変更続出WWE『TLC』カート・アングルがリング復帰!Fベイラーvs.AJ初対決!皇后アスカPPVデビュー

(c)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間10月22日ミネソタ州ミネアポリスで開催されたPPV「TLC」でアスカがRAWデビューを果たした。

 2015年10月のNXTデビュー以来、無敗記録を更新し続けるアスカ。今年9月には523日に渡り君臨したNXT女子王座を返上、そしてRAWへの移籍が決定した。デビュー戦の対戦相手はアスカと対戦する権利を掛けた勝ち残り5ウェイ戦で勝利したエマ。RAWのリングでもアスカが無敗記録を更新できるかに注目が集まった。

 アスカのRAWデビュー戦で「TLC」がスタートすると、アスカは腕十字、ヒップアタックと得意技を繰り出して序盤のペースを掴んだ。しかし、エマもアスカを逆さにしてターンバックルに引っ掛けると、場外から髪を掴んで反則攻撃、さらにランニングクロスボディと反撃に出る。激しい攻防を繰り広げる両者だっだが、アスカはアンクルロックからジャーマンスープレックスを叩き込んで勢いをつけると、最後はアスカロックでエマを捕まえてタップ勝ち。自身のRAWデビュー戦を勝利で飾った。

 また今回の「TLC」メインイベントでは3対5TLC(テーブルズ・ラダーズ&チェアーズ)戦が行われ、ロマン・レインズに代わってGMのカート・アングルが11年ぶりにWWE公式戦に復帰した。アングル、アンブローズ、ロリンズ組は3対5のハンディキャップ、さらにアングルの負傷による途中退場で苦戦するも、ストローマンとケインが仲間割れ、さらにアングルの再登場で息を吹き返すと、3人が連携した「オリンピック・シールド・ボム」でミズを沈めて3カウント。圧倒的に不利なTLCハンディキャップ戦を制して勝利した。

「TLC」の模様はWWEネットワークで全世界に生中継で配信され、さらに日本語実況版も生配信された。また、生中継後もビデオオンデマンド方式で視聴可能だ。

===================================================
【関連サイト】
WWEオフィシャルサイトWWEネットワーク
 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
 ※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
 ※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト
 ※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト

■ WWE TLC2017
日時:10月22日(日)現地時間
会場:ミネソタ州ミネアポリス ターゲット・センター

<第7試合>
〇カート・アングル ディーン・アンブローズ セス・ロリンズ
 トリプル・パワーボム
●ザ・ミズ ケイン セザーロ シェイマス ブラウン・ストローマン

<第6試合>
●アライアス
 ピンフォール
〇ジェイソン・ジョーダン

<第5試合>
○フィン・ベイラー
 クー・デ・グラ
●AJスタイルズ

<第4試合>
●カリスト
 ジョードンゾー
〇エンゾ・アモーレ
※エンゾが新クルーザー級王者

<第3試合>
〇アレクサ・ブリス
 DDT
●ミッキー・ジェームス
※アレクサが王座防衛

<第2試合>
〇セドリック・アレキサンダー リッチ・スワン
 ランバーチェック
●ブライアン・ケンドリック ジャック・ギャラハー

<第1試合>
〇アスカ
 アスカロック
●エマ

<KICKOFFマッチ 無料>
○サシャ・バンクス
 バンク・ステートメント
●アリシア・フォックス


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼[ファイトクラブ]WWEに中邑真輔凱旋!ジンダー・マハル王座防衛~9・16大阪府立ウラの裏

[ファイトクラブ]WWEに中邑真輔凱旋!ジンダー・マハル王座防衛~9・16大阪府立ウラの裏

▼[ファイトクラブ]『闘魂最終章』 猪木本と連載の難しさを痛感

[ファイトクラブ]『闘魂最終章』 猪木本と連載の難しさを痛感

▼[ファイトクラブ]タイガー・ジェット・シンに見た、アントニオ猪木のコンプレックスと挫折

[ファイトクラブ]タイガー・ジェット・シンに見た、アントニオ猪木のコンプレックスと挫折

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月28日号ヒーナン追悼WWE大阪W1芦野祥太郎UFC直前Rise新日キック加藤遥

’17年09月21日号猪木生前葬RJPWビンス愚行カイリ初代新日福島大仁田八尾全日

’17年10月26日号RIZIN福岡きらきら太陽Yライオン杯三冠KAIENTAIアイス猪木闘魂