[ファイトクラブ]『闘魂最終章』 猪木本と連載の難しさを痛感


[週刊ファイト10月26日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼『闘魂最終章』 猪木本と連載の難しさを痛感
by 井上 譲二

 私は今年上半期に2冊のプロレス単行本を上梓した。読まれた方もいると思うが、『闘魂最終章』(双葉社刊)と『昭和プロレス版 悪魔の辞典』(宝島社刊)がそれである。

 過去の単行本の販売実績が評価されてオファーを頂いたが、残念ながら出版社側の期待に応えられなかった。とりわけ『闘魂最終章』に重版がかからなかったことに悔いが残る。ただ、その“原因”はハッキリしている。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む