ホールドを決める時

▼[ファイトクラブ]爆発大炎上ダブルメインイベント電流爆破!お台場にあの頃のFMWを再現してみせた大仁田一世一代のグランドイリュージョン

[ファイトクラブ]爆発大炎上ダブルメインイベント電流爆破!お台場にあの頃のFMWを再現してみせた大仁田一世一代のグランドイリュージョン

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月24日号G1ニールセン大仁田USA豆腐プロUFC朱里カッキーWAVE桜田一男

’17年10月12日号 Knockout新間寿Zero1縮小業界ランズエンド大仁田引退ポーゴ失格

’17年10月19日号ターザン山本J鈴木新日両国全日WAVEアイス電流爆破Pan前田日明