WWE Live Osakaに中邑真輔凱旋!ジンダー・マハル王座防衛

 16日、エディオンアリーナ大阪にて『WWE Live Osaka』が開催。中邑真輔にとってはIWGP王座をめぐっての思い入れの強い会場だったが、ジンダー・マハルがWWE王座を防衛。ベルトの戴冠は次回PPV大会『ヘル・イン・ア・セル』に持ち越された。なお、RAW班が軸ながらインド・ツアーが予定されるWWEは、ジンダー・マハルのみ特別参加が予定されている。
 セミファイルではUS王座戦が組まれたが、本国のストーリーラインではUS王座戦は封印されているハズなのに、そこはハウスショーということでテレビの展開とは別枠に。日本でブレイクしたAJスタイルズが、ビンス・マクマホンを襲撃してヘッドバッドで72歳の前頭をたたき割った時の人ケビン・オーエンズを、フェノメナール・フォアアームで下している。

※詳細版は、金曜22日発売の『週刊ファイト9月28日号』に収録されます。

▼[ファイトクラブ]ビンスなら何をやっても許されるのか~WWE愚行の種明かし~NXT女子王座

[ファイトクラブ]ビンスなら何をやっても許されるのか~WWE愚行の種明かし~NXT女子王座

▼WWE Live Osaka総括!タダシ☆タナカw/伊賀プロレス通信

■ WWE Live Osaka (ダブリューダブリューイー ライブ オオサカ)
日時:2017年9月16日(土) 13:00~
会場:エディオンアリーナ大阪  観衆4626人

<7、WWEチャンピオンシップ(時間無制限1本勝負)>
<王者>○ジンダー・マハル with シン・ブラザーズ
 14分35秒、カラス⇒片エビ固め
<挑戦者>●中邑真輔●
※第132代王者が防衛に成功

別の角度から


<6、USチャンピオンシップ(時間無制限1本勝負)>
<王者>○AJスタイルズ
 6分42秒、フェノメナール・フォアアーム⇒片エビ固め
<挑戦者組>●ケビン・オーエンズ
※第150代王者が防衛に成功

別の角度から


<5、3対4ハンディキャップマッチ(時間無制限1本勝負)>
○ナオミ シャーロット ベッキー・リンチ with アスカ
 9分1秒、リア・ビュー⇒エビ固め
ナタリヤ タミーナ ●ラナ カーメラ withジェームズ・エルスワース


<4、ラストマンスタンディングマッチ(時間無制限1本勝負)>
○ランディ・オートン
 11分9秒、RKO⇒KO勝ち
●ルセフ

別の角度から


<3、シングルマッチ(時間無制限1本勝負)>
○エイダン・イングリッシュ
 8分40秒、DDT⇒エビ固め
●サミ・ゼイン

<2、シングルマッチ(時間無制限1本勝負)>
○ルーク・ハーパー
 10分21秒、ディスカス・クローズライン⇒体固め
●エリック・ローワン

<1、スマックダウンタッグチャンピオンシップ(時間無制限1本勝負)>
<王者組=ニューデイ>ビッグE ○コフィ・キングストン with エグザビア・ウッズ
 12分41秒、ミッドナイトアワー⇒片エビ固め
<挑戦者組>●ドルフ・ジグラー バロン・コービン
※第7代王者組が防衛に成功

中邑真輔が大会前会見に登場!

「24時間以内の滞在になるが、スマックダウンの一員として帰ってこれたのが誇り。昨夜? 母のリクエストでフグを食べました(笑)」


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]宝城カイリ初代栄冠Joshi Puroresu世界へ!~WWE裏~9・22STRONG STYLE HISTORY延期

[ファイトクラブ]宝城カイリ初代栄冠Joshi Puroresu世界へ!~WWE裏~9・22STRONG STYLE HISTORY延期

▼中邑真輔、ASUKA華名、イタミヒデオKENTA、戸澤陽、TAJIRI~12・3NXT大阪上陸超満員!
wf064Chirashi-718週刊ファイト12月15日号ノア鈴木軍猪木初代タイガーKNOCK OUTマサ斉藤NXT大阪プ映画

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月21日号猪木生前葬RJPWビンス愚行カイリ初代新日福島大仁田八尾全日