ラウェイの古豪ウィン・タン復帰戦は時間切れ引分!緬日対抗戦はミャンマー側の2勝2分!ヘビー級ラウェイはYABUがプロレスラーをKO!~9・28『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』

 9月28日東京・後楽園ホールで開催された『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』全6試合純ラウェイルールで行われ、メインは年に1度トーナメント戦でミャンマーラウェイチャンピオンをきめる「ゴールデンベルトチャンピオンシップ」(現在まで9回開催)で4回チャンピオンになっている古豪ウィン・タンが4年ぶりに試合を行った。昨年2月2分3Rのデモファイトはこなしたものの5Rのラウェイは4年ぶりとのことだったが動きはよく蓮實を翻弄し、ダウンも奪うが3Rからは失速、蓮實も気持ちを切らせず立ち向かい5R闘い抜き引分に終った。この日出場した日本人選手は渡慶次幸平、晴矢が敗退。ヘビー級(100㎏)ラウェイでYABUはプロレスラーのハートリー・ジャクソンを激戦でKO勝利。真虎斗 a.k.a BASTA は2度のダウンも奪い、倒しきれなかったが優位な試合展開で引分となった。
 
■ ラウェイinジャパン 5 「NEXURISE」
日時:9月28日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール

<第6試合 ラウェイ 65kg契約 3分5R>
△ウィン・タン(ミャンマー/37歳 2000年&2003年&2006年&2009年ゴールドベルト王者)-64.5kg
 時間切れ引分
△蓮實 光 (日本/30歳 ラウェイ2敗)-64.80kg

ウィン・トゥンは2Rと3R右ストレートでダウンを奪い、その後もダウンを何度か奪う(ラウェイでは直ぐに立ち上がればノーダウン)も蓮實は食い下がり、スタミナの切れたウィン・トゥンと5R闘い抜き時間切れ引分

<第5試合 ラウェイ 70kg契約 3分5R>
○ヤン・ナイ・アウン(ミャンマー/25歳 167㎝ 参考戦績(現地調査):107戦 68勝19敗20引き分け)-69.60kg
 1RKO 2分31秒 ※出血によるドクターストップ
●渡慶次幸平(日本/29歳 ラウェイ1敗)-69.95kg

6月のILFJ大会でピャン・トゥエに敗退したものの健闘した渡慶次(とけし)のラウェイ2戦めは今年の「2017ゴールデンベルトチャンピオンシップ」でも敗退しているヤン・ナイ・アウンでチャンスも高かったがパンチの打ち合いからの頭突きで左目尻を大きくカットしてドクターストップで敗退となった。

<第4試合 70kg契約 3分5R>
○ピャン・トゥエ(ミャンマー/21歳 第1回LWC67㎏、第2回LWC68㎏王者、ゴールドベルト2015年71㎏王者 ラウェイ無敗)-68.40kg
 1RKO 34秒 ※右ストレートでダウン後タイムをかけるが2分で回復せず棄権
●晴矢(日本/33歳 169㎝)-69.85kg

パンチャーの晴矢は前にでるが距離をつめたピャン・トゥエがスイング気味の右ストレートでダウンを奪う。2分のタイムを使用した晴矢だが回復できずピャン・トゥエがKO勝利した

<第3試合 ラウェイ 65kg契約 3分5R>
△ター・テ・タプイン(ミャンマー/22歳 ILFJ65㎏王者、第1回LWC63㎏王者、2016年ゴールドベルト63.5kg王者)-63.30kg
 時間切れ引分
△プラウィット・サックムアンタラン(タイ国/36歳 ムエタイ王者、ラウェイ数10戦)-61.85kg

元ラジャダムナン王者で4年前にはWPMF王座も奪取し、ラウェイ戦績も豊富なプラウィットがILFJ日本大会常連のター・テ・タプインと対戦。ムエタイの技術とラウェイのキャリアでタプインを翻弄するが倒すまでの決定打は奪えず5R時間切れ引分に終った。

<第2試合 ラウェイ 100kg契約 3分4R>
○YABU(日本/40歳 171㎝ S-1ヘビー級王者・元SHOOT BOXINGヘビー級2位)-97.90kg
 3RKO 53秒※3ダウン YABUは2R止血の為タイム要求
●ハートリー・ジャクソン(オーストラリア/37歳 180㎝ プロレス)-99.80kg

100㎏以下まで減量したハートリー・ジャクソンが開始早々パンチ連打で攻め込みYABUは右目下をカット、ジャクソンは頭突きも多用。2R出血酷くなり、YABUは止血の為タイムを要求、再開後息を吹き返したヤブは攻め疲れのみえるジャクソンを追い込みパンチ連打でダウンを奪う

3RにはいるとYABUの1Rから蹴り続けていたローキックのダメージもたまり、ジャクソンはダウン。2分のタイムを利用したものの勢いにのるYABUは右フックと右ローキックでダウンを追加して1R中の3ダウンでKO勝利となった。

<第1試合 ラウェイ60Kg契約 3分4R>
△ハン・ターワディ・ター(ミャンマー/23歳 2017ゴールデンベルト60㎏ベスト4)58.90kg
 引分
△真虎斗 a.k.a BASTA (日本/28歳)-59.95kg

ラウェイ初参戦の真虎斗(まこと)は関西で地下格闘技を中心にキックにも参戦している選手。1Rから頭突きも出し積極的に攻め、3Rには金的への膝蹴り(故意ではない)からのフックでダウンを奪う。立ち上がるもダメージの残るハン・ターワディ・ターはタイムを要求し、再開後3R、4Rを乗り切り真虎斗(まこと)優勢で時間切れ引分となった。


次回大会は11月15日(水)『LETHWEI GRAND PRIX JAPAN』後楽園ホール大会が開催されることも発表され、今大会の結果を踏まえたものと女子マッチのマッチメークになる予定

公式計量&記者会見終了で大会までの準備終了!明日決戦!『ラウェイinジャパン5 NEXURISE』後楽園ホール大会!

ミャンマーチームが日本到着!日本大会レギュラー参戦ピャン・トゥエ、タテタプインら浅草寺にて必勝祈願!9・28『ラウェイ in ジャパン 5』

9・28(木)全6試合&試合順発表!!ILFJ第5回ラウェイ日本大会『ラウェイ in ジャパン 5 NEXURISE』後楽園ホール大会!

9・28ラウェイinジャパン 5『NEXURISE』100㎏契約のヘビー級ラウェイ!ハートリー・ジャクソン(プロレス)vs. YABU(キック、MMA)よりコメント

9・28ラウェイinジャパン 5『NEXURISE』初参戦・晴矢 vs.日本大会連続参戦中ピャン・トゥエよりコメント

9・28ラウェイinジャパン 5 「NEXURISE」2大会連続参戦の蓮實光選手、渡慶次幸平選手よりコメント

9・28ラウェイinジャパン 5「NEXURISE」に向け参戦選手発表と合同練習!

▼6・16『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』TDCホール大会詳細版
’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光

▼4.18ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~GRIT~2017後楽園ホールラウェイinジャパン 3
’17年04月27日号RIZINチャンカン折原昌夫W1江幡睦UFCヤオ魔界ラウェイ巌流島

▼2・16ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2 ~LEGACY~2017後楽園ホール
’17年02月23日号チャボ寝屋川wweTV泉田純KnockOut青木真也ラウェイBellator

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC

▼紅 闘志也 メインの現vs.元ラウェイ外国人王者対決は引分!3階級でベルト戴冠! 『第2回ラウェイ・ワールド・チャンピオンシップ』
’17年08月31日号NXTサマースラム究極龍3