ジョニー・インパクトが王座挑戦権を獲得!GFWインパクト!

(C)TNA

 9月14日(現地時間・放送日)に放送された『GWP Impact』は、現在イーライ・ドレイクが保持しているGFW世界ヘビー級王座への挑戦者決定戦行われ、ジョニー・インパクト(ジョン・モリソン)とロウ・キーで争われた。元WWEのスーパースターでメキシコAAAやルチャ・アンダーグラウンドではジョニー・ムンドとしてエース格で活躍しているインパクトは鳴り物入りでGFWインパクト入りし、王座挑戦をアピールしてきたが、遂にそのチャンスがやってきたのだった。試合は、勢いに勝るインパクトがロウ・キーを破り挑戦権を獲得。しかし、試合後に王者であるドレイクとクリス・アドニスが乱入し、インパクトを襲う。王座戦へ向けて早くもダーティ王者が動き出したようだ。
 そして元世界王者であるボビー・ラシュリーだが、その後王座奪還のチャンスを与えられない不満をあらわにして、現在、番組を取り仕切っているジム・コルネットに対し、自分を評価しない団体に見切りをつけてMMAに専念するので契約解除しろと、仲間のアメリカン・トップ・チームの面々と共に要求したのだった。コルネットはこれを受けて、プロレスから逃げ出すなら、最後にムースと対峙してみろと要求。そしてラシュリーは番組の最後でリングに上がり、ムースを呼び出したのだった。現れたムースに襲いかかるラシュリー。ムースも反撃するも、ラシュリーの圧倒的なパワー、そしてアメリカン・トップ・チームのメンバーもラシュリーに加勢し、ムースを叩きのめしてしまったのだった。横たわるムースを囲んでポーズをとるラシュリーとアメリカン・トップ・チーム。ラシュリーはこのままMMAに専念するのだろうか?今後のGFWインパクトから目が離せないだろう。

■ GFW Impact
日時:2017年9月14日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・フロリダ州オーランド

<GFW世界ヘビー級王座挑戦者決定戦>
○ジョニー・インパクト
 ピンフォール
●ロウ・キー

<シングルマッチ>
○タヤ・バルキリー
 ピンフォール
●アームバー・ノバ

<Xディビジョン王座エニウエアマッチ>
○トレヴァー・リー(挑戦者)
 ピンフォール
●サンジェイ・ダット(王者)

<シングルマッチ>
○グラド
 ピンフォール
●ウイリアム・ウイークス

<GFWタッグ王座タイトル4WAYマッチ>
○LAX(王者)
 ピンフォール
●ウルティモ・マルデト、イホ・デ・ピラタ・モルガン(挑戦者)
ブラック・ダイヤモンド、アークエンジェル・ドメイネ(挑戦者)
OVE(挑戦者)

<インパクトグランド王座タイトルマッチ>
○イーサン・カーター3世(王者)
 判定
●イホ・デ・ファンタズマ(挑戦者)

<シングルマッチ>
○ガルサJr.
 ピンフォール
●ブラントン・サッター


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

[ファイトクラブ]メイ・ヤング・クラッシク配信~女子ガチAAAトリプレマニア~世紀の一戦メイマク~裏ネタ日本

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年09月14日号TAKAみちのく25周年高山善廣GFWインパクト巌流島Rebelsポーゴ